> ケーキの賞味期限切れ!2日3日は平気?更に長期保存する方法! | トレンド速報ニュース

ケーキの賞味期限切れ!2日3日は平気?更に長期保存する方法!

Pocket

ケーキを買ったはいいけど食べるのを忘れていた、
1人で食べるには量が多すぎて何日かに分けて食べる。

そんな経験はありませんか?

ケーキの賞味期限が切れてしまい、
処分するときには、

「せっかく買ったのにもったいない…」

という気持ちが強くなりますよね。

そこで今回は、ケーキの賞味期限切れは2日や3日まで大丈夫なのか?
さらにケーキを長期保存するテクニックについて記事にまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

ケーキの賞味期限切れ!2日や3日は大丈夫?

洋菓子店で売られているケーキ
その賞味期限は短く、購入した翌日までというケースが多いです。

ここで注目したいのが「賞味期限」

賞味期限とは、美味しく食べられる期限なので、
翌日までは味が落ちないと解釈できます。

1日くらいなら賞味期限が切れても、
口にして腹痛を起こすことはない、ということです。

なので、購入日から2日〜3日以内であれば、
問題なくケーキを食べることができますよ。

Sponsored Link

ケーキの消費期限はいつまで?

味の保証がされているのが賞味期限なら、
消費期限は、食品が食べられなくなるまでの期間です。

ケーキに使われている主な材料の消費期限を見てみると、

・カスタードクリーム…約2日
・フルーツ…約3日
・生クリーム…約4日
・レアチーズ…約4日
・ベイクドチーズ…約5日
・ショコラ…約5日

となっています。

食材別に判断すると、カスタードクリームを用いたケーキは、
購入してから3日経過すると、危険ラインといえますね。

そして、フルーツを用いたケーキも4日目から雲行きが怪しくなります。

しかし、生クリーム、チーズ、ショコラを用いたケーキは、
賞味期限から2~3日経過しても食べることができるようです。

ただし、消費期限は、未開封で冷蔵保存をすることを前提に考えられています。

1度開封したケーキや、冷蔵保存されていないケーキについては、
この例には当てはまらないので、注意してください。

また、当然ながら味の鮮度は時間が経つほど落ちるので、
購入直後が1番美味しくケーキを食べれることになります。

ケーキの消費期限をさらに長持ちさせる方法!

ケーキの賞味期限を、さらに長持ちさせる方法を紹介しましょう。

その方法とは、冷蔵保存ではなく、冷凍保存することです。

−18℃で保存することで、
細胞活動がほぼ停止するため、ケーキの食材の腐敗スピードを遅くすることができます。

ですが、カスタードクリームやフルーツを使ったケーキは、
冷凍保存に向きません。

冷凍するのは不可能ではないですが、
みずみずしさを失い、味の鮮度をそこなってしまいます。

それ以外のケーキであれば、
最長で1ヶ月を目安に、冷凍保存をすることが可能です。

冷凍保存ができるケーキであっても、
1ヶ月も冷凍保存をすれば、冷凍焼けを起こすのでケーキが台無しになってしまいます。

1度開封したケーキを長期保存すると、雑菌が繁殖してしまう可能性があるため、
食べかけのケーキは避け、未開封のケーキを冷凍保存するようにしましょう。

冷凍したケーキを食べるときには冷蔵保存に切り替え、
きちんと解凍してから食べるようにして下さいね。

ケーキの賞味期限切れ!2日3日は平気?更に長期保存する方法! まとめ

ケーキは種類によって、
賞味期限が切れて2日3日が経過しても食べられます。

ですが、賞味期限という言葉が指すように、
味の鮮度が落ちないうちに食べたほうが、ケーキ本来の美味しさを味わえます。

今回の記事で紹介した方法を日常的に使うのではなく、
あくまで参考程度に捉えて、困った時の緊急手段として使うようにしましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ