Pocket

もうすぐ6月。
ジメジメした梅雨がやってきますね。

雨が続くとテンションも下がり、
外出するのも嫌になります。

梅雨といえば、
雨の中で綺麗に咲くあじさい

そんなあじさいを堪能できる名所が、
色々とありますが、
今回は、花の寺として有名な、
光則寺のあじさいについて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

Sponsored Link

光則寺のあじさいの特徴は?

あじさい

光則寺は、小さなお寺ですが、
100種類ほどの花に囲まれた、
花の寺として有名です。

あじさい以外にも、
四季折々に美しい花が咲くので、
1年中楽しむことができますよ。

特に、
樹齢200年といわれる海堂(かいどう)が有名。

その樹齢の長さから、
鎌倉市の天然記念物に指定されています。

本堂前の海堂の下や池のほとりには、
随所に咲くあじさいを楽しむことができますよ。

樹々の下では、白ガクあじさいが境内を彩り、
白の他にも、赤や青のあじさいも咲いていて、
とても綺麗ですよ♪

また、光則寺のあじさいの特徴として、
鉢植えで育てられているものが多いです。

光則寺のヤマアジサイの種類は200種類を超えていて、
鎌倉ではNo.1といってもいいでしょう。

山門のお賽銭箱のところに、
「四季の光則寺 山野草と茶花マップ」
が置いてあるので、

それを見ながら境内を回ると、
どこにどの花が咲いているのかわるので、
より楽しめますよ♪

あじさい寺と言われる長谷寺も近くにあるので、
光則寺とあわせて見て回ってはどうですか?

Sponsored Link

光則寺のあじさいの見頃はいつ?

光則寺のあじさいの見頃は、
毎年、5月の中旬〜6月の上旬にかけて。

ただ、今年は気温が高いため、
もう少し早く見頃をむかえるかもしれません。

遠方から足を運ぶときは、
開花状況をこまめにチェックしておくと安心ですよ。

光則寺の開花状況のチェックはこちら
⇒http://www8.plala.or.jp/

光則寺ってどんな歴史のあるお寺?

光則寺は、長谷寺と鎌倉大仏の間にある、
小さなお寺です。

このお寺は、元鎌倉幕府の御家人、
宿屋光則という人物の屋敷でした。

1253年、日蓮が鎌倉で布教活動を開始し、
当時の社会不安や天災の原因を、
幕府や他の宗派のせいだと激しく非難。

そして1260年には、執権北条時頼に、
「立正安国論」
を提出します。

その際に、
立正安国論を時頼に手渡すように、
日蓮が頼んだのが、宿屋光則でした。

しかし、この立正安国論は浄土宗を批判した為、
迫害を受け、1271年、
日蓮は捉えられ佐渡に流されました。

このとき、宿屋光則は、
日蓮の弟子の日朗らの身柄を預かり、
自らの屋敷の土牢に幽閉しました。

しかしその後宿屋光則は、
日蓮宗に心打たれ、帰依します。

そして、
自宅である屋敷を改築して、
お寺としました。

それが光則寺です。

光則寺の拝観料やアクセス方法!

◆光則寺のアクセス方法

▼電車

江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩6分。
※あじさい寺として有名な長谷寺が近くにありますよ。

▼バス

JR鎌倉駅の東口1番・6番バス乗り場から
長谷観音・大仏行きに乗り、
「長谷観音」下車で徒歩4分。

▼車

光則寺に駐車場はないので、
長谷駅付近のコインパーキングを利用してください。

・光則寺付近のコインパーキング地図
⇒https://www.navitime.co.jp/

あじさいの季節には、
光則寺や長谷寺へ向かう観光客で、
満車の可能性があります。

渋滞なども考えられるので、
時間には余裕をもって行動しましょう。

◆光則寺の拝観料・拝観時間

▼拝観時間

午前7時30分〜日没まで。

終了時間がはっきりと決まっていないので、
注意してください。

▼拝観料

高校生以上…100円
小・中学生は無料

拝観料は、山門の側にある、
お賽銭に入れるようになっています。

鎌倉・光則寺のあじさい!2018年の見頃の時期と開花状況は? まとめ

光則寺のあじさいについて、
見頃の時期や開花状況などを紹介しました。

いかがでしたか?

梅雨の時期だからこそ楽しめる、
光則寺のカラフルなあじさい

長谷寺などに比べると有名ではないので、
穴場ですよ。

ジメジメして嫌な梅雨の時期だからこそ、
光則寺に足を運んで、
色とりどりに咲くあじさいを見てはどうですか?

Pocket