Pocket

冬になると、毎年風邪が大流行します。

症状の大小はあれど、
風邪を引いてしまう事が多くなるのもこの時期ですよね。

特に、風邪は引き始めが肝心!

そこで今回は、どんな症状が出たら風邪の引き始めなのか、
風邪の引き始めにするといい3つの対処方法
日ごろから風邪を予防するための対策といった事を紹介します。

風邪を引いても、引き始めにしっかりと対処すれば、
症状を悪化させることなく、風邪を治す事ができます。

ぜひ参考にして、風邪知らずで元気な生活を送りましょう!

Sponsored Link

風邪の引き始めにはどんな症状が出る?

風邪の引き始めの症状には、

・発熱
・咳や痰が出る
・のどが痛い
・鼻水が出る
・寒気がする

といったものがあります。

いつも違うこれらの症状が出たら、
風邪を引いてしまったサイン。

風邪をこれ以上悪化させないためにも、
しっかりと対処して、症状の軽いうちに風邪を治してしまいましょう。

Sponsored Link

風邪の引き始め!悪化させない3つの対処方法!

風邪の引き始めにするといい、
悪化させない3つの対処方法を紹介します。

◆その1:十分な栄養摂取

細菌やウイルスといった病原体と戦うためにも、
免疫の元となる、タンパク質・鉄・亜鉛・銅といった
ミネラルをしっかり摂りましょう。

のどや鼻の粘膜は、細菌やウイルスの侵入を阻止してくれます。
その粘膜を作る元になるのが、ビタミンA・C・E

これらの栄養も忘れずに摂取していきましょう。

白身魚や豆腐は、タンパク質が豊富で手軽に食べれるのでおすすめ。
ビタミン類は、果物に多く含まれているので、
風邪の引き始めには意識して摂るようにしましょう。

◆その2:体を休める

風邪の引き始めの症状が出たら、
体を休めることを心がけましょう。

体内では抗体が病原体と戦っているので、
自覚は無くても、かなりの体力を消耗しています。

遊びの予定などはキャンセルして、
症状を悪化させないよう、安静にしてくださいね。

◆その3:身体を温める

身体を温めることで体内の免疫力を高めることがでます。

葛根湯・生姜湯・卵酒などは内側から体を温めてくれますよ。

風邪の引き始めは症状が軽いので、
お風呂に入るのも、芯から体を温めれるのでおすすめ。

暖房を使って、部屋の温度を上げ、
布団にくるまっているだけでも充分です。

新陳代謝を高めて、発汗を促し、
病原体を体から追い出すようにしていきましょう。

風邪を予防するための対策方法!

風邪を引かないにこしたことはないですよね?

そこで、日ごろからできる風邪の予防方法を紹介します。

どれも基本的な事ですが、意識してやることで、
風邪を遠ざけることができますよ。

◆風邪の予防方法1:手洗い・うがい

帰宅したら必ず手洗い・うがいをしましょう。

風邪に限らず、手洗い・うがいは、
病気にならないための基本的な予防方法です。

これを意識してやるだけでもかなり違いますよ。

◆風邪の予防方法2:乾燥を防ぐ

空気が乾燥すると、ウイルス・細菌は宙を舞って蔓延してしまいます。

室内にいる時は湿度を40%以上にしましょう。
加湿器があるといいですね。

◆風邪の予防方法3:人混みを避ける

完全に人混みを避けることは無理なので、
マスクをして、風邪のウィルスの侵入を防ぎましょう。

顔にピッタリとフィットするマスクだと、より効果的です。

以上の3つの予防方法はどれも重要です。
どれか1つだけでも実践すれば、立派な風邪予防になりますよ。

風邪の引き始め!悪化させない3つの対処方法と予防方法! まとめ

風邪の引き始めの症状や対処方法、
日ごろの風邪の予防方法
を紹介しました。

風邪は引き始めが肝心。

そこでしっかりと対処すれば、
症状を悪化させることなく、風邪を治す事もできます。

また、日ごろから風邪の予防対策をすることで、
風邪のウィルスを遠ざけることができますよ。

いつでも、誰でも風邪を引いていしまうものなので、
風邪を引いてしまった時の対処や、
日ごろの予防を意識した生活をしていきましょう!

Pocket