> 喪中の範囲はどこまで?期間は?知っておきたい大人のマナー! | トレンド速報ニュース

喪中の範囲はどこまで?期間は?知っておきたい大人のマナー!

Pocket

もし親族が亡くなった場合、
どの続柄までが喪中の範囲なのか把握していますか?

特にこの時期は喪中はがきを出さなければならないので、
考えてしまう人が多いでしょう。

そこで今回は、
喪中の範囲や期間について解説していきます。

大人のマナーとして、ぜひ知っておきましょう。

Sponsored Link

喪中の範囲はどこまで?

喪中の範囲は、亡くなった人と自身との続柄によって異なり、
一般的には0親等〜2親等までが喪中の範囲といわれています。

【0親等】
自身の夫や妻

【1親等】
自身の父母、配偶者の父母、子供、子供の配偶者

【2親等】
自身と配偶者ぞれぞれの祖父母、
自身と配偶者それぞれの姉妹、兄弟
孫、孫の配偶者

0親等〜2親等までの親族に不幸があった場合、
喪中はがきを出す必要があります。

Sponsored Link

喪中はがきはどこまでの相手に出せばいい?

喪中はがきは、
新年の挨拶を控えさせていただきたい、という欠礼状なので、

年賀状のやり取りをしている相手や、
新年の挨拶を交わしている相手には出すようにしましょう。

仕事関係はどうしたらいいのか悩みますが、
プライベートな接点が無いビジネスだけの相手なら、
通常通り年賀状を出してもかまいません。

◆喪中はがきを出す時期は?

喪中はがきは、
11月中~12月初旬には相手に届くように出しましょう。

相手に喪中であることを知らせるためにも、早めに出す方がいいですね。

◆喪中はがきを受け取った場合は?

喪中はがきを受け取った場合、
こちらも喪中はがきを送り返すようにします。

喪中の期間はいつまで?

故人との続柄によって喪中の期間が違います。

【父母・義父母】12ヶ月~13ヶ月
【夫】13ヶ月
【妻】90日
【兄弟、姉妹】90日
【祖父母(父方)】150日
【祖父母(母方)】90日
【おじ、おば】90日

喪中は故人を偲ぶ期間なので、この期間中は旅行や慶事、
新年のお祝いに関するものは控えるようにしましょう。

喪中の範囲はどこまで?期間は?知っておきたい大人のマナー! まとめ

今回紹介した喪中の範囲や期間、過ごし方は一般的なものです。

住んでいる地域や宗派によって違う場合もあるので、
一度は親類など、詳しい人に聞いておきましょう。

最近では、喪中はがきも白黒ではなくカラーもOKになったりと、
時代に合わせて様々なことが変わりつつあります。

それでも、個人を偲ぶ大切な風習が喪中です。
大人として、最低限の喪中のマナーをこの機会に知っておきましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ