Pocket

プロ野球の醍醐味と言えば、
やはりペナントレース。

そして終盤が近づくに連れて、
野球中継やニュースなどで耳にするのが、
「マジック点灯」という言葉ですね。

しかしこの“マジック”という言葉、
一体何を意味しているのか
よく分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、
ジックの由来や意味、
そして計算方法
などを、
分かりやすく解説していきます。

マジックについてきちんと知っておくことで、
プロ野球をより楽しむことができますよ!

Sponsored Link

野球のマジックの意味は?

野球マジック

マジックとは、
“マジックナンバー”
の略であり簡単に言えば、

「あと何勝すれば自力優勝できるか?」

を意味する数字のことです。

自力優勝というのは、
他のチームが勝とうが負けようが、
自分のチームが残りの試合を全勝すれば、
確実に優勝できる!

という状態のこと。

逆に、自分のチームが全勝しても、
他のチームの勝敗によって優勝できるかが変わってくる、
という場合には“自力優勝消滅”と表現されます。

それでは次に、
”マジックが点灯する”とはどういうことか、
詳しく説明していきましょう。

Sponsored Link

野球のマジックが点灯したり消滅したりするのはなぜ?

「マジックが点灯しました!」
というニュースを見ると、
「このチームが優勝するのかな?」
と思う人も多いでしょう。

ですが、そうではありません。

マジックが点灯するのは、
自力優勝が可能なチームが、
残り1つだけになった場合。

言い換えれば、
2位以下のチームに、
自力優勝できる可能性がなくなった場合。

多くの場合、
その時1位のチームに点灯しますが、
残りの試合数などによっても変動します。

しかもマジックは一度点灯しても、
その後の勝敗によっては、
“消滅”してしまうことも。

極端な例で言えば、
その時1位でマジック点灯したチームが、
残り試合で負けが重なり、
逆に2位以下のチームが連勝を続けると、

他のチームにも自力優勝の可能性が出てくるので、
マジックが点灯したり消滅したりするわけです。

「マジック点灯=優勝確実」
というわけではないということですね。

マジックの言葉の由来とは?

マジックは、
点灯したり消滅したりするものだ
ということがわかりましたね。

こうして点いたり消えたりする様子が、
手品の“マジック”のようであるということから、
マジックナンバーと呼ばれるようになりました。

また別の説では、
ビンゴのリーチの状態で、
ビンゴ成立に必要な数字のことを
“マジックナンバー”
と呼んだのが語源だとも言われています。

その他の説として、
カレンダーの日付
マジックで消していくことに由来している、
という説もあります。

野球のマジックの由来については、
色々な説がありますが、
ビンゴから来た説が有力のようです。

マジックナンバーの計算方法を分かりやすく解説!

ここからは、
マジックの計算方法を見ていきましょう。

マジックを計算するための方程式は、
以下のようになります。

(マジック対象チームの現段階の勝利数+
マジック対象チームの現段階での残り試合数)−
1位のチームの現段階での勝利数+1

こうして数式にしてみると、
よりややこしいですね。

大雑把にマジックが分かればそれでいい、
という人は

  • 点灯チームが1勝すると1つ減る
  • 対象チームが1敗すると1つ減る
  • 直接対決で点灯チームが勝つと2つ減る

この3つを頭に入れておきましょう。

マジックが減るのは、
ほとんどがこのパターンです。

ただし順位決定には“勝率”も関わってくるので、

「直接対決で勝っても1しか減らない」
「1試合で3つも減る」

なんてレアケースが起こることも。

すべてが上の計算式に当てはまるわけではないので、
より正確にマジックを計算する場合は、
勝率の計算から始めなければなりません。

そこまでの詳しい解説は省きますが、
もし興味と時間があれば、
挑戦してみてください!

野球マジック

野球のマジックの由来や意味は?計算方法をわかりやすく解説! まとめ

野球のマジックについて、
由来や意味、
分かりやすい計算方法
を解説しましたが、
いかがでしたか?

ペナントレースの終盤、
優勝争いに差し掛かったら、
マジックに注目してみてください。

マジック点灯に盛り上がったり、
逆に消滅してハラハラしたり、
マジックの意味を知ると、
よりプロ野球を楽しめますよ♪

Pocket