> 子供の喉に魚の骨が刺さった!おすすめの取り方と予防方法! | トレンド速報ニュース

子供の喉に魚の骨が刺さった!おすすめの取り方と予防方法!

Pocket

骨があるので、魚を嫌う子供は多いですよね。

子供の喉に魚の骨が刺さろうものなら、
トラウマになり、魚を食べようとしなくなるかもしれません。

魚料理は日本の食文化を象徴するもので、
魚は子供の発育には素晴らしい栄養源となります。

子供の成長のためにも、積極的に魚を食べさせてあげたいですよね。

そこで今回は、魚を食べるときに付きまとう骨の問題を、
子供にスポットを当てて紹介していきます。

・刺さったときにはどうすれば?
・魚の骨が取れないときの対応
・魚の骨が喉に刺さらない予防策

このようなポイントで内容をまとめているので、
ぜひ記事を参考にしてみてください。

Sponsored Link

子供の喉に魚の骨が刺さったときの安全な取り方は?

魚の骨が喉に刺さったときの対応は、
あちこちで数多くの方法が紹介されています。

恐ろしいのは、間違った情報が多いということ。

ご飯やお餅を飲み込む方法が有名ですが、
これは喉に刺さった魚の骨が、さらに奥深く刺さってしまう可能性があります。

また、ご飯やお餅を喉に詰まらせてしまい、
呼吸ができなくなってしまう場合があるので、
子供にとっては非常に危険な方法だといえますね。

子供の喉に魚の骨が刺さった場合のおすすめの方法は、

・咳払い
・うがい
・首の運動

以上の3つが、安全な子供の喉に刺さった魚の骨の取り方になります。

咳払いは喉の異物を体外に出すためのものなので、
喉に刺さった魚の骨を取るのにも有効です。

うがいするのも効果的で、喉元まで水を入れてガラガラすることで、
刺さった魚の骨が取れるでしょう。

首をねじるような運動も、喉がよじれ、刺さった魚の骨を取ってくれます。
急に首を動かすと逆効果になるので、ゆっくりと首を動かすようにしてください。

咳払いと首の運動を合わせて行なうと、さらに効果が高まりますよ。

Sponsored Link

子供の喉に魚の骨が刺さって取れないときは?

喉に刺さった魚の骨は、
大人の場合、1~2日放置しておけば自然に取れる可能性がありますが、
子供の場合、自然に取れる可能性は少ないです。

その理由は、大人と比べても子供は体が小さいので、
喉が大人よりも狭くなっています。

そのため、大人よりも深く魚の骨が喉に刺さってしまうことが多く、
なかなか自然に取れないということがよくあります。

上で紹介した魚の骨を取る方法を試してみて、
それでダメな場合は病院に行き、耳鼻口腔科を受診しましょう。

簡単にピンセットで魚の骨を抜いてくれますよ。

よほど深いところに魚の骨が刺さっている場合を除き、
ほとんど苦痛はなく、簡易的な処置で済むので、
子供にとっては、苦手な注射よりもずっとハードルが低く感じることでしょう。

子供の喉に魚の骨が刺さらないための予防方法!

子供は喉に魚の骨が刺さる経験をすると、
魚料理そのものを嫌ってしまいます。

子供に魚を食べさせる時には、
喉に魚の骨が刺さらないよう、あらかじめ予防対策をしておくといいですね。

予防方法には3つのポイントがあります。

・調理で工夫する
・魚の骨を綺麗に取り除く
・ゆっくり食事をとる

以上のポイントを意識して、魚を料理してみてください。

魚肉をミンチにするような料理をすれば、
子供の喉に魚の骨が刺さることはまずありません。

焼き魚・煮魚を出す場合は、口に入れる前に、
皿の上で魚の骨を取ることを徹底させましょう。

目に見える大きな骨を取り除くだけでも、
喉に刺さるリスクがかなり少なくなりますよ。

ゆっくり食事を取るのと同時に、よく噛む習慣を付けさせるのも、
子供の健康のためにいいですね。

ゆっくり、よく噛んで食べることを意識していれば、
飲み込んでしまう前に、口から魚の骨を出すこともできます。

親子間のコミュニケーションの一環として、
子供に魚の食べ方を教えてあげてくださいね。

子供の喉に魚の骨が刺さった!おすすめの取り方と予防方法! まとめ

子供の喉に刺さった魚の骨の対応は、安全なことが大切です。

今回紹介した方法は、安全なものばかりなので、
子供の喉に魚の骨が刺さって困ったときには、ぜひ実践してみてください。

魚好きな大人は出世すると言われています。

子供の将来を思うなら、積極的に魚を食べさせて、
魚の美味しさを子供のころから教えてあげましょう。

魚の骨が喉に刺さってしまう心配は、
紹介した予防策と対応策の2つを覚えておけば大丈夫ですよ。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ