Pocket

十五夜と言えば、ススキを飾り、
お月見をしながらお団子を食べる日、
と認識している人も多いでしょう。

確かにそうなのですが、
これらのお供え物や月見団子に込められた意味を、
あなたは知っていますか?

月見団子もススキも、
それぞれに深い意味が込められているんです。

十五夜のお供え物に込められた意味を知ることで、
より、お月見が待ち遠しくなりますよ。

ここでは、十五夜のお供え物に込められた意味や、
月見団子を食べるタイミング
について、
詳しく紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

十五夜のお供え物の意味は?

十五夜お供え物意味

十五夜のお供え物と言えば、
多くの人が、
月見団子やススキを思い浮かべるでしょう。

地域や家庭によっては、
野菜や果物などを供えるところもあります。

一体、これらのお供え物には、
どんな意味が込められているのか?
十五夜のお供え物の意味を紹介しましょう!

◆月見団子

お月見には欠かせない“月見団子”

現在では単に、
「お月見する時のおやつ」
程度の認識しかない人も多いかもしれません。

本来、
十五夜にお供えする月見団子には、
“豊作祈願”と“収穫感謝”
の気持ちが込められているんです。

は日本人にとって、
1つの信仰の対象でした。

お米の粉で作った団子を、
月に似せた丸い形にしてお供えすることで、
今年の収穫に感謝し、
次の1年の豊作を祈願していました。

また、満月を模した団子には、
健康や幸福を願う意味も。

そんな月見団子を食べることで、
健康や幸福が得られると
昔の人は考えたのでしょう。

◆ススキ

ススキが十五夜に供えられるのは、
月の神様である
「月読尊(ツクヨミノミコト)」
を地上に招くため。

本来であれば、
月読尊を地上へ招くための“依り代”となるのは、
ススキではなく稲穂。

ですが、
十五夜の時期は、まだ稲穂は収穫前です。

そこで、稲穂と形が似ているススキが、
稲穂の代わりとして供えられるようになりました。

また、ススキがお供え物として選ばれたのには、
もう1つ理由があります。

ススキの切り口は刃物のように鋭いことから、
魔除けになると言われていました。

神様をお迎えする大切な行事に、
悪いものが寄ってきませんように…
という願いが込められていたのでしょう。

お供えしたススキを軒先に吊るしておくと、
家族が1年間安全に過ごせる、
という言い伝えも残っていますよ。

◆野菜や果物

月見団子やススキの他にも、
その時期に採れた野菜や果物を、
一緒にお供えすることもあります。

これも収穫に感謝し、
次の1年の豊作を祈願して、
無事にその年の収穫を迎えられたことを、
神様に感謝するんです。

Sponsored Link

月見団子はいつ食べる?

お供えとして作られた月見団子ですが、
一体どのタイミングで食べたらいいのでしょう?

あくまでも“お供え物“なので、
作ってすぐ食べるというわけにはいきません。

食べるタイミングは、
夜になり月を眺めながら。

月が出てきたタイミングで、
お団子をお供えし、
少し時間をおけば、
その後はすぐに食べてしまってOK。

時間がたちすぎてしまうと、
団子も硬くなってしまいます。

特に手作りの場合は、
出しっぱなしにしておくと傷んでしまうので、
翌日まで持ち越さずに食べきってしまいましょう。

お供えをする場所は、
窓際、ベランダ、庭先、縁側など、
月がきれいに見える場所です。

綺麗な月と美味しい月見団子を堪能しつつ、
家族の健康や幸福を願いましょう!

十五夜のお供え物の意味は?月見団子を食べるのはいつがいい?まとめ

十五夜のお供え物の意味や、
月見団子を食べるタイミング
について、
詳しく紹介しました。

いかがでしたか?

お供え物に込められた意味を知ると、
より大切に気持ちを込めながら、
月見団子を食べようという気持ちになりますよね。

もしかすると、
今の時代では収穫感謝や豊作祈願に対し、
あまりピンとこない人もいるかもしれません。

現在であれば、
家族の健康や幸せという願いを込めて、
月見団子やススキをお供えしてみてはどうですか?

Pocket