> 忘年会の由来と意味とは?酒のツマミになる豆知識! | トレンド速報ニュース

忘年会の由来と意味とは?酒のツマミになる豆知識!

Pocket

急に季節が進み、寒くなってきましたね。
この時期になると、あちこちで忘年会の話題が聞こえてきますよね。

あなたは忘年会が開かれるようになった、
由来や意味を知っていますか?

年末のお約束として忘年会をしていますが、
改めて考えてみると、由来や意味なんて知らないですよね。

そこで今回は、忘年会の由来と意味を調べて記事にしてみました。

これからの忘年会シーズン、豆知識として知っておくと、
話のネタとして役立てることができますよ!

Sponsored Link

忘年会が開かれるようになった由来とは?

今では年末の風物詩として、
あちこちの会社で行われるている忘年会

中には学生のサークルや部活動でも忘年会をしているところが多いです。

でも、どうして忘年会って開かれるようになったのでしょうか?
ここでは由来を解説していきましょう!

日本で初めて忘年会が開かれたのは、なんと「室町時代」!
(「鎌倉時代」という説もあり)

「としわすれ」という、年末にみんなで酒を飲み、
連歌を読む行事が忘年会の始まりです。

ずいぶん昔から、
日本人は年末に集まって楽しむのが大好きだったみたいですね。

忘年会が完全に年中行事になったのは「明治時代」
官僚や学生たちにより、一気に日本全国へ広まっていきました。

学生は年始に故郷へ帰り、
官僚は、年末の御用納め後にボーナスが入ります。

年末は人数が集まりやすいということから、
忘年会が開かれることが多くなり、それが現在まで続いているんですね。

ちなみに、この忘年会という習慣。
実は日本独特のものだということ知っていますか?

実際に世界の共通語である英語はもちろん、フランス語やドイツ語でも、
忘年会という意味の言葉は存在しません

確かに外国では、年末は家族で過ごすもの、
というイメージが強いですよね。

今年の忘年会も、みんなで集まってお酒を酌み交わしましょう!

Sponsored Link

忘年会の意味とは?

忘年会の由来は分かりましたが、
では、忘年会にはどんな意味があるのでしょうか?

忘年会には、
「今年のイやなことや苦労したことはきれいに忘れて、新しい年を迎えよう!」
といった意味が込められています。

このような、意味合いが含まれ始めたのは「江戸時代」のころ。

忘年会の由来と同じく、忘年会の意味も、
昔からの日本の文化に根付いたものなんですね。

ですが、最近では、

「わざわざ年末まで会社の人と過ごしたくない」
「年末くらい家でゆっくり過ごしたい」

と、忘年会に参加しな人が増えてきています。

自由参加なので断るのが悪いわけではないですが、
忘年会という日本独特の習慣も減っていくかもしれませんね。

忘年会の由来と意味とは?酒のツマミになる豆知識! まとめ

忘年会の由来と意味について、紹介しましたがいかがでしたか?

「としわすれ」が行われていたころから全国区になる明治時代までは、
地位の高い人しか忘年会に参加できませんでした。

それが徐々に民衆に広まり、現在の形になっていったんですね。

今年の忘年会にはこの記事の話をネタにして、
忘年会を楽しんできてくださいね!

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ