Pocket

夏になり、とても暑い日が続きますよね〜

外に出ず、部屋で過ごしていても、
部屋に熱がこもって暑い…

外から帰宅しても、
部屋の中がムワっと蒸し暑く、
むしろ外の方が風があって涼しい!
なんてことも。

かといって、クーラーをつけるのも
電気代が気になりますよね。

そこで今回は、部屋の暑さ対策として、
部屋に熱がこもってしまう原因と、
簡単にできる防止策
を紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

部屋に熱がこもってしまう原因は?

部屋,暑さ対策

それでは、
部屋に熱がこもってしまう原因を紹介します。

◆昼間の太陽の熱

昼間、部屋のカーテンを開けている
という人は多いでしょう。

しかし、カーテンを閉めていないと、
直射日光が長時間、部屋の中に当たることになり、
熱がこもってしまう原因になります。

夏の太陽は冬に比べて、
高い位置にあり日照時間も長いので、
すぐに部屋に熱がこもってしまいます。

◆家電製品の熱

家の中には、冷蔵庫、エアコン、テレビなど、
様々な家電製品がありますよね?

それらの家電製品は、
大量の熱を放出しています。

そしてその熱が、太陽の熱と合わさり、
部屋に熱がこもってしまうんです。

◆家の構造

鉄筋やコンクリート熱を逃がしにくく
これらの素材が家の中や近くにあると、
熱がこもってしまう原因になります。

◆部屋の風通しが悪い

部屋の対角線上に窓やベランダはありますか?

風を通すには、
窓やベランダが対角線上にあるのが一番です。

対角線上にない場合、風通しが悪くなり、
熱がこもりやすくなってしまいます。

◆白熱電球の熱

白熱電球は、100度〜180度までの高温になるため、
部屋の温度を上げてしまう原因になります。

これがLED電球だと、
50度程にしか表面温度が上がりません。

省エネになるので、
LED電球に変えるようにしましょう。

◆湿度が高い

湿度と言えば、梅雨だと思っていませんか?

ですが、梅雨を過ぎて夏になっても、
湿度が高い日は続いています。

温度が高いほど、
空気中の水分が多くなり、
湿度が高くなってしまいます。

ベタベタと感じるのはこのためで、
不快ですよね。

Sponsored Link

部屋の暑さ対策!熱を逃がす簡単にできる5つの防止策!

原因が分かったところで、
防止できなければ意味がありません。

部屋に熱をこもらせない、
簡単にできる防止策を5つ紹介
しましょう!

◆カーテンを閉める

1番簡単にできるのが、
お昼にカーテンを閉めること。

太陽の熱をさえぎるので、
部屋に熱がこもりにくくなりますよ。

カーテンを閉めて、
部屋が暗くなってしまうと感じる場合は、
レースカーテンを使いましょう。

「遮熱カーテン」を使うと
部屋も明るいまま過ごせますよ。

この時、は風が通るように、
5cmほど開けておくのがポイント

雨戸があれば、閉めておきましょう。

雨戸には隙間があるので、
風通しがよく、熱を逃してくれます。

◆つる性植物を育てる

夏になると美味しいゴーヤなどを使って、
グリーンカーテンを作ってみましょう。

常に太陽の熱を遮ってくれるので、
部屋も暑くなりにくく、
涼しい風を通してくれます。

さらに、植物は葉から多くの水分を蒸発させているので、
周りの空気を冷やしてくれる効果もありますよ。

森や林の中が涼しくなるのと同じですね♪

インテリアにもなり、
実ったら美味しく食べられるので、
一石二鳥ですよ。

◆家電製品やパソコンの熱気を外に出す

家電製品は、
待機電力をできるだけ抑えるようにします。

テレビを見ず、録画もしていない時は、
主電源から切るようにしましょう。

パソコンは、
排気口にほこりがたまっていると、
より熱を持ってしまいます。

なので、使っているときは、
排気口部分に物を置かないようにして、
熱が逃げやすいようにしましょう。

使用していない時は、ほこりが入らないように、
カバーをかけるようにしてください。

◆窓に工夫をする

窓にエアパッキンや、
遮光フィルムを貼るのもおすすめ。

遮熱効果があるので、
部屋の中に熱がこもりにくくなりますよ。

◆扇風機を使う

扇風機は最大限利用しましょう!

まず、窓を2ヶ所以上開けて、
扇風機を外に向けて暑い空気を逃がします。

部屋の空気を入れ替えたら、
凍ったペットボトルを用意し、
扇風機の風を当てましょう。

そうすると、
涼しい風が部屋中に充満してくれますよ。

部屋の暑さ対策!熱がこもる原因と簡単にできる防止策5つ! まとめ

部屋の暑さ対策として、
熱がこもってしまう原因と、
簡単にできる防止策を5つ紹介
しました。

いかがでしたか?

夏本番になると、
外だけでなく、部屋の中まで熱くなってしまいます。

部屋の暑さ対策は、
そのまま熱中症対策にもなるので、
今回紹介した事を参考にして、
快適に過ごしてくださいね!

Pocket