Pocket

チーム一丸となって、
力を合わせてゴールを目指す“ムカデ競争”

簡単そうに見えて、
じつは意外と難しい競技です。

スムーズに進んでいると思いきや、
一度列が崩れてしまうと、
そこから立て直すのは一苦労

なかなか速く走るのは難しいですよね。

そこで、今回は、
ムカデ競争のコツについて、
掛け声や紐の結び方、
並び方などの必勝法
を紹介していきます!

ムカデ競争に参加する時の、
参考にしてみてください。

Sponsored Link

ムカデ競争で勝つ必勝法!並び方や結び方のコツは?

ムカデ競争

ムカデ競争は、
スタートの前から勝負は始まっています。

並び方や紐の結び方1つで、
勝敗が大きく左右されることも。

ムカデ競争で勝つための、
色々なコツ
を紹介するので、
事前にしっかりと打ち合わせをしておきましょう!

◆並び方は先頭決めが重要!

ムカデ競争は、二人三脚とは違い、
先頭の人が後ろの人を引っ張っていくスタイルです。

そのため、
まずは先頭に来る人を最初に決めましょう

ムカデ競争の先頭の人は、

  • 背が高い
  • 足が速い
  • リーダーシップのある

といった人がおすすめ。

力強く、
グングンと前に進んでいける人がいいですね。

逆に言えば、

  • 背の小さい
  • 歩幅が小さい
  • 足が遅い
  • 人に遠慮してしまう

といった人は、
先頭には向いていません。

先頭より後ろは、
基本的に背の高い順で並びます。

ただし、1番後ろの人は、
「声が大きい人」
を選ぶようにしましょう。

その理由は「掛け声」の項目で説明しますね。

◆紐の結び方

紐の結び方は、
きつすぎずゆるすぎず、

並んだ時に、
前の人との間にたるみがない長さ、
が目安です。

ゆるすぎると転倒の危険性があり、
きつすぎると動きづらくなってしまうので、
気をつけましょう。

◆手の位置は前の人の腰に!

ムカデ競争では、
前の人の肩に手を置くのをよく見かけます。

ですが、肩に手を置くと、
不安定でバランスがとりづらく、
転倒したりスピードが落ちたりします。

そこでおすすめなのが“腰”

腰は揺れが少なく、
自分の脇もしっかりと締められるので、
バランスがとりやすいです。

先頭から2番目の人に限っては、
先頭の人を羽交い絞めのようにするのがおすすめ。

そうすることで、
先頭の人が転倒しにくくなりますよ。

Sponsored Link

ムカデ競争の必勝法!走るときのコツは?

ムカデ競争の並び方などのコツに続いて、
走り方のコツも紹介しましょう。

歩幅とリズムを意識して、
みんなの息が合うまで練習してください。

◆掛け声について

ムカデ競争では、
足を出すタイミングを合わせるための、
掛け声が重要です。

「イチ、ニ!イチ、ニ!」
という掛け声が一般的ですが、

二拍子のリズム
焦りを感じてしまうことが多いので、
止めておきましょう。

おすすめは四拍子

「イチ、ニ、サン、シ!」
や、
「1、年、2、組!」
など、
なんでもいいので、
四拍子の掛け声を決めましょう。

掛け声を出す人の位置も重要で、
1番前の人が掛け声を出しても、
後ろまで声が聞こえないという可能性があります。

そのため、
掛け声を出す人は1番最後の人がいいでしょう。

1番後ろの人に、
声の大きい人を選ぶのはこのためです。

◆ターンはスピードを落とさない!

ターンをする時には、
どうしてもスピードを落としがち。

そうすると、列の先頭と最後尾で、
足を動かすタイミングに
ズレが生じてしまいます。

そのため、ターンに差し掛かっても、
走る歩幅は変えず、
一定のリズムで走り抜けるのが得策。

歩幅を大きくとりすぎると、
調整ができなくなるので、
半歩程度の歩幅を意識するといいですね。

ムカデ競争のコツ!掛け声や結び方や並び方などの必勝法を紹介!まとめ

ムカデ競争のコツについて、
掛け声や結び方、並び方などの必勝法
を紹介しました。

いかがでしたか?

これらの点を踏まえて、
しっかりと練習しておけば、
きっと1位も夢ではありませんよ!

ムカデ競争で速く走るチームは、
とてもかっこよく見えますよね。

今回紹介した方法を参考にして、
ムカデ競争の練習にはげんでください!

Pocket