> 忘年会に行きたくない時の言い訳!スマートに断れる言い訳集! | トレンド速報ニュース

忘年会に行きたくない時の言い訳!スマートに断れる言い訳集!

Pocket

今年も忘年会のシーズンがやってきましたね!

1年の苦労をねぎらい、来年に向けて英気を養う恒例行事ですが、
最近では、そんな忘年会に行きたくない!
という人が増えてきています。

忘年会を楽しめる人はいいですが、
全ての人がそうではないですからね。

ですが、普段の飲み会ならまだしも、
大勢の人が参加する、1年に1回の忘年会を断るのは、
なんだか気が引けてしまうのも事実。

そこで今回は、忘年会に行きたくない!という人におすすめする、
スマートに断れる言い訳をまとめました。

ぜひ参考にして、スマートな言い訳をしてみてくださいね。

Sponsored Link

忘年会の日程が決まっている場合のスマートな言い訳

すでに忘年会の日時や場所が決まっている場合
忘年会を断る言い訳はかなり気を遣わないといけません。

バレバレな言い訳を伝えてしまうと、
社交性がない、つまらない人、といったレッテルを貼られてしまいます。

本来、自由参加のはずの忘年会ですが、
こんなレッテルを貼られてしまうと、職場にも居づらくなってしまいますよね。

そこで、
「本当は出席したいんだけど、どうしても出席できない!」
と思ってもらえるような言い訳をしましょう。

例えば、

・年末なので遠方の親戚も集まって食事会をする予定になっている。
・学生時代の同窓会があるため地元に帰らなくちゃいけない。

など、もっともらしい言い訳は使えますよね。

他にも、当日になって、

・身内(親・兄弟)が怪我をした、入院してしまった
・風邪またはインフルエンザかかってしまった。
(この場合は会社を休む必要がある)

なども、定番ですが使える言い訳です。

ただし、これらの言い訳はまず間違いなく「ウソ」をつくことになるので、
あまり気分的にいいものではないですよね。

いっそ正直に、

・お酒が飲めない
・煙草の煙がイヤ
・ノリが嫌い

ハッキリと断ったほうがいいかもしれません。

いずれにしても、忘年会に行かない!という意思表示をしてください。

Sponsored Link

忘年会の日程が決まっていない場合のスマートな言い訳

忘年会の日時が決まっていない場合
ポイントは、どの日に決まったとしても不自然ではない言い訳を考えること。

せっかく断っても、
「じゃあこの日なら出れるよね?」
と念を押されてしまっては何も言えません。

なので、

・子供の面倒を見なくちゃいけない。
・予定があって都合がつけない。

など、忘年会を開く日になりそうなあたりは、
予定が詰まっていることを匂わせましょう。

もしくは、出席できることにしておいて、
当日都合が悪くなった言い訳をしてキャンセルする方法もあります。

この場合も、忘年会に行きたくない!という意思表示が大事ですよ。

忘年会に行きたくない時の言い訳!スマートに断れる言い訳集! まとめ

忘年会は、1年に1回、その年の苦労をねぎらい、
来年に向けて英気を養う伝統行事のようなものです。

なので、断るのは勇気がいるし、多少の負い目もありますよね。

それでも、本当に忘年会に行きたくないのなら、
しっかりと断るようにしましょう。

気分が乗らずイヤイヤ参加しても、
心から楽しむことはできません。

ウソを付くのが苦手なら、
正直に忘年会に参加したくない言い訳をして、
ハッキリと断りましょう。

それで風当たりが強くなるようなら、その程度の人達ということです。

多くの人は、きっとあなたの気持ちを汲んでくれるはずよ。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ