Pocket

毎年8月2日〜7日までの6日間、
青森で開催される「青森ねぶた祭り」!

見物客は300万人を超えるとも言われる、
東北を代表するお祭り。

ねぶた祭りの特徴は、
中に灯りをともした巨大な“ねぶた”と、
“ハネト”と呼ばれる参加者の威勢の良さです!

花火の合図でお囃子と太鼓が一斉に鳴り響き、
高さ約5mにもなるねぶたが練り歩く姿は圧巻。

ハネトは、
漢字では「跳人」と書き、
その文字通り色とりどりの衣装で、
激しく飛び跳ね踊ります。

このハネトは一般参加できるので、
チャンスが有れば一緒に踊りましょう!

今回は、そんなねぶた祭りの歴史や由来や、
おすすめのホテル
を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

青森ねぶた祭りの歴史や由来やねぶたの意味は?

青森ねぶた祭り

青森ねぶた祭りの歴史は古く、
記録に残っているものでも、
享保年間(1716~1736年)までさかのぼります。

この頃のねぶた祭は、
現在のような派手さはなく、
小じんまりとしたお祭りだったようですね。

そんな青森ねぶた祭りの由来は、
諸説ありますが、定かではありません。

一番有名なのは、
七夕祭りの灯篭流しが変化し今の形になった。
というもの。

奈良時代(710年~794年)に、
中国から渡来した七夕祭り。

そこに登場する練り物の中心が、
「灯篭」でした。

七夕祭りは、7月7日の夜に、
穢れを川や海に流す禊の行事として、
灯篭を流して無病息災を祈りました。

この七夕祭りと、
古来より津軽にあった精霊送りや、
人形、虫送り等の行事が合わさり、
ねぶた祭の原型ができたと言われています。

紙と竹、ローソクが普及していくと、
人形や大型のねぶたが作られるようになり、
現在のような、担いで練り歩く形になっていきました。

◆「ねぶた」の意味は?

津軽弁で「眠たい」を「ねぶて」と言い、
各地で行われていた、
「眠り流し」から変化した説が有力。

秋の収穫前に、
眠気に襲われて働く手が休まらないよう、
木の枝や人形を川に流すのが、
「眠り流し」という行事です。

そこから、
「ねぶてながし」→「ねぶた」
となったと言われています。

Sponsored Link

青森ねぶた祭りは禁止になったことがある!?

実は、青森ねぶた祭りは、
過去に禁止になったことがあります。

明治6年
ねぶた祭りを見た知事は、
「なんて野蛮な風習なんだ!」
と思い、ねぶた祭りを行うことを禁止します。

それから明治15年禁止令が解禁されるまで、
ねぶた祭りは約9年間、表舞台から姿が消えました。

ただ、禁止令が出された後も、
バレないように、こっそりと、
ねぶた祭は行われていたようです。

青森の人にとっては、
禁止令が出ても、
なくてはならないお祭りだったんですね。

その後、戦時中となる、1937年(昭和12年)から、
第二次世界大戦が集結する1945年(昭和20年)までの間、
ねぶた祭は中止されていました。

戦時中にねぶた祭りを開催する余裕はなく、
中止になるのは仕方がなかったかもしれません。

終戦後の翌年から復活したねぶた祭は、
戦後復興の象徴として、
華やかに、賑やかに、大きく発展していきます。

国の重要無形文化財にも指定され、
300万人もの人が訪れる青森ねぶた祭り。

禁止となった背景を知っておくと、
違った見方ができて、
より楽しむことができますね。

青森ねぶた祭り

青森ねぶた祭りの宿泊におすすめのホテル5選!

青森ねぶた祭りの、
会場近くのおすすめのホテルを紹介しましょう。

▼リッチモンドホテル青森

東北新幹線・新青森駅から車で15分。
JR青森駅から徒歩15分。

交通アクセスが抜群の、
リッチモンドホテル青森

ねぶた祭りが開催される場所からも、
徒歩3分と立地条件はバッチリです!

部屋数も175室あり、
ルームバリエーションも豊富。

ねぶた祭りを思いっきり楽しんで、
疲れ切ったところすぐ近くに宿があると、
とても楽できますよ♪

・予約はこちら
リッチモンドホテル青森

▼南部屋・海扇閣

少しねぶた祭りの会場からは離れますが、
豪華な宿と温泉を楽しめるおすすめの旅館。

最寄り駅は浅虫温泉駅で、
駅から宿までは徒歩2分。

雄大な浅虫温泉海岸を一望できる、
露天風呂を併設した展望大浴場からの眺めは最高!

民芸調現代和風をテーマとした館内も、
人気の理由の1つですよ。

プロ奏者による津軽三味線ライブが毎日開催されていて、
青森をしっかり楽しむことができます。

ねぶた祭りで遊んで疲れた身体を癒すには、
ぴったりの宿ですね♪

・予約はこちら
浅虫温泉 南部屋・海扇閣(なんぶや・かいせんかく)

▼青森ワシントンホテル

こちらのホテルは、ねぶた祭りの会場から徒歩約6分、
青森駅より徒歩約15分と好立地です。

市内中心部や飲食店が多い繁華街、ベイエリアにも近く、
観光の拠点にするには申し分ありません。

こちらのホテルでは、
ねぶた祭り専用プランがありますよ。

ホテル内のレストランでの朝夕食付なので、
人混みでも食事に困ることはありません。

とても人気のプランなので、
早目に予約しましょう!

・予約はこちら
青森ワシントンホテル

▼ホテル青森

ねぶた祭り会場まで徒歩10分。
適度な距離なので、
会場の喧騒も気になりません。

市内中心に位置し、
むつみ湾と八甲田山を一望できる、
地上17階の県内最大のシティーホテル。

開業50年と歴史あるホテルですが、
内装は古めかしくなく、とても綺麗ですよ。

・予約はこちら
ホテル青森

▼ホテル2135

ねぶた祭り会場まで徒歩で約7分。

繁華街の本町までも徒歩約5分、
すぐ近くにコンビニもあり、とても便利なホテルです。

このホテルは、
お風呂がユニットバスではありません。

ゆっくりと湯舟に疲れるのは嬉しいですよね。

こちらのホテルでも、
ねぶた祭り専用プランがありますよ。

専用プランは桟敷席の入場券付き!

とても人気のプランなので、
予約は早めにしましょう。

・予約はこちら
ホテル2135

青森ねぶた祭りの歴史や由来や意味は?おすすめのホテルを紹介! まとめ

青森ねぶた祭りの歴史や由来や意味、
おすすめのホテル
について紹介しました。

いかがでしたか?

華やかな青森ねぶた祭りですが、
その歴史や由来などは、
全く知らなかったですよね?

今回の記事を参考にして、
青森ねぶた祭りを、より深く楽しんでくださいね♪

Pocket