> 浴槽の頑固な水垢の落とし方!驚きの3つの掃除テクニック! | トレンド速報ニュース

浴槽の頑固な水垢の落とし方!驚きの3つの掃除テクニック!

Pocket

浴槽の水垢。
頑固で取れないものがありますよね〜

そんな頑固な水垢を落としきれず、
みなさんはあきらめていませんか?

そこで今回は、
浴槽の頑固な水垢を、手間をかけずキレイにする3つの掃除テクニックを紹介します!

水垢の頑固レベルに応じて紹介していますが、
レベルが上がるほど、浴槽を傷めてしまう可能性も上がります。

なので、必ずレベル1から実践するようにしてください。

また、絶対にやってはいけないことも合わせて紹介しているので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

浴槽の頑固な水垢を落とす3つの掃除テクニック!

それでは、浴槽の頑固な水垢の問題を解決する、
3つの掃除テクニックを紹介します。

レベル1:酸性洗剤を使って掃除する!

水垢というと汚れの印象がありますが、
その正体は、水道水にわずかに含まれているミネラル分です。

ミネラル分は、アリカリ性なので、
アルカリ性に相反する酸性のものを使うと効果的に落とすことができます。

酸性の浴室洗剤を水垢に吹きかけ、
スポンジでこするだけでキレイにとれるはず。

それでも水垢を落としきれないようであれば、
キッチンペーパーを用意して、酸性の浴室洗剤で湿らせ、
水垢が気になる部分に一晩貼っておきましょう

仕上げにスポンジでこすれば、キレイに汚れが取れますよ。

レベル2:強酸性水を使って掃除する!

強酸性水は市販の販売店では簡単に入手できるものでありません。

ですが、ネット通販を利用すれば、
手間をかけずに取り寄せることが可能です。

強酸性水の使い方は、酸性の浴室洗剤と同じく、
頑固な水垢に吹きかけてからスポンジでこすります。

これだけで、キレイに頑固な水垢が取れるでしょう。

それでも水垢が取れないようなら、同じくキッチンペーパーを使い、
一晩つけ置きしてみてください。

仕上げにスポンジでこすり、強酸性水をキレイに洗い流せば、
浴室が見違えるほどキレイになっていますよ。

レベル3:歯磨き粉を使って掃除する!

最終手段の歯磨き粉を使う方法は、浴槽を傷つけるリスクが高いので、
やり過ぎ・力加減に気をつけてください。

スポンジに歯磨き粉をつけて、
水垢の気になるポイントをこすっていきます。

歯磨き粉には研磨作用があるので、
どんな頑固な水垢でも、確実に取ることができます。

この方法で掃除するのは、必要最低限にしておいてください。

Sponsored Link

浴室掃除でやってはいけないこと!

レベル1~3まで、浴槽の頑固な水垢の落とし方を紹介してきましたが、
絶対にやってはいけないことがあります。

それは、

・酸性洗剤とアルカリ性洗剤を混ぜない
・強酸性水とアルカリ性洗剤を混ぜない
・クレンザー洗剤はつかわない
・メラミンスポンジはつかわない

以上の4つは絶対にやらないでください!

アリカリ性洗剤に、酸性洗剤・強酸性水が混ざると、
人体に有害なガスが発生します。

意図的に混ぜることはしなくても、
偶然に混ざってしまう可能性があります。

普段の浴室掃除につかっている洗剤がアリカリ性ではないか、
事前に確認しておきましょう。

クレンザー洗剤・メラミンスポンジは、歯磨き粉と同じく研磨作用があるため、
浴槽の水垢をキレイに落とすことができます。

しかし、歯磨き粉よりも研磨作用が強いので、
浴槽に与える損傷が激しいです。

なので、浴槽の掃除には、
クレンザー洗剤・メラミンスポンジは使わないようにしてください。

浴槽の頑固な水垢の落とし方!驚きの3つの掃除テクニック!

浴槽の頑固な水垢の落とし方を、レベルを分けて紹介しました。

基本的にはレベル1の掃除方法をするだけで、
キレイに水垢を落とすことができるはずです。

浴槽が傷ついてしまうと、
逆に水垢がつきやすくなってしまい、悪循環を招いてしまいます。

レベル2以上の実践は、細心の注意を払うようにしてください。

浴槽掃除でやってはいけないことも簡単に紹介しました。
命の危険が伴う場合もあるので、使う洗剤の種類には注意してください。

頑固な水垢を落とし、ピカピカの浴槽で、
快適な入浴を楽しんでくださいね!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ