> なぜ風邪の前兆にくしゃみが出る?マスクをする2つの意味! | トレンド速報ニュース

なぜ風邪の前兆にくしゃみが出る?マスクをする2つの意味!

Pocket

花粉症の時期でもないのにくしゃみが止まらない…
ひょっとしたら、風邪をひく前兆かもしれませんよ?

風邪をひく前兆にくしゃみが出ることが多いですよね。

そこで今回は、なぜ風邪の前兆にくしゃみが出るのか?
について調べてみました。

また、風邪の対策として効果的なマスクですが、
マスクをすることの2つの大切な意味も紹介します。

どうしても寒い時期は風邪が流行するので、
冬を元気に過ごすためにも、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

なぜ風邪の前兆にくしゃみが出ることが多いのか?

風邪の前兆としてくしゃみが出ることがあれば、
くしゃみの前兆がなくても、風邪をひいてしまうこともあります。

そもそも”風邪”とは医学的な病名ではなく、
症状が軽い、ウイルス性の感染症全般を指します。

そのため、特定の病原体に感染するわけではないので、
その時々によって表れる症状が変わってくるんですね。

体調を崩す時に出るくしゃみは、
鼻に症状が表れる鼻風邪の前兆となることが多いです。

逆に、鼻に症状が表れない風邪の場合は、
前兆として、くしゃみが出ることは少なくなります。

もともとくしゃみは、鼻の奥の粘膜にウイルスなどの異物を感知すると、
体外に排出しようとするための生理現象です。

くしゃみは、
風邪の原因となるウイルスに感染しないための防衛機能の役割を果たしますが、
それでも防ぎきれず、ウイルスに感染してしまって風邪をひくことがあります。

風邪の前兆としてくしゃみが出てしまうのは、
防衛機能として、ウィルスを体外に排出しようとしているのと同時に、
ウィルスを防ぎきれずに、風邪をひいてしまったために、
くしゃみが出てしまうんですね。

Sponsored Link

マスクを付けてくしゃみによる風邪の二次感染を防ぐ!

くしゃみは、風邪をひかないための防衛機能ですが、
風邪をひいてしまった時のくしゃみは、周囲へウイルスを撒き散らして、
二次感染させる原因になってしまいます。

そのため、風邪をひいた時にはマスクを着用して、
他人に風邪を伝染さないようにしましょう。

風邪の病原体となるウイルスは非常に軽いので、
子供の肺活量であっても、くしゃみの勢いで数十m先まで飛んでいってしまいます。

周囲に風邪を伝染さないためにも、
絶対にマスクを着用して、被害を広げないようにしましょう。

マスクを付けて風邪予防!

風邪をひいた時、周囲に伝染さないためにマスクをすることは大切ですが、
自分自身が風邪をひかないように、
普段から風邪予防としてマスクを付けるようにしましょう。

風邪の感染経路として圧倒的に多いのは、
口や鼻からのウイルスの侵入です。

物理的にマスクを装着してブロックすることで、
体内へのウィルスの侵入を防げば、風邪を予防することができますよね。

全てのウイルスの侵入を、マスクだけでブロックすることはできませんが、
風邪をひいてしまう確率を下げることはできます。

もし冬に人が多く集まる場所に行くようなら、
誰が風邪のウイルスをもっているのか分からないので、
予防策としてマスクを着用するようにしましょう。

なぜ風邪の前兆にくしゃみが出る?マスクをする2つの意味! まとめ

なぜ風邪の前兆にくしゃみが出るのか?
風邪を予防するためのマスクの役割
を紹介しました。

風邪ウイルスを体外に出そうと、体は懸命にくしゃみをしています。

ですが、風邪をひいてしまうと、防衛機能のくしゃみも、
周囲にウイルスを撒き散らしてしまって危険です。

風邪をひいてしまったなら、
全快するまで絶対にマスクを着用するようにしてください!

また、風邪をひかないための予防策として、
冬は日ごろからマスクをするようにしましょう。

特に外出する時は、元気であってもマスクを付けるようにしてください。

風邪をひかず健康でいられるよう、
日ごろから予防対策をして、風邪をひかないようにしましょう!

Pocket

[くしゃみ, 美容・健康・医学, 風邪]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ