Pocket

紅白の大きな玉を転がす“大玉転がし”

小さい子から大人まで、
誰でも参加できる競技ですよね。

とても単純で簡単そうに見えますが、
実際にやってみるとこれが意外と難しい!

強く押すとあらぬ方向へ転がったり、
かと言って力が弱いとスピードが出ない。

そんな大玉転がしにも、
コツや必勝法などがあります!

今回は、うまく転がす押し方など、
大玉転がしのコツや必勝法
について紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

大玉転がしのコツはや必勝法は?うまく転がす押し方はコレ!

大玉転がし

大玉転がしは、
ただ大きな玉を転がすだけの、
単純な競技。

そう思って侮ってはいけません。

大玉転がしのコツを、
知っているか知っていないか?

それだけで、
勝敗は大きく左右されます。

そんな大玉転がしのコツを紹介しましょう!

◆大玉のスピードのコントロール

大玉転がしの玉はとても大きいので、
ついつい力を入れて押してしまいがち。

確かに力を入れて押すと、
スピードは出ますが、
その分コントロールしにくくなってしまいます。

直線ではそれでもいいですが、
ターンやカーブではそうもいきません。

そこで、玉を押す力は、
体から離れすぎない程度にしましょう。

押していて体がぶつかる場合や、
逆に手から離れすぎている場合は、
力を調節してください。

◆押す力を均等に!

大玉転がしは、
何人かで力を合わせて行う競技。

そのため、1人が力強く押しすぎたり、
逆に力が弱すぎたりすると、
玉はまっすぐ進みません。

チームメイトと息を合わせて、
まっすぐ押すことが重要になります。

直線では、
できるだけ人と人との間を詰めて、
一定方向に力が加わるようにします。

ターンやカーブでは、
徐々に立ち位置を外側にずらしながら押すと、
スムーズに曲がることができますよ。

◆チームワークを活かす!

力よりもスピードよりも、
1番大切なのはチームワーク!

特にターンやカーブでは、
どのタイミングで曲がるのか?
チームメイトにどう動いてほしいのか?

しっかりとコミュニケーションをとりましょう。

玉で前も見づらいので、
カーブやターンが近づいてきたら、
1人が前に出て指示役になるのもいいですね。

大玉転がし

◆コースを確認しておく

ターンやカーブを、
右から曲がるのか左から曲がるのか、
事前にしっかりと
打ち合わせておきましょう。

リレー形式で行う場合は、
次のチームとの
バトンタッチのタイミングについても、
練習しておくと安心ですよ。

◆玉の上側は押さない!

身長が高い人の場合、
どうしても大玉の上の方を押してしまいがち。

しかし玉の上のほうを押すと、
押したときに少し前のめりの体勢になり、
体や足が玉にぶつかって
上手く前に進めません。

下手をすると、
玉の上に体が乗りあげて、
玉の向こう側に放り出されてしまうことも!?

押す高さは玉の真ん中あたりか、
それより下を意識しましょう。

◆手の向き

玉を押す時、
指先を上にした形で、
手の平で玉を押していく人が多いはず。

しかしそれよりも、
指先を下向きにして押す方が、
力のコントロールがしやすいです。

手が玉の回転に巻き込まれることもないので、
スムーズに押すことができますよ。

◆スロープは下るときのスピードを抑える

時折、ちょっとした段差=スロープが、
障害として設置されることもあります。

重要なのは、スロープを下る時。

勢いが付きすぎると、
そのまま玉だけが
勝手に転がっていってしまいます。

上りでは力を入れて押し、
下りでは1人が反対側に回って、
落下スピードを抑える係になりましょう。

Sponsored Link

大玉転がしのコツや必勝法!うまく転がす押し方を伝授!まとめ

大玉転がしのコツや必勝法について、
うまく転がす押し方
などを紹介しました。

いかがでしたか?

単純そうに見える大玉転がしにも、
たくさんのコツがあるのが分かりましたよね。

大玉転がしをする予定のある人は、
今回の記事をぜひ参考にしてみてください!

これで他のチームに
差をつけることができますよ♪

Pocket