Pocket

神戸みなとまつりは、
神戸のまちを支える「海」と「港」に感謝を捧げるお祭りとして、
2002年に始まりました。

メインステージでは、
さまざまなアーティストのライブやパフォーマンスで盛り上がり、
屋台は多種多様な味が楽しめる初夏の神戸のお祭り。

みなとまつりでは、
ステージやライブの観覧は無料なので、
財布にやさしいのが嬉しいですね♪

そんな神戸みなとまつりについて、
日程や見どころ、アクセスや駐車場などの情報を、
まとめて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

Sponsored Link

2018神戸みなとまつりの日程は?アクセスや駐車場は?

神戸みなとまつり

神戸みなとまつりの基本情報はこちら。

開催日時:7月15日(日)、16日(月・海の日)
開催時間:午前10時から20時
会場:神戸メリケンパーク

・アクセス
最寄駅:神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」より徒歩約5分
JR・阪神線「元町」より徒歩約15分

※イベント会場には駐車場がないので、
近隣のコインパーキング等を利用してください。

・近隣のコインパーキング案内
⇒https://times-info.net/P28-hyogo/

当日は渋滞が予想されるため、
公共交通機関の利用をおすすめします。

以上がこうべみなとまつりの基本情報になります。

「みなとこうべ海上花火大会」や、
5月に行われる「神戸まつり」とよく勘違いされますが、
神戸みなとまつりは別もの。

その為、夏の風物詩である花火は、
残念ながらありません。

Sponsored Link

2018神戸みなとまつりの見どころは?

夏の風物詩の花火がないからといって、
神戸みなとまつりが楽しめないわけじゃないですよ!

毎年様々なイベントが催され、
訪れた人を楽しませてくれます。

残念ながら、
2018年のイベント内容はまだ発表されていないので、
2017年、2016年のイベントを参考にして、
今年のイベント内容を予想してみました。

また、イベント情報はホームページで更新されるので、
チェックしておきましょう。

・神戸みなとまつり公式サイト
⇒http://www.minatomatsuri.jp/

去年までのイベントを元に今年のイベント内容を予想!

それでは、
2016年、2017年の神戸みなとまつりで行われた、
イベントを振り返って、今年の予想をしてみましょう。

2017年の神戸みなとまつりでは、
Crystal Kay、やCREAM、モミー FUNK!など、
多数のアーティストが参加して、
会場はフェスのように大盛り上がり!

その他、FreeStyle Footballer TOKURA(徳田耕太郎)や、
BMX world champion 内野洋平も、
ステージパフォーマンスを行っています。

フリースタイル・フットボールや、
BMXのチャンピオンの技を、
生で見る機会はなかなかないので、
今年もぜひ参加してほしいですね♪

また、ストリートダンスバトルや、
アニメイトカフェ、コスプレイベントなども、
開催されました。

2016年の神戸みなとまつりでは、
MINMI、SKE48などのアーディストがライブを行い、
トレンディエンジェル、銀シャリ、
渡辺直美、かまいたちなどの、
人気お笑い芸人もライブをしました。

これだけの豪華ゲストを招いて、
観覧無料なのはとてもありがたいですよね!

また、橋本マナミやダレノガレ明美といった、
旬なタレントも参加していましたよ。

こうしてみると、
2016年はお笑い色が強く、
2017年はアーティスティックなステージでした。

今年の神戸みなとまつりも、
例年に負けないぐらいの豪華ゲストが登場するでしょう!

個人的な予想では、
バブリーダンスで有名になった、
登美丘高校ダンス部が参加するのでは?
と予想しています。

去年話題になったあの人や、
今年前半に活躍したあの人など、
どんな人が参加するのか、今から楽しみですね♪

Sponsored Link

エキゾチックな町並みの神戸ならではの屋台も魅力!

神戸みなとまつりの屋台では、
港町神戸ならではの国際色豊かな、
異国の食事が楽しめますよ。

また、地方の郷土料理のブースも出店しているので、
日本全国、様々な味を楽しめます。

定番のおなじみの屋台もあり、
お祭りムードを盛り上げてくれますよ♪

お祭りの雰囲気や、ここでしか味わえない、
貴重な味に出合ってみるのもいいですね。

熱中症に注意!

神戸みなとまつりは7月の真夏の時期に行われ、
晴天であれば気温は30℃を超えます。

さらにステージ観覧席はオールスタンディングで、
太陽の光が照りつける場所にあるので、
体調管理をしっかりとしておきましょう!

体調に不安を感じた場合は、すぐに日陰に移動し、
スポーツドリンク等で水分補給を行ってください。

当日は帽子やクールネックなど、
熱中症対策グッズを身に着けて、
会場に向かってくださいね。

神戸みなとまつり2018!日程や見どころは?花火や駐車場はある? まとめ

神戸みなとまつりについて、
日程や見どころ、アクセスや駐車場などの情報を紹介しました。

いかがでしたか?

夏の定番の花火はないですが、
豪華ゲストのパフォーマンスを無料で見れるのは、
補ってあまりある魅力ですよね。

暑い夏をより熱くする神戸みなとまつりに、
ぜひ足を運んでください!

Pocket