Pocket

「さんまは目黒に限る!」
のオチでおなじみの古典落語
「目黒のさんま」

これがきっかけとなり、
目黒の良さとさんまの良さ、
両方を知ってもらうため、

新鮮なさんまを炭火焼にしたものを、
無料で食べることができるのが、
目黒のさんま祭りです。

今回はそんな目黒のさんま祭りの、
日程や場所、待ち時間の目安
などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

目黒のさんま祭りは2回ある!それぞれの日程は?

目黒のさんま祭り

目黒のさんま祭り
そう言われるものが実は2つあります。

1つは、
目黒駅前商店街振興組合が主催する、
「目黒のさんま祭り」

もう1つが、
目黒区民まつり実行委員会が主催する、
「目黒区民まつり」

どちらも無料で、
美味しいさんまが振る舞われますよ♪

それぞれの日程を紹介します。

◆目黒さんま祭りの2018年の日程と開催場所は?

▼開催日程

2018年9月9日(日)
午前10時~午後2時

▼開催場所

目黒駅前商店街

JR・地下鉄「目黒駅」東口下車徒歩1分

▼公式サイト

http://www.asahi-net.or.jp/~xq7k-fsm/sanma.htm

◆目黒区民まつりの2018年の日程と開催場所は?

▼開催日程

2018年9月16日(日)
午前10時~午後3時30分

▼開催場所

田道公園広場

  • 電車
  • JR東急目黒線「目黒」駅より徒歩10分

  • バス
  • 東急バス権之助坂バス停「田道小学校入口」より徒歩5分

    ▼公式サイト

    http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/shokai_rekishi/event/sun.html※公式HPではまだ2018年の情報は公表されていません。
    随時チェックしてください。

    Sponsored Link

    目黒さんま祭りの特徴や待ち時間の目安は?

    目黒さんま祭りで、
    ふるまわれるさんまの数は7000匹

    岩手県宮古港直送の新鮮なさんまを、
    和歌山県みなべ町産の本格備長炭で、
    美味しく焼いてくれます。

    そのさんまを、
    徳島県神山町直送の「芳醇すだち」と、
    栃木県那須塩原市高林直送の
    辛味大根の「大根おろし」と、
    一緒に味わうことができます♪

    この目黒さんま祭りには、
    毎年約3万人もの人が集まるので、
    焼き立ての美味しいさんまを食べるためには、
    早朝から並ぶ必要があります。

    さんまの無料配布は10時からですが、
    2017年は、
    11時過ぎに終了してしまうほどの人気ぶり。

    目黒さんま祭りでは、
    2~5時間程並ぶのは当たり前なので、
    さんまをどうしても食べたい方は、
    早朝6時ごろから並ぶ必要があります。

    他にも生さんまの配布や、
    さんまの寄席など、
    無料イベントがたくさんあるので、
    ぜひ楽しんでください。

    目黒区民祭りの特徴や待ち時間の目安は?

    目黒区民祭りは、
    目黒SUNまつりとも呼ばれ、
    こちらも毎年約3万人もの人が集まります。

    目黒区民祭りで、
    ふるまわれるさんまの数は5000匹

    宮城県気仙沼から
    直送される新鮮なさんまを、
    宮城県産の大根おろし、
    大分県臼杵産のかぼすと一緒に味わえますよ♪

    ただし、
    かぼすは先着500個まで!

    さんまを焼いている横では、
    1杯100円で、
    さんまのすり身汁も販売されています。

    こちらも人気があるので、
    ぜひ飲んでみてください。

    目黒区民祭りのさんまの配布には、
    整理券が配られるので、
    長時間並ぶ必要はありません。

    さんまの引換券として、
    リストバンドが巻かれます。

    そのリストバンドを元に、
    さんまの配布時間帯を区切っているので、
    時間まで他のところで涼んだり、
    遊んだりできますよ。

    リストバンドは午前9時ごろから、
    会場の入口で配られます。

    なので、
    午前7時〜8時までに並んでおくと確実でしょう。

    10時を回ると、
    品切れの可能性が高くなるので、
    それまでに、
    リストバンドを受け取るようにしてください。

    目黒さんま祭りを楽しむためには暑さ対策を万全に!

    朝早くから並ぶ必要のある目黒さんま祭り

    2018年は猛暑日が続いていて、
    9月になっても暑い日が続くことが予想されます。

    なので、しっかりと熱中症対策をして、
    さんま祭りに臨むようにしてください!

    いくつか熱中症対策を紹介するので、
    参考にしてくださいね。

    ◆水分補給

    さんま祭りに並ぶ時には、
    飲み物を持参して並ぶようにしましょう。

    1度並んでしまうと、
    自販機に買いにいくタイミングも、
    なかなかありません。

    あらかじめ用意しておくと安心ですよ。

    ◆塩飴

    水分と同じように、
    塩分も必須になってきます。

    熱中症対策で注目を浴びている塩飴などを、
    いくつかカバンに入れておきましょう。

    ◆日傘・帽子

    直接日光を浴びるのを避けるために、
    帽子や日傘は必ず持参するようにしてください。

    ただ、日傘の場合は、
    周囲に危なくないように注意が必要です。

    帽子やタオルなどで、
    頭を守るように工夫してください。

    ◆交代で並ぶ

    長時間並ぶ場合、
    トイレの問題なども出てきます。

    なので、家族や友人と、
    交代で並ぶ
    ようにすれば、
    熱中症対策にもなりますし、
    おすすめですよ。

    皆で協力して、
    美味しいさんまを食べましょう!

    Sponsored Link

    目黒のさんま祭り2018!日程は?場所や待ち時間の目安を紹介! まとめ

    ここまで目黒のさんま祭りについて、
    日程や場所、待ち時間の目安
    などを紹介しました。

    いかがでしたか?

    秋になると食べたくなるさんま。

    そのさんまを、
    美味しく食べられる目黒のさんま祭りは、
    さんま好きにはたまらないイベントですよね!

    ぜひ、美味しいさんまを食べに、
    足を運んでみてください。

    Pocket