Pocket

風邪を引いた時、
家で安静にできればいいですが、
なかなかそうはいきませんよね?

症状が軽ければ、会社や学校に行く事もあるでしょう。

そんな時は、食事を外食ですませて、
家に帰ったらさっさと寝て、風邪を早く治したいと思うはず。

そこで今回は、風邪を引いた時におすすめの外食を紹介します。

引き始めや治りかけの時にどんな物を食べれいいのか、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

風邪の引き始めの時のおすすめの外食3つ!

風邪を引いた時の食事は、

・栄養がある
・身体を温める
・消化がいい
・免疫力を高める

以上の事を意識する必要があります。

これらの条件に当てはまり、
風邪の引き始めの時のおすすめの外食3つを紹介しましょう。

◆鳥雑炊

雑炊は体を芯から温めてくれ、食べやすく消化にもいい、
おすすめのメニューですよ。

とくに野菜がたっぷり入った鳥雑炊は、
風邪の引き始めには率先して食べたいですね。

鶏肉はビタミンAが豊富で、
のどや鼻の粘膜を活性化させ、病原体の侵入を防ぎます。

さらに、卵に含まれるアミノ酸とたんぱく質は、
身体の免疫力を高める効果があります。

ねぎには殺菌作用があるので、たっぷり入れれば、
のどの痛みを和らげ、病原体の増加を食い止められますよ。

◆うどん・そば

うどんは消化が良く、体を温めて免疫力を高めることができます。

そばは栄養価が高く、ルチン・カテキンといった栄養素は免疫力を高め、
豊富に含まれるビタミンB群は、疲労回復の効果があります。

どちらも麺類なので、食べやすく消化にもいいですね。

野菜や鶏肉がたくさん入っている、
「鍋焼きうどん」や「味噌煮込みうどん」
そばなら、「とろろそば」や「おろしそば」がおすすめ。

とろろはムチンという成分が粘膜を守り、大根は腸の働きを助ける効果がありますよ。

◆玉子丼

には、免疫力をアップさせるアミノ酸がバランスよく含まれていて、
風邪を引いた時にはおすすめです。

卵黄はビタミン・ミネラルが豊富で栄養満点!

卵白は風邪薬に配合されているリゾチームが含まれ、
殺菌効果があります。

親子丼・カツ丼といったメニューを選ぶのもいいですね。

鶏肉は、粘膜の働きを高めるビタミンAが多く含まれ、
豚肉は、皮膚や粘膜の働きを助けてくれるビタミンB1が豊富に含まれています。

Sponsored Link

風邪が治りかけの時のおすすめの外食3つ!

風邪は引き始めも大事ですが、
治りかけの時の方がもっと大事です。

風邪がもうすぐ治ると油断していると、
すぐにぶり返してしまい、風邪を引いた生活に逆戻りしてしまいますよ。

治りかけの時こそ、しっかり栄養を摂るようにしましょう!

風邪が治りかけの時のおすすめの外食3つを紹介しましょう。

◆レバニラ炒め定食

レバーは、風邪を引いた時に失われやすい、
ビタミンB群・βカロチン・ミネラルを多く含んでいて、
疲労回復におすすめの食材です。

ニラは腸内環境を整える効果があり、
さらに新陳代謝を促し、体温を温め免疫力を高めてくれます。

ニンニクが入っていると、
ニラの効果を倍増させてくれますよ。

◆うな丼

うなぎは栄養価の高い食材で、

・ビタミンA→のど・鼻の粘膜を活性化
・ビタミンB群→疲労回復・粘膜の再生
・ビタミンD→細菌・ウイルス感染を予防
・亜鉛→免疫細胞を活性化

など、風邪が治りかけの時の栄養補給に最適です。

消化は良くないので、よく噛んで食べるようにしてくださいね。

◆チキン南蛮定食

鶏肉は、油で揚げることで、ビタミンAの吸収が良くなります。

卵で作られたタルタルソースは、鶏肉との相性もピッタリで、
どちらにも豊富に含まれているタンパク質は、
体温を上昇させて免疫力をアップしてくれますよ。

風邪におすすめの3つのサイドメニュー!

風邪を引いた時におすすめのサイドメニューを紹介します。
メインの食事と一緒に摂ることで、さらに効果がアップしますよ!

◆みそ汁

みそ汁は定食についてくることが多いですよね。

温かいみそ汁を飲むことで、
内臓が温まり、栄養の消化・吸収を促します。

発酵食品のみそは、腸内環境を整え抗酸化作用もあります。

具がたくさん入っていて、
色々な栄養を摂れる豚汁が特におすすめですよ。

◆豆腐・納豆

大豆には植物性のたんぱく質が多く含まれ、
ビタミン・ミネラルといった栄養も豊富です。

豆腐は消化がいいので、
生姜・ネギ・柚子などの薬味と合わせて食べると、
栄養のバランスが良くなりますよ。

納豆に含まれる納豆菌は、腸内環境を改善して、
病原体の働きを抑える効果があります。

◆キャベツの千切り・レタス

定食のおかずについてくることが多いキャベツの千切りとレタス

見た目を鮮やかにする飾り付けの役目かと思いきや、
意外と風邪に効果のある栄養を摂れるんです。

キャベツはビタミンCが豊富で抗酸化作用があり、
免疫細胞を助け、疲労回復を促してくれます。

さらに、キャベツに含まれるビタミンUには、
胃腸を整える働きがあります。

レタスにも豊富なビタミン・ミネラルが含まれていて、
抗酸化作用と免疫力を高める効果がありますよ。

Sponsored Link

風邪を引いた時の外食はOK?初期や治りかけのおすすめは? まとめ

風邪の引き始めや治りかけの時に、
おすすめの外食やサイドメニューを紹介しました。

風邪を引いた時に外食する時は、
この記事に書いてある食事を摂るようにしてくださいね。

風邪は引き始めも治りかけの時も油断は禁物

外食でも、風邪に良い食事を摂ることはできるので、
家で食事が摂れない時にはぜひ参考にして、風邪を早く治しましょう。

Pocket