> 赤ちゃんのしゃっくり!安全な止め方とタブーな行為! | トレンド速報ニュース

赤ちゃんのしゃっくり!安全な止め方とタブーな行為!

Pocket

小さくて可愛らしい赤ちゃんですが、
弱々しいので、しゃっくりをしているだけで苦しそうに見えてしまいます。

少しでも早くしゃっくりを止めてあげたいと思うのが親心

赤ちゃんは寝るのも大切な仕事ですが、
しゃっくりしていたらなかなか寝付けません。

赤ちゃんは、大人に比べてしゃっくりが出やすいので、
いざという時にためにも、赤ちゃんのしゃっくりの安全な止め方を紹介します。

また、赤ちゃんにしてはいけないしゃっくりの止め方も解説するので、
合わせて覚えておくといいでしょう。

Sponsored Link

しゃっくりが赤ちゃんに多い理由とは?

赤ちゃんは、体が未発達なので、
しゃっくりを起しやすいことをまずは理解しておきましょう。

しゃっくりは横隔膜の痙攣が原因で引き起こされます。

母乳や哺乳瓶に吸いつく赤ちゃんは、
私たちよりも、食事のときに横隔膜に負担をかけているので、
必然的にしゃっくりを起こすことが多くなります。

赤ちゃんにしゃっくりの多い理由は、
主に吸いつく食事方法によるものなのです。

Sponsored Link

赤ちゃんのしゃっくりの安全な止め方!

赤ちゃんのしゃっくりを止める安全な方法をいくつか紹介するので、
ぜひ参考にしてみて下さい。

・飲み物を与える
・ゲップを出す
・背中を優しくトントンとたたく
・背中を優しく撫でる
・体を温める

しゃっくりの原因は横隔膜の痙攣ですが、
赤ちゃんのしゃっくりを止める場合、
その横隔膜に何らかの刺激を与えてあげるとしゃっくりが治まります。

ミルクや母乳、お茶などを飲ませたり、
背中を優しくトントンして、
ゲップを出させることでしゃっくりを止めることができます。

その他にも、優しく撫でることで、赤ちゃんの緊張をほぐしたり、
赤ちゃんを抱きかかえたり、布団や毛布でくるんで体を温めてあげるのも効果的。

赤ちゃんのしゃっくりが出ても、
慌てず優しく接することが大事です。

しゃっくりが出ても、赤ちゃんはそんなに苦しくはないので、
治まるまでほうっておいても問題はないですよ。

赤ちゃんにしてはいけないしゃっくりの止め方!

一般的なしゃっくりの止め方は他にも色々とありますよね。

ですが、その中には赤ちゃんにタブーなものも多いので、
避けるべきしゃっくりの止め方をいくつか紹介しておきます。

・冷たい飲み物
・驚かせる
・くしゃみを促す
・耳に指を入れる

赤ちゃんは繊細なので、冷たい飲み物を与えると、
体温が低下して腹痛や下痢を引き起こしてしまいます。

なので、絶対に人肌の温度に調節したものを飲ませるようにしましょう。

驚かせるのに、大きな声を出したり、
外から刺激を与えるのもオススメしません。
耳が悪くなったり、思わぬ怪我をしてしまう可能性があります。

耳に指を入れるのも避けるべきです。

赤ちゃんの器官は、想像以上に敏感で繊細なので、
意図的に刺激を与える目的で触るのは止めましょう!

上で紹介したことは絶対にやってはいけないし、
している場面を目撃したら止めるように声をかけましょう。

赤ちゃんのしゃっくり!安全な止め方とタブーな行為! まとめ

赤ちゃんのしゃっくりの安全な止め方を紹介しましたが、
参考になりましたか?

基本的に、赤ちゃんのしゃっくりは、ほうっておいても大丈夫。

ついつい心配してしまいますが、
しゃっくりが治まるまで見守ってあげましょう。

大人が思っているほど苦しくないので、
むしろ赤ちゃんにしてみれば、しゃっくりは楽しい現象かもしれません。

どうしてもしゃっくりをすぐに止めたい!
という場合は、今回紹介した方法を試してみてくださいね。

Pocket

[しゃっくり, 美容・健康・医学, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ