Pocket

もうすぐ6月。

ポカポカ陽気の春も終わり、
梅雨の季節がやってきますね。

雨が多くジメジメとした梅雨に咲く花と言えば、
あじさいですよね。

雨の中しっとりと咲くあじさいは、
幻想的でとても美しいです。

そんなあじさいを堪能できる鑑賞スポットが、
全国にはたくさんあるんです。

そこで今回は、
あじさい寺として有名な長谷寺(はせでら)について、
見頃や混雑時期などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

長谷寺(はせでら)のあじさいの特徴は?

長谷寺

鎌倉の明月院や成就院に並ぶ、
三大あじさい名所のひとつ、長谷寺

そんな長谷寺は、
「花寺」や「あじさい寺」と呼ばれるほど、
親しまれていますよ。

長谷寺のあじさいは、
ヤマアジサイやガクアジサイでなど40種類以上で、
その数はなんと2500株以上!

あじさいの色は、
青や紫、赤にピンクなど、
色とりどりのあじさいを楽しめます。

竹林と一緒に咲いていることがあり、
路上段からは由比ヶ浜を眺めることもできますよ。

竹林に海にあじさい。

こんなにたくさんの表情を見ることができるのは、
長谷寺ならでは。

さらに長谷寺のあじさいは、
本堂の背後にある、
高台の斜面にも植えられています。

この斜面は「展望散策路」になっていて、
斜面いっぱいに咲いているあじさいは、まさに絶景!

また、境内の各所に置かれている、
鉢植えのあじさいも見どころの1つですね。

Sponsored Link

長谷寺のあじさいの見頃はいつ?

長谷寺のあじさいは、
毎年6月上旬頃に咲き始め、
6月中旬〜7月中旬まで見頃が続きます。

長谷寺のあじさいは、品種も多く、
咲く時期が違うので、
長い期間楽しむことができますよ。

雨上がりに咲く満開のあじさいは、
息を飲むほどの美しさ!

そんなチャンスはめったにないですが、
長谷寺を訪れる時には、
雨が降ってほしいですね♪

長谷寺の混雑する時期は?

長谷寺は、鎌倉のあじさい三大名所として、
とても人気のある観光地。

あじさいの季節には、
全国からたくさんの人が集まるので、
かなりの混雑が予想されます。

長谷寺では、
混雑時には入場整理券が配布され、
土日にもなると、2~3時間待ちは当たり前。

平日であっても、
午前11時頃には入場整理券が配布されるほど、
混雑することがあります。

見頃の6月中旬〜下旬にかけては、
平日でも混雑を覚悟しておきましょう。

落ち着いてあじさいを楽しむなら、
拝観時間の30分前、7時半頃には並んでおき、
午前中にあじさいを鑑賞するといいですよ。

整理券には限りがあるので、
遅い時間に行っても配布が終わっていた…
なんてことも十分にありえます。

長谷寺のあじさいを見に行く時には、
早起きして行きましょう!

長谷寺へのアクセス方法や拝観時間は?

▼電車

江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩5分

▼車

横浜横須賀道から朝比奈I.C.下車
県道204号にて30分

▼駐車場

長谷寺:30分300円

・営業時間
3月〜9月:8:00〜17:00
10月〜2月:8:00〜16:30

※営業時間が過ぎてしまうと、翌朝まで出庫できなくなります。

・長谷寺周辺の駐車場案内
⇒https://www.navitime.co.jp/parking/

※ピーク時には満車になる可能性が高いので、
公共交通機関を利用するようにしましょう。

▼長谷寺の拝観時間

夏季:3月〜9月は8時〜17時まで
冬季:10月〜2月は8時〜16:30まで

▼拝観料

大人300円
子供100円

その他の詳細は長谷寺のHPにて確認してください。

・長谷寺公式サイト
⇒http://www.hasedera.jp/

長谷寺

鎌倉・長谷寺のあじさい!2018年の見頃や混雑する時期はいつ? まとめ

長谷寺のあじさいについて、
見頃や混雑する時期などを紹介しました。

いかがでしたか?

長谷寺は、あじさいの名所とあって、
とても人気の観光スポット

あじさいの見頃の時期は、
どうしても混雑してしまいますが、
苦労してでも見る価値はありますよ。

雨で外に出たくない気持ちは分かりますが、
ぜひ長谷寺へ足を運んでください。

1面に咲く綺麗なあじさいに、
梅雨の憂鬱な気分を吹き飛ばしてもらいましょう!

Pocket