Pocket

流れ星に願い事を3回言うと願いが叶う

誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。

はっきりとした理由は分からないけど、
子供の頃から知っていますよね。

なぜ、流れ星に願いごとを言うのか?
なぜ、願い事を3回言うのか?
どうすれば本当に願いが叶うのか?

今回は、
流れ星にまつわる疑問を調べてみたので紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

流れ星に願い事をする由来は?

流れ星

流れ星に願い事をする由来には、
有力な説が2つあります。

1つ目は、
キリスト教の影響によるもの。

キリスト教では、

「時々 神は下界の様子を眺めるために天界を開ける。
この時に、天の光が流れ落ちる。

だからこの間に願いごとを唱えれば、
その希望は神の耳に届き、神は願いをかなえてくれる。

ただし、開いているのは一瞬。

そこで流れ星が出現したと同時に、
神の耳に達するようにその願いごとを唱えなければならない。」

という言い伝えがあります。

空に神様がいて、
神様は下界の様子を確認するために、
時々こちらをそっと覗く。

その時に漏れる光が流れ星というわけです。

だから、
神様が見てくれているうちに願い事をすれば、
その願いが叶うと言われているんですね。

もう1つの説は、
ヨーロッパ、アジア地域に住む、
ウラル・アルタイ語族が行っていたというもの。

天文学が、現在のように判明していない大昔、
この民族にとって流れ星は、
神様が地球の様子を覗くために、

「天の扉」

を少しだけ開いた時の、
漏れた光だと考えられていました。

神様が天の扉を開いている=神様が自分のことを見ている

と考えられていたため、
その瞬間に願いごとをすれば願いが叶う、
と信じられていたようです。

どちらの説も、
神様が地上の様子をみる瞬間に光が漏れている
ということは共通しています。

なんともロマンチックな由来ですよね〜

天文学がなかった時代には、
流れ星はそれだけ不思議な現象だったということでしょう。

Sponsored Link

流れ星に願い事を3回言うと叶う理由や根拠は?

流れ星が流れている間に願い事を3回言うって、
もの凄く難しいですよね。

流れ星は本当に、
あっという間に消えていきます。

流れ星を見つけてから、
願い事を3回言うのは至難の業

ですが、その瞬間に願い事をできるくらい、
自分の夢についてずっと考えていればどうでしょう?

つまり、自分の願い事をすぐに言えるくらい、
自分の願い事や目標を「自覚」できているかどうか?
ということです。

・自分が何をしたいのか?
・自分がどうなりたいのか?
・自分が何を達成したいのか?

いつもこのことをしっかりと考えていて、
考え・計画・行動に芯が通っている人って、
目標を達成しやすいと思いませんか?

流れ星が流れてきて、
瞬時に願い事が言えるというのは、
常に願い事を意識している人だけです。

しっかりとその目標に向かって、
いつも努力している人でないと、
とっさに出てこないでしょう。

普通の人は流れ星が流れてきても、
あたふたしている間に消えてしまいます。

大切なのは、
流れ星を見つけて、とっさに3回唱えられるくらい、
願い事を常に持ち続けること!

願い事を意識して毎日生活していれば、
少しずつ変化が訪れてくるはずですよ。

流れ星への願い事!日本と海外での違いはある?

流れ星に願い事をする由来がキリスト教なので、
海外でも日本と同じように、
流れ星に願い事をする風習があります。

特に変わっているのがアメリカで、
は流れ星を見ると、

「Money,money,money」

と3回唱えるそう!?

日本との主な違いは、

・主にお金のことしか言わない
・しっかりと声に出して言う

こと。

お金のことしか願わないなんて、
なんともアメリカらしいですよね。

でも、日本人の
「~できますように」
と3回言うより、

「マネー、マネー、マネー」
の方が、一瞬で3回言える気がします。

それに、言うことが元から決まっているので、
悩む暇もありません。

案外、こっちの方が現実的かもしれませんよ♪

流れ星

流れ星に願い事をする由来は?3回言うと叶う理由や根拠は? まとめ

流れ星に願い事をする由来や、
3回言うと叶う理由
を紹介しました。

いかがでしたか?

流れ星に願い事をするのには、
なんともロマンチックな由来がありましたね。

また、願い事を叶えるには、
常に願い事を強く思い続ける必要があります。

しっかりと自分の夢や目標を見つけてから、
流れ星を探してみてください!

願い事が叶うかもしれませんよ?

Pocket