> ベテルギウスの超新星爆発はいつ?地球にどんな影響がある? | トレンド速報ニュース

ベテルギウスの超新星爆発はいつ?地球にどんな影響がある?

Pocket

ベテルギウスと聞いて、すぐに星のことを思い浮かべられるのであれば、
あなたは天文学通だといえますね。

ベテルギウスとは、太陽と同じく宇宙にある恒星で、
オリオン座をかたどる星でもあり、冬の大三角の1つの星でもあります。

その大きさを太陽系に当てはめると、
木星まで覆ってしまうほどの大きさになります。

とてつもないスケールですよね。

しかし、そんなベテルギウスですが、
現在は膨張し続けていて、恒星としての寿命を終え、
超新星爆発を間近に控えていると言われています。

そんなベテルギウスの超新星爆発について、

・超新星爆発はいつ起きるのか?
・どうして超新星爆発が起きるのか?
・地球にも影響があるのか?

といったことを記事にまとめてみました。

Sponsored Link

ベテルギウスの超新星爆発はいつ起きる?

ベテルギウスの超新星爆発がいる起きるのか?
その時期は、実は明確には分かっていません。

数年前から、今年中にベテルギウスは超新星爆発するとは言われ続けていますが、
今のところ、超新星爆発は起きていないのが現状です。

すでに超新星爆発をしているのかもしれませんが、
本当のところは誰にも分かりません。

なぜなら、ベテルギウスは地球から640光年離れた場所にあるためです。

光年とは光の速さで1年かかる距離のことで、
夜空を眺めて見えるべテルギウスも、実は640年前の姿ということになります。

まもなくベテルギウスが超新星爆発すると噂になっていますが、
天文学は途方もない単位で語られるもの。
100~200年後や数千年・数万年後の可能性もあるのです。

「まもなく」を私たち人間の感覚に当てはめて、
今年中と考えるのが、ナンセンスなのかもしれませんね。

Sponsored Link

ベテルギウスの超新星爆発はどうして起きるのか?

膨張しているベテルギウスの中では、熱による核融合が進んでいます。

そもそも恒星とは、

・核融合によって膨張する力
・重力によって収束する力

2つの相反する力のバランスによって成り立っています。

ベテルギウスの核融合は、軽い元素を燃料として発生していて、
その燃料である元素が尽きてしまうと、
膨張する力は消え、重力によって収束する力が一気に強くなります。

すると、エネルギーが一点に集まり、
いよいよ超新星爆発を起こすことになります。

超新星爆発が起きると、恐ろしいほどの衝撃波を生みだし、
同時に、ガンマ線バーストと呼ばれる現象が起きると言われています。

ベテルギウスの超新星爆発による地球への影響は?

ベテルギウス地球から640光年も離れた場所にある恒星なので、
その影響がどれほどのものになるのかは、誰にも分かりません。

生物にとって有害とされるガンマ線を大量に放出するガンマ線バーストも、
地球に住んでいる私たちに、絶対に影響がないとは言い切れないのが現状です。

では、地球に大量のガンマ線が降り注ぐとどうなるのでしょうか?

地球上のほとんどの生物は絶滅し、
私たち人類も、甚大な被害を受けることになるでしょう。

ですが、ベテルギウスが超新星爆発をしたとしても、
その衝撃波の影響が地球に及ぶまでに、640年以上の時間がかかります。

そして、地球とベテルギウスは距離が離れすぎているので、
ガンマ線が地球にまで及ぶ可能性は少ないとも考えられます。

また、ベテルギウスの超新星爆発の強い光は昼間でも見え、
太陽が2つあるかのように明るくなるとも言われています。

いずれにしても、ベテルギウスのような巨大な恒星の超新星爆発を、
人類は今までに経験したことがないため、
地球がどれくらい影響を受けるのかといったことは、予想でしかありません。

ベテルギウスの超新星爆発はいつ?地球にどんな影響がある? まとめ

ベテルギウスの超新星爆発についてまとめてみました。

現時点では、ベテルギウスの超新星爆発による地球への影響は、
あまり気にする必要はありません。

しかし、近い将来に、
オリオン座と冬の大三角形をかたどる星が消えてしまう可能性があります。

あまりニュースに取り上げられることのない情報ですが、
今はただ静かに、ベテルギウスを見守るしかありませんね。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ