> 飛行機で耳が痛い!子供向けにおすすめの対策5つ! | トレンド速報ニュース

飛行機で耳が痛い!子供向けにおすすめの対策5つ!

Pocket

飛行機の離着陸のとき、多くの人が耳に違和感を覚えるはず。

「あれ?耳がおかしいな」で済めばいいんですけど、
痛みを感じるほどだと苦痛ですよね。

大人は耳の痛みにガマンできますが、
子供だとそういうわけにはいきません。

子供が小さければ小さいほど、
気圧の変化にうまく対応できないもの。

そこで今回は、
子供向けの飛行機で耳が痛くなった時の5つの対策を紹介します。

ぜひ家族皆で空の旅を快適に過ごすために、役立ててくださいね。

Sponsored Link

子供向け!飛行機で耳が痛い時のおすすめの対策5つ!

それでは、
子供向けの飛行機で耳が痛い時のおすすめの対策を5つを紹介します。

子供のための対策その1:耳抜き

大人や子供を問わず、飛行機で耳が痛くなった時におすすめ!

鼻をつまんで鼻に空気を送ると、鼓膜が内側から外に膨らむのが分かります。
耳の奥のほうでカチッという音がすれば成功。

鼻は耳とつながっているので、鼻に空気を送りこむと、
耳の内側まで空気がいき、機内と耳の内側の気圧が均一になって、
耳の痛みが無くなります。

ですが、子供が小さいと、なかなか上手に耳抜きができません。
そんな時は、他の方法を試してみてください。

子供のための対策その2:空気を飲み込む

耳抜きの次に効果的な方法で、
空気を飲み込み、耳の内側に空気を送ります。

口も耳もつながっているので、耳抜きに近い効果を得られますよ。

効果は耳抜きよりも弱いので、
5~10回は空気を飲み込むようにしましょう。

子供が小さくて空気を飲み込むのもできない場合は、

・飲み物を飲むこと
・飴を舐める

といった方法でも同じ効果がありますよ。

飲み物は炭酸飲料、飴はすっぱくて唾液がでやすいものを選ぶと、
耳が痛いのを解消する効果を高められます。

子供のための対策その3:鼻をかむ

耳抜きを応用したテクニックで、
ティッシュで鼻をかむことで、飛行機で耳が痛いのを解消します。

これなら小さな子供でも簡単にできますよね。

耳抜きの練習にもなるので、
いつの間にか、耳抜きができるようになっているかもしれませんよ。

子供のための対策その4:大きく息を吸って止める

目一杯に息を吸い込んで、10秒ほど息を止めます

いっぱい吸い込んだ空気が、息を止めることで行き場を失い、
耳の内側まで届くことで、耳の痛みを和らげてくれます。

なかなか1回では効果がないので、
5~10回は繰り返すようにしてくださいね。

親も子供と一緒にゲーム感覚でやると、
楽しみながらできるのでおすすめですよ。

子供のための対策その5:イヤホンで音楽を聞く

イヤホンからの音の刺激は、
急な気圧の変化による影響を軽くしてくれます。

鼓膜が振動することで、
自然に機内と耳の内側の気圧を合わせることができるんですね。

飛行機に備え付けのヘッドホンでも大丈夫なので、
ぜひ試してみてください。

Sponsored Link

飛行機で耳が痛い!子供向けにおすすめの対策5つ! まとめ

子供向けの飛行機で耳が痛い時のおすすめの対策5つを紹介しました。

耳抜きがうまくできれば1番いいですが、
子供が小さいとなかなかできません。

うまくできないようであれば、テッシュで鼻をかませたり
飴や飲み物を口にしたりして、うまく耳の痛みを解消してあげましょう。

せっかく楽しい飛行機も、
耳が痛いままだと子供が飛行機に乗るのがイヤになってしまいます。

そうならないためにも、
記事で紹介したことをぜひ実践してみてくださいね♪

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ