> 二十四節気の読み方と覚え方!語呂合わせでサクッと暗記! | トレンド速報ニュース

二十四節気の読み方と覚え方!語呂合わせでサクッと暗記!

Pocket

日本には春・夏・秋・冬の四季があります。
それを更に6等分したのが、「二十四節気(にじゅうしせっき)」

あなたは、その1つ1つの読み方を知っていますか?

そこで今回は、二十四節気の読み方や覚え方を紹介していきます。
ぜひ、参考にして話のネタにしてみてくださいね。

Sponsored Link

二十四節気のそれぞれの読み方!

二十四節気は先述した通り、四季それぞれを更に6等分したもの。
それでは、二十四節気それぞれの読み方を、春から順に紹介していきましょう。

<春>

●立春(りっしゅん) 2月4日ころ
「正月節」とも呼ばれています。二十四節気の起点。

●雨水(うすい) 2月19日ころ
昔は農耕の準備を始める目安の時期としていました。

●啓蟄(けいちつ) 3月6日ころ
八百屋さんの店先に山菜が並び始めるころです。
食卓でも四季を感じることができますね。

●春分(しゅんぶん) 3月21日ころ
春分の日。昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。

●清明(せいめい) 4月5日ころ
桜の花が咲き誇り、お花見の時期となります。どの植物も生き生きと咲きますよ。

●穀雨(こくう) 4月20日ころ
昔は田植えの準備を始める日としていたそうです。

<夏>

●立夏(りっか) 5月6日ころ
暦の上では、夏の始まり。本格的な夏の暑さはまだまだ先ですね。

●小満(しょうまん) 5月21日ころ
昔は田植えの準備を始める目安にしていたそうです。

●芒種(ぼうしゅ) 6月6日ころ
芒(のぎ)のある穀物や稲や麦などの種をまく時期とされています。
実際の種まきはもっと早い時期に行います。

●夏至(げし) 6月21日ころ
1年で昼間が1番長く、夜が1番短い日。

●小暑(しょうしょ) 7月7日ころ
どんどん本格的な夏の暑さが始まります。
梅雨の終わるころで、集中豪雨が起きやすい時期なので注意をしましょう。

●大暑(だいしょ) 7月23日ころ
快晴が続き、どんどん気温が上がり始めるころです。
このころから暑中見舞いを出します。

<秋>

●立秋(りっしゅう) 8月8日ころ
暦の上では秋が始まります。この日から残暑見舞いを出します。

●処暑(しょしょ) 8月23日ころ
萩の花が咲き、穀物が実り始めるころだといわれています。
夏バテや食中毒の被害が起きやすい時期ですよ。

●白露(はくろ) 9月8日ころ
日中はまだまだ暑い時期ですが、朝夕は涼しくなり始めます。

●秋分(しゅうぶん) 9月23日ころ
秋分の日。春分の日と同じで、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。

●寒露(かんろ) 10月8日ころ
本格的な秋が始まる日。
空気が澄んだ秋晴れの日が続くようになります。

●霜降(しもふり) 10月23日ころ
朝晩の冷え込みが厳しくなるといわれています。
初めての朝霜が見られるのもこのころです。

<冬>

●立冬(りっとう) 11月7日ころ
暦の上では冬が始まります。木枯らしが吹き始め、初雪が観察できます。

●小雪(しょうせつ) 11月22日ころ
陽射しが弱くなり、いちょうや柑橘類の葉が黄色く色付き始めます。
お歳暮の準備を始める目安の日、ともいわれているそう。

●大雪(たいせつ) 12月7日ころ
熊が冬眠に入り始めるころで、ブリなどの冬の魚の漁が盛んになります。

●冬至(とうじ) 12月22日ころ
1年で夜が1番長く、昼が1番短くなる日です。

●小寒(しょうかん) 1月5日ころ
寒さが厳しくなり始めるころ。これから冬本番になってきます。

●大寒(だいかん) 1月20日ころ
寒気を利用して、寒天や酒、味噌などを仕込むのに1番良い時期といわれています。

Sponsored Link

簡単な二十四節気の覚え方!動画と語呂合わせを紹介!

簡単に二十四節気を覚えることのできる動画を発見!
春から順番に楽しく歌って覚えることができるので、
ぜひ、チェックしてみてください。
⇒http://www.nhk.or.jp/kokugo/nihongo/?das_id=D0005150380_00000

次に、「リズムに乗せて覚える方法」、
「語呂合わせで覚える方法」
を紹介します。

共通しているのが、
「二至二分」、「四立」、「三大小」を先に覚えること。

それぞれ解説していきましょう。

●二至二分
夏至、冬至、春分、秋分

●四立
立春、立夏、立秋、立冬

●三大小
小暑、大暑、小雪、大雪、小寒、大寒

最後に残りの二十四節気を覚えていきます。
まず、リズムに乗せて覚える方法

うすい・けいちつ・せいめい・こくう・しょうまん・
ぼうしゅ・しょしょ・はくろ・かんろ・そうこう

これに好きなリズム(例:ラップ風や読経風など)に乗せて覚えます。

次に、語呂合わせで覚える方法

うすいけいちゃんはせいめいにこく(う)る。しょうぼうしょはかんそう。

うすい(雨水)けいちゃん(啓蟄)は、せいめい(清明)にこくう(穀雨)る。
しょう(小満)ぼう(芒種)しょ(処暑)は(白露)、かん(寒露)そう(霜降)。

無理やり当てはめた感は否めませんが、挑戦してみてください!

Sponsored Link

二十四節気の読み方と覚え方!語呂合わせでサクッと暗記! まとめ

二十四節気の読み方や簡単な覚え方を紹介しました。
これを機会に、ぜひ覚えてみましょう!

その年によって、二十四節気の日にちは変わるので、
毎年チェックしてみるのも楽しいですよ。

ぜひ、季節の変わり目などで話のネタに使ってみてくださいね!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ