Pocket

千葉県の成田市で開催される迫力満点のお祭り
「成田祇園祭」

成田祇園祭は、
成田市最大のお祭りであり夏の風物詩でもあります。

大迫力の山車と屋台が一堂に集まって、
成田山の坂道を登っていく「総引き」は必見!

また、お囃子や踊りで盛り上がる「総踊り」も、
迫力満点ですよ。

そんな成田祇園祭を思い切り楽しめるよう、
2018年の日程や、例年の交通規制の状況、
開催場所周辺にあるおすすめのホテル
を紹介します。

事前の情報収集に役立ててくださいね!

Sponsored Link

成田祇園祭!2018年の日程は?

成田祇園祭

2018年の成田祇園祭の日程は、
まだ発表されていません。

ですが、例年、七夕に一番近い、
金・土・日の3日間で開催されている
ので、
今年の開催日は、

7月6日(金)・7日(土)・8日(日)

の3日間になると予想されます。

詳しい日程は公式サイトで発表されるので、
チェックしておきましょう。

・成田祇園祭公式サイト
⇒http://www.nrtk.jp/festival.html

Sponsored Link

成田祗園祭の見どころは?

成田祇園祭の魅力は、
何と言っても「山車」と「屋台」

屋台というのは祭りにある露店のことではなく、
歴史上の偉人を形どった人形を乗せている、
山車の種類のこと。

祭りの最終日になると、山車と屋台が成田山に集まり、
成田祇園祭の最大の見どころである、
「総引き」が始まります。

山車・屋台の引き手達によって、
成田山の坂道を一気に駆け上っていく姿は迫力満点!

掛け声やお囃子で盛り上がり、
成田祇園祭のクライマックスを迎えますよ。

また、「総引き」と並んで名物なのが、「総踊り」

初日は大本堂前、
2日目はJR成田駅前、
最終日は再び大本堂前

3日全ての日程で行われます。

それぞれの山車と屋台によって、
違うお囃子と踊りを見せてくれますよ。

山車と屋台を盛りたてるため、
踊り狂うさまは、総引きに負けず劣らず大迫力!

踊りやお囃子の違いを比べるのも、
楽しみの1つですね♪

成田祇園祭の例年の交通規制の状況は?

成田祇園祭の開催期間中は、
成田山新勝寺周辺の道路で交通規制があります。

例年、山車運行経路に沿って実施され、
具体的な区間としては、

JR成田駅〜多津美〜信徒会館、
薬師堂〜山崎眼科

の区間に交通規制がかかります。

また、JR・京成成田駅周辺の路線バスに関しても、
一部で迂回運行になるので、
利用する場合は、事前にチェックしておきましょう。

成田祇園祭の開催場所である、
成田山新勝寺までは、
京成成田駅・JR成田駅より徒歩15分なので、
電車を利用するのもいいですよ。

成田祇園祭期間中は、
当然ながら大変な混雑が予想されるので、
時間に余裕を持って行動するようにしてくださいね。

成田祇園祭から0.6km!おすすめのホテル5選!

成田祇園祭の開催場所に近い、
おすすめのホテルを5件、紹介しましょう。

全て、開催場所から約0.6kmという近距離にあるので、
他の条件と照らし合わせて選んでみてくださいね。

▼リッチモンドホテル成田

周辺のホテルとしては、口コミ件数が最も多く、
早割りや素泊まりなど、お得なプランも多数ありますよ。

↓予約はこちらからどうぞ!
リッチモンドホテル成田

▼アパホテル 京成成田駅前

駅近で、成田空港までの無料送迎があるので、
空港を利用する場合には大変便利ですよ。

↓予約はこちらからどうぞ!
アパホテル<京成成田駅前>

▼成田Uシティホテル

近場にあるホテルの中では、最安値で利用できます。
また、ホテル・空港間の無料シャトルバスもありますよ。

↓予約はこちらからどうぞ!
成田Uーシティホテル

▼コンフォートホテル成田

無料の朝食が共通サービスになっています。

また、小学生以下の子どもについて、
添い寝と朝食が無料になるのが嬉しいですね。

↓予約はこちらからどうぞ!
コンフォートホテル成田

▼メルキュールホテル成田

成田にある人気の三ツ星ホテルの1つ。
成田空港への無料送迎がありますよ。

↓予約はこちらからどうぞ!
メルキュールホテル成田

成田祇園祭2018の日程は?交通規制とおすすめのホテルを紹介! まとめ

成田祇園祭について、
日程や交通規制、おすすめのホテルを紹介しました。

いかがでしたか?

今年の成田祇園祭の日程は、
まだ発表されていませんが、
おそらく、
7月6日(金)・7日(土)・8日(日)
になるでしょう。

300年以上の歴史があり、
期間中45万人以上が訪れる、
成田の一大イベントの成田祇園祭

迫力満点の山車や屋台の「総引き」や
多くの人が踊り狂う「総踊り」など、
成田の町がお祭りムード一色になる成田祇園祭に、
ぜひ足を運んでみてはどうですか?

Pocket