> コンビニATMで通帳は使える?通帳で出来ることを解説! | トレンド速報ニュース

コンビニATMで通帳は使える?通帳で出来ることを解説!

Pocket

コンビニATMは使う機会も多く便利ですよね。
そんなコンビニATMですが、そもそも通帳は使えるのでしょうか?

いつもはキャッシュカードで取引を済ませているので、
なんとなく気になる疑問ですよね。

そこで今回は、
コンビニATMで通帳は使えるのか?
通帳で出来ることを解説
してみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

コンビニATMで通帳は使える?

コンビニといえば、

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート

以上の3つが全国的に展開されている店舗です。

セブンイレブンは「セブン銀行ATM」
ローソンは「ローソン銀行ATM」
ファミリーマートでは「E-net」と「ゆうちょ銀行ATM」のコンビニATMがあります。

しかし、いずれのコンビニATMでも、
通帳を利用したサービスを受けることができません

もし、キャッシュカードではなく、通帳しか持っていないと、
コンビニATMでは何も取引ができないので注意してくださいね。

Sponsored Link

どうしてコンビニATMでは通帳が使えないの?

コンビニATMでは通帳が使えないことはあまり知られていないのか、
使えるもんだと思い込んでいる人が多いようです。

コンビニATMでも通帳が利用できれば便利ですよね。

そもそも通帳は、取引き金融機関でしか使うことができません。

例えば、三菱東京UFJ銀行の通帳であれば、
三菱東京UFJの銀行ATMでしか利用できないのです。

三井住友銀行や、みずほ、ゆうちょ銀行といった、
他の銀行に通帳を持っていっても、
通帳を利用したサービスを受けることはできません。

そのうえで、
コンビニATMでは通帳が利用できない理由が2つあります。

その理由は、

・通帳という概念が存在していない
・簡略化されコストダウンしている

の2つ。

主にコンビニATMでサービスを展開している、
「セブン銀行ATM」、「ローソン銀行ATM」、「E-net」は、
ネット銀行に分類される金融機関となります。

ネット銀行は営業所がないことから、
そもそも通帳を発行する窓口が存在していません。

一部のファミリーマートで展開している「ゆうちょ銀行ATM」には通帳が存在していますが、
機器そのものが簡略化されているので、
コンビニATMに通帳の挿入口が搭載されていないんです。

全国に設置しているコンビニATMで記帳する機能をつけてしまうと、
印字などのランニングコストが高くなってしまうため、
簡略化が図られているわけです。

記帳する機能を省くことで機器そのもののコストダウンができ、
全国に設置できるようになっているんですね。

記帳したい場合はどうしたらいい?

コンビニATMでも、取引き先以外の銀行ATMでも通帳は使えません。

もし、記帳したい場合はどうすればいいのでしょうか?

記帳するためには、

・取引き銀行の窓口に通帳をもっていく
・取引き銀行の銀行ATMを利用する

以上の2つの方法があります。

取引き銀行の窓口を利用する場合、
平日9:00~15:00で対応してもらえます。

わずらわしい機器の操作を必要としないので、
銀行ATMのような機器を使うのが苦手という方にはオススメですよ。

取引き銀行の銀行ATMを利用するなら、
金融機関によって営業時間は異なりますが、
平日はもちろん、土日祝日でも9:00~21:00と、
幅広い時間で対応しています。

記帳するにはこの2つの方法しかありません。

ネットバンクや電子マネーが普及している事を考えると、
通帳は今後なくなっていくかもしれませんね。

通帳だけで利用できるサービスとは?

金融機関によってサービスに違いはありますが、
一般的に通帳だけで利用できるサービスは、

・現金の預入れ
・記帳

以上の2つになります。

現金の引出しや口座からの振込みといった事は、
通帳だけではできません。

キャッシュカードと違い、利用できるサービスにかなり限りがありますよね。

これは、もし通帳を紛失してしまい、第三者の手に渡ってしまっても、
利用制限があることで損失が出ないように守られているんです。

キャッシュカードの場合、暗証番号が分かってしまうと、
現金の引き出しができてしまいますが、
通帳の場合、そういった事ができないので、紛失してもちょっと安心できますね。

キャッシュカードがない場合は通帳で引出しできる?

原則として、
たとえキャッシュカードを紛失してしまった場合でも、
通帳だけでは現金を引出しできません

ですが、限られた条件でのみ、
通帳を使って現金を引出す事ができます。

通帳を使って現金を引出すには2つの条件があり、

・銀行印をもっていくこと
・取引き銀行の窓口に行くこと

これらを満たせば、
キャッシュカードがなくても現金を引出すことができます。

銀行印とは、口座を開設したときに使った印鑑。

キャッシュカードを紛失してしまった場合、
通帳と合わせて、銀行印を取引き銀行の窓口に持っていくことで対応してくれます。

銀行窓口は営業時間も短く、利便性には欠けますが、
キャッシュカードを紛失した時の最終手段として覚えておきましょう。

Sponsored Link

コンビニATMで通帳は使える?通帳で出来ることを解説! まとめ

コンビニATMでは通帳は利用できず、使えない理由も解説しました。

また、通帳だけで利用できるサービスから、
キャッシュカードを紛失したときに現金の引出し方も紹介しました。

通帳と銀行印をつかった現金の引出しには、
暗証番号などの確認も必要としないので、
どちらも無くしてしまうと最悪です。

通帳・銀行印は紛失することがないよう、
必要がなければ自宅で大切に保管しておきましょう。

どちらも紛失してしまった場合、心当たりが無ければ警察に届出を行い、
銀行窓口で相談するようにしましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ