> くしゃみがうるさい!理由は?くしゃみの音を抑制する方法! | トレンド速報ニュース

くしゃみがうるさい!理由は?くしゃみの音を抑制する方法!

Pocket

人によってくしゃみの仕方に特徴がでますよね。

普通にハックッション!
とくしゃみをする人もいれば、
クシュン!
と遠慮がちにくしゃみをする人もいます。

そんな中に、
ハーックッション!
と、わざとらしくうるさいくしゃみをする人がいます。

まぁわざとではないんでしょうが、
流石にくしゃみの音にも限度がありますよね。

そこで今回は、
どうしてうるさいくしゃみが出てしまうのか?
その理由と、うるさいくしゃみをする人の特徴
をまとめてみました。

また、くしゃみがうるさくならないように、
音を抑制してくしゃみをする方法も紹介するので、
参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

うるさいくしゃみが出る理由は?

くしゃみが大きく、うるさくなってしまう理由は、
肺活量と自己コントロールが原因となっています。

くしゃみをする人の肺活量が大きいと、
うるさいくしゃみが出やすくなります。

しかし、肺活量は自分自身で意識的にコントロールできるので、
くしゃみを抑えようとする自己コントロール力も必要です。

肺活量が大きく、自己コントロールができないと、
うるさいくしゃみが出てしまう、というわけですね。

Sponsored Link

くしゃみがうるさい人の特徴!

くしゃみがうるさいかどうかは、
なかなか自分で判断ができません。

そこで、くしゃみがうるさい人の特徴をまとめてみました。

・周囲のことを考えない人
・鈍感な人
・おおらかな人
・大雑把な性格の人
・自己承認が弱い人

これらの特徴に当てはまっている人は、
くしゃみがうるさい傾向にあるので注意してください!

また、くしゃみがうるさい人は年配の方が多いですが、
それは加齢によって、くしゃみを抑える力が弱くなっているためで、
不可抗力の場合がほとんど。

くしゃみがうるさいと、周りの人に迷惑をかけます。

本人に自覚症状がない場合が多いので、
うるさいくしゃみを繰り返す人には、
くしゃみがうるさいことをキチンと伝える必要がありますよ。

うるさいくしゃみをしないためには?

くしゃみは生理現象なので完全に抑えることは不可能ですが、
ある程度、音量を抑制することは可能です。

うるさいくしゃみの場合は、簡単に音を小さく出来るので、
やり方を覚えておくといいでしょう。

1.手やハンカチで口を抑える

くしゃみが出そうになったら、
まず手やハンカチで口を抑えます。

物理的に口を抑えることで、
くしゃみのボリュームをかなり小さくできます。

また、くしゃみをすると唾液が遠くに飛ぶので、
それを防ぐ意味でも、口を手やハンカチで覆うのは重要ですね。

2.全身の力を抜く

くしゃみをする時には、全身に力を入れがちですが、
実は力を抜いたほうが、くしゃみは小さくなります。

余計な力を入れずにくしゃみをするのは難しいですが、
少し意識するだけでOKなので、
くしゃみをする時には、リラックスするように心がけましょう。

3.鼻からくしゃみを出す

勢いよくくしゃみをすると気持ちいいですよね。

ですが、うるさいくしゃみをしないためには、
口を閉じて、鼻からくしゃみを出さないといけません。

鼻からくしゃみを出すことで、くしゃみの音をかなり抑えることができます。

鼻からくしゃみを出すと、鼻水が出るので、
くしゃみが終わった後は、鼻や口の周りをキレイに拭き取りましょう。

以上の事を意識するだけで、
くしゃみがうるさくなることはありません。

うるさいくしゃみをする人には、ぜひこのやり方を教えてあげてください。

くしゃみがうるさい!理由は?くしゃみの音を抑制する方法! まとめ

くしゃみがうるさい理由と、うるさいくしゃみをする人の特徴
くしゃみの音を抑制する方法を紹介しました。

周りの人に迷惑をかけないよう、
くしゃみをする時には音を抑えるようにしましょう。

ちなみに、くしゃみの音量は平均すると80デシベル
これは、地下鉄や電車の車内、演奏中のピアノの正面1mと同じ。

目の前の人との会話がちょっと難しくなるぐらいの騒音になります。

くしゃみは一瞬ですが、
普通のくしゃみでも十分うるさいことが分かりますね。

1人しかいない時は思う存分、大きなくしゃみをしてもいいですが、
周りに人がいる場合は、うるさいくしゃみにならないよう、
ボリュームを抑えたくしゃみをするようにしましょう!

Pocket

[くしゃみ, 美容・健康・医学, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ