Pocket

お月見前後には、
各地で様々なイベントが開催されます。

そんなお月見イベントの1つ、
”お月見どろぼう”
を知っていますか?

名前からすると、
かなり物騒なイベントのように感じますが、
じつは、かつては日本各地で、
広く行われていた風習なんです。

地域によっては現在でも行われていますが、
中には見たことも聞いたこともない、
という人もいるでしょう。

一体どんな風習なのか?

今回は、お月見どろぼうはどんな風習なのか、
どの地域でやっているのか?
発祥はどこなのか?

について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

お月見どろぼうとは?どんな風習?

お月見どろぼう

お月見どろぼうとは、
「お月見の日に子供たちが月見団子を盗む」
という風習です。

十五夜と言うと、
どことなく神聖な雰囲気のある日なのに、
なぜ、そんな風変わりな風習が生まれたのでしょう?

お月見どろぼうの歴史は、
江戸時代ごろにまで遡ります。

かつて農村部では、
お月見の夜限定で、他人の畑から芋を盗っても良い、
という風習がありました。

芋を盗まれた家は、
豊作になり縁起が良いとされ、

子供たちは月の使者だと考えられていたため、
子供に芋を盗まれることで、
神様に届くとされていました。

それが芋から月見団子などのお供え物に変化し、
「お月見どろぼう」
という風習になりました。

地域によっては、

「盗んだ子供は長者になる」
「7軒盗んで回ると縁起が良い」

などの言い伝えも。

盗む側も盗まれた側も、
どちらにもメリットがある風習だったんですね!

Sponsored Link

現在のお月見どろぼうは?

昔は、子供たちが長い棒の先に、
針金や釘をつけたもので
月見団子を盗んでいました。

お供えする側も、
わざわざ子供たちが盗みやすいように、
お供え物を縁側などに置くなどの工夫をしていたそうです。

ただ、現在では衛生面でも安全面でも、
外においてある団子をそのまま持って行くというのは、
現実的ではありませんよね。

そこで、ハロウィンのようなイベントとして、
子供たちが各家を回って、

「お月見どろぼうです」「お月見ください」

など声をかけ、
お菓子をもらうという風習へと変化。

玄関前に机やカゴを置き、
その中からお菓子を持って行ってもらうパターンと、
ハロウィンのように玄関のチャイムを鳴らし、
直接渡すパターンがあります。

ただ、近年では近所づきあいが減っていることや、
子供たちのマナーの問題もあり、
月見どろぼうのイベント自体を
取りやめている地域も多いとか。

かつては日本全国で行われていたお月見どろぼうも、
現在ではごく一部の地域でしか見られない、
とてもレアな風習になっています。

お月見どろぼうの発祥の地域は?

お月見どろぼうは、
どの地域が発祥ということはなく、
日本各地の農村部で広く行われていました。

現在でも、
お月見どろぼうの風習が残っているのは、

  • 福島県
  • 茨城県
  • 千葉県
  • 山梨県
  • 愛知県
  • 大阪府
  • 大分県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

などです。

有名なのは、
愛知県日進市や三重県四日市市

これらの都道府県の中でも、
月見どろぼうを実施する地域としない地域があり、

同じ市内で隣同士の地域でも、
月見どろぼうがあったりなかったりするようですね。

引っ越しをして初めて、
お月見どろぼうという風習を知ってビックリした、
という人もいるかもしれません。

地域外からの参加は原則できないので、
今でも月見どろぼうが実施している地域に住んでいる子は、
とってもラッキー!

ぜひとも、
月見どろぼうの風習
受け継いでいってほしいですね。

お月見どろぼう

お月見どろぼうとは?どの地域のどんな風習? 発祥はどこ?まとめ

お月見どろぼうについて、
どの地域のどんな風習なのか、
発祥の地域
などについて紹介しました。

いかがでしたか?

ちょっと物騒なネーミングとは裏腹に、
とても楽しく、
子供たちにとっては嬉しい風習でしたね。

残念ながら、
お月見どろぼうを実施している地域は少なくなっていますが、
いつかはハロウィンのように、
全国でブームが来るかもしれませんね。

まずは親戚同士や仲の良いママ友同士で、
お月見どろぼうを楽しんでみてはどうですか?

Pocket