> 端午の節句のお祝い!初節句の金額の相場はいくら? | トレンド速報ニュース

端午の節句のお祝い!初節句の金額の相場はいくら?

Pocket

端午の節句といえば5月5日の「子供の日」

生まれた赤ちゃんが初めて迎える節句を初節句といって、
周囲はお祝いをしてあげるのが一般的です。

「初節句のお祝いにはどれくらいの金額を包めばいいのだろう…」
そんな疑問を持ってしまいますよね?

そこで今回は、
端午の初節句のお祝い金額の相場を贈る側別にまとめました。

また、どんな物を贈ればいいのかも合わせて紹介しているので、
ぜひ初節句を迎える赤ちゃんのお祝いの参考にしてください。

Sponsored Link

初節句のお祝い飾りは誰が贈る?

男の子を祝う端午の節句に限らず、女の子を祝う桃の節句もありますが、
誰が贈るのがいいのでしょうか?

正式なルールとしては、母親の実家からお祝い飾りを飾るのがいいです。
内孫か外孫かで、負担が変わってくるというわけですね。

端午の節句のお祝い飾りといえば、
「こいのぼり」や「五月人形」があり、
桃の節句では「ひな人形」があります。

ですが、節句飾りが高額なこともあって、
最近では両家で話し合って分担することも多く、
あまり正式なルールにこだわる必要はないですよ。

Sponsored Link

初節句のお祝いに包む金額の相場は?

贈る側との関係で変わる、
初節句のお祝いに包む金額の相場を紹介しましょう。

●母親方の祖父母…10~30万円

●父親方の祖父母…5~30万円

●親戚…品物+5,000~10,000円

●兄弟…品物+5,000~10,000円

●友人・知人…3,000~5,000円

お祝い金の相場は以上のようになっています。

金額は決まっているわけではないので、
あくまでもお祝い金を包むときの参考として考えてください。

ちなみに五月人形の相場価格は10~15万円ほど、
こいのぼりの相場は3~10万円ほどになります。

設置するスペースの問題もあるので、
贈るときには両親と相談したうえで購入するようにしてくださいね。

親戚・兄弟が初節句に贈る品物はどんな物がいい?

初節句に親戚・兄弟がお祝い金を贈るとき、
お祝い金とは別に、贈答品を用意することが多いです。

贈答品として喜ばれるのは、

・おもちゃ
・ベビー服
・カタログギフト

といったもの。

おもちゃは1歳前後の年齢に合わせて、
口の中に入れてもいいような安全性を考えた物を選びましょう。

衣類は子供の成長を見越して、
少し大きめのサイズを選ぶと喜ばれます。

カタログギフトは相手が本当に欲しい物を選べるので、
失敗することがないですよ。

端午の節句のお祝い!初節句の金額の相場はいくら? まとめ

端午の節句のお祝いについて、
贈る側との関係性で変わる金額の相場や、
どんな物を贈ると喜ばれるのかを紹介しました。

祖父母にとっては、節句飾りが大きな負担になりますよね。

贈答品を贈る場合、赤ちゃんや相手の親が喜んでくれることが大事なので、
よく相談したうえで決めるようにしてください。

兄弟や親戚の場合は、多くの金額を包む必要はありません。

金額が大きいと、相手を恐縮させ、変に気を使わせてしまいます。
お祝いの気持ちを伝えるだけで十分ですよ。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ