> 子供のしゃっくりの止め方!すぐに効果が出る5つの方法! | トレンド速報ニュース

子供のしゃっくりの止め方!すぐに効果が出る5つの方法!

Pocket

あなたは子供のころ、しゃっくりが出ることが多くなかったですか?
子供は体が未発達なので、しゃっくりが出やすいんです。

しゃっくりを起こす原因は大人と変わらず、

・冷たい食べ物・飲み物で横隔膜が刺激される
・横隔膜が急に冷えてしまう
・ストレス・興奮といった精神的なもの

といったことでしゃっくりが出ます。

基本的には自然に治まりますが、今回は手軽に実践できる、
子供のしゃっくりの止め方を5つ紹介しましょう!

しゃっくりがなかなか止まらない子供に、試してみてください。

Sponsored Link

すぐに効果が出る子供のしゃっくりの止め方5つ!

それでは、子供のしゃっくりの止め方を紹介していきます。
どの方法も簡単に出来るので、どれか1つでも覚えておくといいですね。

◆1.ゲップ

しゃっくり横隔膜の痙攣が原因で起きる症状なので、
横隔膜を刺激することで治まることが多いです。

子供でも簡単にできる、横隔膜を刺激する方法として、
ゲップを出すのがオススメです。

と言われても意識的にゲップを出すことは難しいですよね?

そんな時には炭酸飲料を飲ませましょう。
胃が炭酸で膨らめば、意図的にゲップを出すことが可能ですよ。

◆2.息を止める

しゃっくりの効果的な止め方として、息を止める方法もあります。

息を止めておく時間は30秒程度なので、
子供でも、そんなに苦しくなく息を止めていられますね。

思いきり息を吸って止めておくことで、横隔膜が刺激され、
しゃっくりが治まってくれます。

◆3.紙袋を口につけて呼吸する

紙袋を口につけて呼吸することで、しゃっくりを止めます。

吐いた息には二酸化炭素が多く含まれており、
二酸化炭素の血中濃度を高めることで、
血中の酸素濃度が低下し、血流量が増加します。

その結果、血の巡りが良くなり横隔膜の痙攣を治めます。

◆4.お腹を温める

痙攣は止めるには、温かくするのが効果的なので、
お腹を直接温めることで、横隔膜の緊張を緩和させ、
しゃっくりを治めることができます。

部分的に腹巻きをしたり、温かい食事を摂るといいでしょう。
お腹だけではなく、全身を温める入浴もオススメですよ。

◆5.酸っぱいものを摂取する

酸っぱいレモンやお酢は、緊張を緩和させてくれる働きがあり、
しゃっくりを止めるのに効果的です。

レモンを食べる、水で薄めたお酢を飲むなど、
こうした強めの刺激が横隔膜の痙攣を治めてくれるでしょう。

医学的にも、レモンやお酢がしゃっくりに効果的であることも証明されているので、
安心して実践できますね。

ただし、子供は酸っぱい食べ物は好きではないので、
他の方法を試すことをオススメします。

Sponsored Link

子供のしゃっくりの止め方!すぐに効果が出る5つの方法! まとめ

子供のしゃっくりの止め方を5つ紹介しましたが、
いずれも簡単に実行できるものばかりですよね。

ですが、無理にしゃっくりを止める必要はありません。

子供はしゃっくりをして当り前なので、
無理に止めるなくても、自然にしゃっくりは治まっています。

ただし、長引くようであれば要注意!

長引くしゃっくりは病気のサインの場合があるので、
しゃっくりがなかなか治まらない時は、
病院で診てもらうようにしてください。

Pocket

[しゃっくり, 美容・健康・医学, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ