> こんにちはとこんにちわ!本当に正しいのはどっち?由来は? | トレンド速報ニュース

こんにちはとこんにちわ!本当に正しいのはどっち?由来は?

Pocket

みなさんこんにちわ!

あなたは、「こんにちは」と「こんにちわ」
どっちが正しいのか胸を張って答えられますか?

最近では2通りの表記が混在しているので、
どっちが正しいのか、その辺が曖昧に感じられますよね。

語尾は「は」なのか、「わ」なのか、迷うことがあるという方に、
本当に正しいはどっちなのか、答えを伝授します。

歴史を紐解いて、言葉の由来を知れば、
迷うことなくどっちが正解か分かりますよ。

Sponsored Link

「こんにちは」の由来は?

挨拶文の、
「今日は、大変お日柄も良く~」
という前口上。

この「今日は」こそ、「こんにちは」の挨拶の由来なんです。
ということは、正しいのは「こんにちは」ということになりますね。

日本語は簡略化されることで発展してきた言語です。

それが象徴的なのが漢字で、中国と日本語の漢字では、
同じ漢字なのに微妙に違いますよね。

漢字は中国から伝えられ、
日本で独自に簡略化が進められて今の形になっています。

それと同じように、挨拶文の頭の言葉である、
「今日は」を「こんにちは」として、
残りの文章を省略して挨拶代わりに使うようになり、できた言葉なんです。

Sponsored Link

「こんにちわ」は間違い?

「こんにちは」が正しいことが分かりましたが、
じゃあ「こんにちわ」が間違いなのか、と言うとそうではありません。

文章においては、「こんにちは」と書くのが正しくても、
読むときには「こんにちわ」と言いますよね。

つまり、

・「こんにちは」は文語体
・「こんにちわ」は口語体

ということです。

かしこまった文章を書くときには、絶対に「こんにちは」と書くべきですが、
親しい間柄に送るメールのようなメッセージなら、
「こんにちわ」という表現でも問題ありません。

口語体の特徴は、相手との距離感を縮められることと、
柔らかい印象を与えられること。

「こんにちは」より「こんにちわ」の方が、親しみのある印象を受けますよね。

「こんにちわ」は間違いではなく、使い分けが大切なので、
用いる場面によっては、正しい言葉になるというわけです。

「こんにちは」と「こんにちわ」 どっちが正しいか変化する時がくる?

現在においては、「こんにちは」が正しい日本語ですが、
この先も変わらずに「こんにちは」が正しいとはいえません。

場合によっては、「こんにちわ」が正しいものに変わる可能性があります。

漢字の例も去ることながら、これまで日本語は変化し続けてきた言葉です。

言葉の意味や読み方が変わった例も数多くあり、
例えば「役不足」という言葉は、
本来は、「本人の力量に対して与えられた役割が不足している」ことを指すものです。

ですが、現代では逆の意味で使われることが多く、
「与えられた役割に対し本人の力量が伴っていない」場合に使いますよね。

その他にも、漢字の読み方の例でいえば「重複」

「ちょうふく」と読むのが正しい読みですが、
現在は「じゅうふく」が一般的になっています。

多くの人が新しい使い方をして、それが世間に浸透すれば、
そっちが正しいものに変化していくのが日本語なんですね。

「こんにちは」という表記が使われなくなって、
「こんにちわ」を用いる人が増えれば、
正しい表記が変わってくる可能性もゼロではありません。

これからは、「こんにちは」と「こんにちわ」の使い方を、
見定めていく必要がありますね。

「こんにちは」という表記が死語となり、
いつの間にか時代に取り残されているかもしれませんよ。

こんにちはとこんにちわ!本当に正しいのはどっち?由来は? まとめ

「こんにちは」と「こんにちわ」、どっちが正しいのか理解できましたか?
答えは、どちらも正解なんです。

記事の冒頭で、「こんにちわ」という表現をしたのも意図的なもの。

場面や目的によって使い分けができれば、
表現の幅を広げられますよ。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ