> くしゃみの速度は新幹線なみ!?知られざるくしゃみ雑学! | トレンド速報ニュース

くしゃみの速度は新幹線なみ!?知られざるくしゃみ雑学!

Pocket

鼻がムズムズして、
勢いよくくしゃみをすることってよくありますよね?

激しくくしゃみをすると気持ちいいので、
ついつい、加減をしないまま、おもいっきりくしゃみをしてしまいますが、
この時のくしゃみの速度はどれくらい出ているのでしょうか?

今回は、そんなくしゃみの速度を始めとした、
くしゃみに関する雑学を集めてみました。

ぜひ参考にして、話のネタにでもしてみてください。

Sponsored Link

くしゃみの速度は新幹線なみ!?

おもいっきり、勢いよく出したくしゃみの時速は、
なんと320km!

たった1秒で約90mも進むスピードです。

ちょっと早すぎて実感がわかないですが、
東北新幹線「はやぶさ」の最高時速と同じ。

大谷翔平投手が出した最高球速の約2倍のスピードです。

まさか人間が新幹線を追い抜く事ができるとは思いませんでしたね〜

くしゃみと同時に飛んだ唾液は、時速30kmで約4m先まで飛んでいきます。

ちなみに、咳だと時速160km
それでも十分に早いですけどね。

Sponsored Link

くしゃみはウィルスを撒き散らす迷惑行為!?

ただのくしゃみならいいですが、
風邪を引いたりしていた場合は大変!

知らず知らずのうちに、ウィルスを撒き散らしていることになります。

くしゃみの時に飛散するウィルスの数は、約100万個!

これだけの数のウィルスを、時速320kmで撒き散らしていると考えると、
ちょっと他人事ではないですね。

唾液で約4mまで飛ぶので、
それよりもはるかに軽いウィルスは、果たしてどこまで飛んで行くのか、
想像するだけでも恐ろしいです…

何も対策をしないと、
くしゃみ1回で、多くの人にウィルスを撒き散らすことになるので、
風邪など、調子が悪いなと感じた時には、必ずマスクをしましょう!

マスクをしていない時には手やハンカチなどで口を押さえて、
人に向けず、下を向いてくしゃみをするなど、
ウィルスを撒き散らさない工夫をしてくださいね。

でもウィルスは約10万個飛んで行くので、
くしゃみと同じように、飛散させないようにしましょう。

くしゃみは体の防衛本能!

くしゃみの役目は、
体内に入ってくる異物を外に吐き出す事です。

鼻に入ってきた、ゴミや細菌、ウィルスを、
くしゃみをすることで勢いよく外に飛ばし、
体内に侵入させないようにする防衛本能がくしゃみです。

なので、くしゃみは思いっきりするほうが本来の役目を果たしますが、
人混みの中でくしゃみをする事は、極力避けましょう。

約100万個のウィルスを撒き散らす事になるので、
いくら防衛本能で自然に出るくしゃみでも、
人に向けて飛ばさないよう配慮が必要です。

マスクの着用や、手やハンカチで口を押さえるなど、
最低限のエチケットを守って、くしゃみをするようにしてくださいね。

くしゃみの速度は新幹線なみ!?知られざるくしゃみ雑学! まとめ

くしゃみの速度を始めとした、くしゃみの雑学を紹介しました。

普段、何気なくしているくしゃみですが、
本来の役目を果たそうとすると、
他人にめちゃくちゃ迷惑な行為になってしまうのが残念ですね。

家で1人でいる時には、
遠慮なく思いっきりくしゃみをしてもいいですが、
多くの人混みの中では、人に向けてくしゃみをしないように心がけましょう。

体調がすぐれない時にはマスクをするなど、
くしゃみに対して、事前に対策を取るのも忘れないでください。

勢いよくくしゃみをすると確かに気持ちいいですが、
防衛本能としてくしゃみが出ているので、
その中には多くのゴミやウィルスが混ざっています。

ウィルスを撒き散らさないよう、
最低限のエチケットを守ってくしゃみをしてください。

Pocket

[くしゃみ, 美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ