Pocket

敬老の日のプレゼント

何を贈ったら喜んでもらえるのか、
悩んでしまいますよね。

そこで、
あなたの思いを花言葉に込めた、花束や鉢植え、
フラワーアレンジメントはどうでしょう。

花は特別感も華やかさもあり、
贈り物としては定番。

それに”花言葉”であなたの気持ちを込めることで、
より素敵な贈り物になるでしょう。

ここでは、
敬老の日に相応しい花言葉を持つ花を、
いくつか紹介します。

ぜひプレゼント選びの参考にしてみてください!

Sponsored Link

敬老の日に相応しい花言葉を持つ花は?

敬老の日

敬老の日に相応しいメッセージと言えば、
やはり“長生き”や“感謝”でしょう。

これらに近い意味の花言葉を持つ花を、
いくつか紹介するので、
花をプレゼントする時の参考にしてみてください。

◆バラ

バラの花言葉は“愛情”が有名ですが、
バラは色や本数によって、
花言葉が様々に変化します。

ピンクのバラには、
“感謝”“幸福”などの花言葉があり、
敬老の日の贈り物にはぴったりです。

他にも白いバラには“深い尊敬”
オレンジのバラは“健やか”“信頼”

また、5本のバラには
“あなたに会えて良かった”
という意味も。

これらの色や本数の組み合わせで、
あなたが伝えたいメッセージを伝えましょう。

バラは生花、プリザーブドフラワー、
ドライフラワーなど、
季節を問わず入手しやすい花でもあります。

アレンジメントの種類が豊富なのも、
贈り物選びには重宝しますね。

◆マリーゴールド(黄色)

黄色いマリーゴールドの花言葉は、
“健康”

ずっと健康で長生きしてほしい、
そんな気持ちを込めたプレゼントになります。

開花時期は夏から秋にかけてなので、
敬老の日の時期にもぴったり。

鉢植えのイメージが強いですが、
品種によっては切り花やアレンジメントにも活躍しています。

ただしマリーゴールド全体の花言葉としては、
“嫉妬”や”別れ”などのネガティブなものもあるので、
メッセージカードなどで、
込められた花言葉をしっかりと伝えましょう!

◆ガーベラ(ピンク)

ピンクのガーベラの花言葉は、
“感謝”や”思いやり”

また、ガーベラ全体の花言葉として、
“常に前進”という意味があります。

おじいちゃん・おばあちゃんに今までの感謝をしつつ、
“まだまだ元気で頑張ってね!”という、
励ましのメッセージを込めるのも良いですね。

ガーベラは、
花束やアレンジメントの種類も豊富で、
近年では年中花屋さんでの扱いもあります。

開花時期は4月~10月ごろなので、
鉢植えのプレゼントもおすすめですよ。

◆アマランサス

アマランサスには、
“不老不死””不滅”など、
直球で“いつまでも元気で長生きを!”
というメッセージを込められる花言葉があります。

また、近年アマランサスの種子は、
スーパーフードとしても話題となっていますね。

贈ったものを食べるわけではないにしろ、
“健康的な植物”という点では、
健康や長生きを祈るのにピッタリな植物。

小さな花が集まって垂れ下がる
ちょっと変わった姿は、
個性的な花束やアレンジメントにしたい、
という人にもおすすめです。

◆センニチコウ

センニチコウを漢字で書くと、
“千日紅”

その名の通り開花時期が長く、
“千日咲き続ける”
と言われたことから由来しています。

そのため花言葉も、
“不朽”や”不滅”など、
長生きしてほしい相手にぴったり。

花束やアレンジのメインにするには、
少し控えめすぎる花なので、
上で紹介したバラやガーベラなどと合わせるといいですよ。

また、センニチコウは、
ドライフラワーに最適な花。

センニチコウのドライフラワーを使った、
リースやハーバリウムも素敵ですね♪

Sponsored Link

敬老の日に相応しい花言葉!長生きや感謝の意味を持つおすすめの花!まとめ

敬老の日の贈り物に相応しい、
“長生き”や”感謝”
などの意味の花言葉を持つ花
を紹介しました。

いかがでしたか?

単に見た目だけで花を選ぶのではなく、
そこに花言葉というメッセージを込めることで、
世界に1つだけのプレゼントになりますよ。

敬老の日に花を贈ろうと検討中の人は、
ぜひ参考にしてみてください!

Pocket