> 硬い髪質を柔らかくする方法!シャンプーで柔らか髪質に! | トレンド速報ニュース

硬い髪質を柔らかくする方法!シャンプーで柔らか髪質に!

Pocket

硬い髪質で困ってはいませんか?
髪質が硬いと、うまく髪がまとまらないし、日ごろの手入れに時間がかかりますよね。

もし髪質を柔らかく変えられるとしたらどうでしょう。
日常生活が大きく変わるし、きっとオシャレが楽しくなるはず。

硬い髪質を柔らかくする方法を、シャンプーの選び方から、
簡単にできる髪の手入れまで紹介するのでで、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

どうして髪質は人それぞれ違うのか?

髪の太い・細いはほとんど遺伝によって決まり、
髪が太いと、ごわごわしてした硬い髪質になります。

残念ながら、髪質は生まれつきのものなので、
基本的には変えようがありません。

だからといって、すぐに諦めるのは早いですよ!
手入れの仕方ひとつで、簡単に硬い髪質を柔らかくすることは可能。

髪の毛が太いと髪質が硬くなってしまいますが、
髪質の硬さを決定づけるのは、髪に含まれる油分と水分です。

要は太い髪質に合わせた手入れをすれば、
簡単に硬い髪質を柔らかくすることができるということ。

生まれつきの髪質は変えることはできなくても、柔らかい髪を維持できますよ。
自分自身の髪質と向き合って、サラサラの柔らかい髪質を手に入れましょう!

Sponsored Link

硬い髪質を柔らかくする方法とは?

髪の毛の手入れというと、
美容・理容といった、プロに委ねるものを想像するかもしれないですが、
日常生活で簡単にできる方法があります。

硬い髪質を柔らかくする簡単な方法とは、

・アミノ酸シャンプーを使う
・ドライヤーで髪を乾かす

の2つ。

シャンプーは、頭皮の皮脂の汚れをとって清潔に保つものですが、
髪の毛にとっては洗浄力が強いため、
本来は髪に必要な油分まで奪ってしまいます。

髪の毛の油分が奪われると、水分まで失われてしまい、
太い髪だと、ごわごわした硬い髪質になります。

アミノ酸シャンプーは、普通のシャンプーとは違い、
髪の潤いを保つために専門的に開発された商品で、
油分の代わりに髪の毛に潤いを与えてくれるもの。

洗髪で油分を失ったとしても、アミノ酸が失われた油分を補い、
髪の毛の潤いを保ってくれるというわけです。

ドライヤーで髪を乾かすのも重要で、
濡れたままの状態が長いと、髪の毛が傷んでしまい、
水分を失う原因となります。

髪の毛が濡れた状態だと、
髪の毛の組織の切れ目が開いたまま乾いてしまい、
そこから水分が逃げてしまいます。

タオルで髪の毛の水分を十分に拭き取ったあと、
ドライヤーで乾かすようにすれば、
髪が濡れている時間を短くすることでき、髪の潤いを保つことができますよ。

硬い髪質を柔らかくするオススメのシャンプーを紹介!

先ほど紹介したアミノ酸シャンプーは、
パッケージをよく見ないと確認できません。

そこで、簡単に入手できて、
硬い髪質を柔らかくするオススメのシャンプーを紹介しましょう!

メーカー:The rose shop
商品名:薔薇bihatu ブルガリアローズシャンプー(360ml)

商品名やメーカー名にもあるように、
薔薇の香りで髪の毛が包まれるシャンプー。

もこもこした泡立ちが髪の毛を大切に洗い上げてくれます。

メーカー:コスメボーゼ
商品名:セルピュア ノンシリコンシャンプー(300ml)

人気の美容皮膚科クリニックが監修のもとで作り上げられたシャンプー。
天然成分のみを配合しているので、頭皮が敏感な方にもオススメですよ。

メーカー:ビバニーズパドック
商品名:ビバニーズ アミノ酸シャンプー(360ml)

薬用成分を配合しているため、
頭皮をマッサージしながら洗髪すれば発毛も促されますよ。

硬い髪質を柔らかくする方法!シャンプーで柔らか髪質に! まとめ

髪質が硬い原因と、硬い髪質を柔らかくする方法を紹介しました。

髪質を柔らかくするには、
普段使っているシャンプーを見直すことから始めましょう。

また、ドライヤーを使って髪を十分に乾かすことも重要です。

以上のポイントを押さえておけば、
きっと硬い髪質に悩まされることもなくなるでしょう。

アミノ酸シャンプーは、一般的なシャンプーと比べて値段は高めですが、
硬い髪質が柔らかくなる事を考えると、そこまで大きなコストに感じないはず。

髪質が柔らかくなれば、お出かけ前の髪型を整える時間を短くでき、
さらに、これまでできなかったヘアアレンジを楽しめるでしょう。

今回の記事で紹介した方法を実践して、
サラサラヘアーを手に入れてくださいね!

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ