> コンビニATMの現金振込のやり方!簡単にできる裏テク! | トレンド速報ニュース

コンビニATMの現金振込のやり方!簡単にできる裏テク!

Pocket

食べるものから日用品まで、さまざまな商品が販売されているコンビニ

電気代から水道代、ガス代、電話料金まで支払いを済ませることができて、
本当に便利ですよね。

ほとんどの店舗では、コンビニATMが設置され、
現金の預入れ・引出しをすることができます。

ところで、コンビニATMでは現金の振込みをすることができるのでしょうか?
もし可能なら、銀行に行く手間を省くことができますよね。

そんな裏技を紹介するので、ぜひ、最後まで記事を読んでくださいね。

Sponsored Link

コンビニATMで現金振込はできる?

基本的に、コンビニATMから現金のみで振込をするのは不可能です。

コンビニATMでできることは、

・残高照会
・現金の引出し
・現金の預入れ
・口座からの振込

以上の4つ。
つまり、コンビニATMはキャッシュカードのみの窓口ということです。

コンビニATMは銀行ATMと比べて簡易的なため、
どうしても機能・サービスといった面で劣り、現金での振込はできません。

ですが、諦めてしまうのはまだ早いですよ。

コンビニATMの機能をフル活用すれば、
現金で振込みすることは可能です。

その方法は簡単で、
口座に現金を預入れしてから振込をすればいいだけです。

ちょっと面倒ですが、近くの銀行を探す手間を考えると、
まだ簡単に済ませられる方法ではないでしょうか?

Sponsored Link

コンビニATMの現金振込で必要なものは?

基本的に、コンビニATMから現金のみで振込をすることはできません。
現金のみで振込をしたいのであれば、銀行ATMを利用しましょう。

コンビニATMを使う場合、絶対にキャッシュカードが必要になります。

預金通帳を持っていても、コンビニATMでは使うことができないので、
キャッシュカードを忘れないようにしてくださいね。

コンビニATMでは、最初にキャッシュカードを入れ、
暗唱番号を入力することで、はじめて機能・サービスを利用できますが、
コンビニATMと提携をしていないと、口座からの振込ができません。

コンビニATMの端末に、提携している金融機関が提示されているので、
自分のキャッシュカードが該当するか、しっかり確認しましょう。

コンビニATMで現金振込のやり方とは?

ここでは詳しく、コンビニATMから現金で振込をする方法を解説していきます。

まずはコンビニATMを利用して、自分の口座に現金を預入れしましょう。

1.キャッシュカードをコンビニATMに挿入
2.画面の預入れをタッチ
3.暗証番号を入力
4.コンビニATMの金銭投下部に現金をセット
5.口座に預入する金額を入力する

以上の手順を踏めば、口座への預入れは完了です。

挿入していたキャッシュカードが出てきて、
取引明細が印字されますので、どちらも忘れないようにしてくださいね。

続いてコンビニATMを利用して、口座から振込操作をしていきましょう。

1.キャッシュカードをコンビニATMに挿入
2.画面の振込をタッチ
3.暗証番号を入力
4.振込する金額を入力
5.振込先の金融機関を選択
6.振込先の銀行口座を入力
7.自分の電話番号を入力

以上の手順で、口座からの振込は完了です。

こちらでも、挿入していたキャッシュカードと、
取引明細が印字されるので、どちらも忘れずに取るようにしましょう。

そんなに難しくないですよね?

操作そのものは複雑なことはしていないので、
数分で、口座への預入れからの振込までを済ませることができますよ。

コンビニATMで現金振込にかかる手数料は?

コンビニATMからの現金振込は、
条件さえ整っていれば便利なテクニックですが、デメリットもあります。
それは、手数料が2重・3重に発生する可能性があること。

コンビニATMを利用して口座から振込をする場合、

・コンビニATMの使用手数料
・キャッシュカードの金融機関の振込手数料

以上2つの手数料が発生します。

コンビニATMの使用手数料は108円の場合が多いですが、
キャッシュカードの金融機関の振込手数料は、金融機関によってさまざま。

取引き時間によっても手数料は変わってきます。

一般的なメガバンク、UFJを例に出すと、
他銀行宛て30,000円未満の振込なら、手数料は270円になります。

コンビニATM使用手数料108円+UFJの振込手数料270円=378円

コンビニATMから現金を預け入れして振込をすると、
このように手数料が2重でかかってしまいます。

場合によっては、自分の口座への預入れで108円の手数料が発生する事もあり、
そうなると3重の手数料がかかってしまいます。

利便性が良い代わりに手数料が高くなるのが、
コンビニATMから現金振込をするときのデメリットですね。

Sponsored Link

コンビニATMの現金振込のやり方!簡単にできる裏テク! まとめ

コンビニATMの現金振込のやり方を詳しく解説してきました。

手数料は高くなりますが、費用よりも時間が惜しいという場合は、
今回紹介したテクニックを使ってみてください。

できることなら、銀行ATMを利用したほうが安上がりですが、
緊急手段として、コンビニATMで現金振込する方法があることを知っておくと、
いざという時に役立つはずです。

頻繁に利用すると、手数料が思いの外かかるので、
頭の片隅に入れておくといいですよ。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ