Pocket

鬱陶しい梅雨の季節。

そんな中、
雨に打たれて咲いているあじさいを見ると、
心が安らぎますよね。

あじさいは梅雨の季節に咲く花で、
その色合いもあり、
とても幻想的で美しいです。

そこで今回は、あじさいを目一杯楽しめる、
あじさい寺として有名な明月院について、
見頃の時期や混雑予想、
アクセス方法
などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

明月院のあじさいの特徴は?

明月院

明月院は、
「あじさい寺」と呼ばれるほどの名所です。

戦後から明月院にあじさいが植えられ始め、
どんどん数が増えていき、
鎌倉のあじさい名所になりました。

梅雨の季節には、
明月院のあじさい目当てに、
全国からたくさんの人が集まります。

明月院に咲いているあじさいは、
日本古来の「ヒメアジサイ」

これだけ見事にヒメアジサイを揃えているのは、
他にはありません。

明月院に咲くヒメアジサイは、
どれも濃い青色で、
「明月院ブルー」とも呼ばれていますよ。

院内にあるあじさいの数は、
2500株と言われていて、
一斉に青く染まる様子はとても幻想的。

「明月院ブルー」のヒメアジサイ以外にも、
色とりどりのあじさいが見れますよ♪

中でも、あじさいが咲き乱れる参道は、
梅雨の絶景スポットの定番となっていて、
6月の鎌倉でもっともにぎわいます。

そして、あじさいの季節ならではの見どころが、
開山堂前の花想い地蔵

この時期の花想い地蔵は、
あじさいを抱えていて、
その姿は明月院ならでは。

参拝した際には、ぜひ見ていってください。

・明月院の公式サイト
⇒http://www.kamakura-burabura.com/

Sponsored Link

明月院のあじさいの見頃はいつ?

明月院のあじさいの開花時期は、
5月下旬〜7月上旬までと比較的長め。

その中でも見頃になるのが、
6月上旬〜下旬にかけて。

例年では、
6月の2週目頃から見頃になります。

しかし、今年は、
5月中旬頃から開花が始まっているので、
見頃も例年より早くなるでしょう。

遠方から参拝する際は、
しっかりと開花状況を確認してから
出掛けるようにしてくださいね。

あじさいの花は、
湿度が高いと色が濃くなる特徴があります。

雨上がりの時間帯に訪れると、
あじさいの花が目を引く青色になっているので、
おすすめですよ♪

明月院が混雑する時期は?行くなら平日がいい?

鎌倉の中でも明月院のあじさいは、
人気の観光スポット。

ピーク時の土日には、
入るまでに2時間かかることもよくあります。

さらに混雑時には入場規制がしかれ、
休日の開門前にもかかわらず、
100人以上の人が並んでいることも!?

ここまで混雑してしまうと、
落ち着いてあじさいを堪能できず、
写真を撮ることも難しいですね…

あじさいの見頃の時期にもなると、
平日でも、10時頃から人が集まり始め、
徐々に境内が混雑してきます。

なので、あじさいをゆっくりと楽しんで、
綺麗な写真を撮りたい場合は、
平日の朝8時~10時頃が狙い目。

早起きして、開門と同時に入ることになりますが、
それだけの価値は十分にありますよ♪

明月院

明月院へのアクセス方法や拝観時間は?

明月院へは、
JR北鎌倉駅から徒歩10分

車の場合、明月院に駐車場はないので、
近くのコインパーキングを利用してください。

・明月院周辺の駐車場案内
⇒https://www.navitime.co.jp/

車は渋滞に巻き込まれる可能性が高いので、
電車を利用することも考えておきましょう。

明月院の拝観時間は、
通常9時〜16時ですが、
6月は8時30分〜17時までに変更になります。

拝観料も、通常は300円ですが、
6月は500円になるので注意してください。

鎌倉・明月院のあじさい!2018年の見頃や混雑する時期はいつ? まとめ

今年の明月院のあじさいについて、
見頃や混雑する時期、アクセス方法などを紹介しました。

いかがでしたか?

鎌倉でも人気の観光スポットなので、
かなりの混雑が予想されます。

それだけ見る価値のある、
見事なあじさいということですね。

雨で外に出たくないですが、
明月院のあじさいを見に、
ぜひ1度足を運んでみてください!

Pocket