> お風呂のカビ対策!掃除から予防までカビの対策方法! | トレンド速報ニュース

お風呂のカビ対策!掃除から予防までカビの対策方法!

Pocket

お風呂のカビは掃除するのも大変だし、
掃除をしても、またすぐカビが発生してしまい、
どこまでいってもキリがないような気がしますよね。

今回は楽なカビの掃除方法からカビの発生の予防まで、
オススメのカビ対策をまとめました。

少しでも楽をして、お風呂をキレイな状態に保つことがでれば理想的。
ぜひ日ごろのお風呂のカビ対策に、記事の内容を参考にしてみてください。

Sponsored Link

お風呂のカビを簡単に掃除できるオススメの方法!

お風呂のカビ予防する前に、まずお風呂をキレイにしないといけません。
簡単にできて楽なカビ掃除の方法を紹介します。

<用意するもの>
・スプレーボトル
・歯みがき
・お酢
・重曹

まず、スプレーボトルにお酢と水を1:4の割合で入れてお酢の水溶液を作ります。

次にスプレーボトルに入ったお酢の水溶液を、
お風呂全体に噴射して1~2時間ほど放置しましょう。

そうしたら、歯ブラシを使い、磨いて、カビを取り除いていきます。

頑固なカビはむきになって磨き落とす必要はないので、
全体的にブラッシングをするのを優先していきましょう。

ブラッシングで取れなかったカビには重曹をかけて、
さらに1時間ほど放置してから、再び歯ブラシでブラッシングします。

これでお風呂の頑固なカビも、簡単にキレイにすることができますよ。

放置しておく時間が長いので、その間に他の家事を終わらせておくといいですね。

Sponsored Link

お風呂のカビ予防にオススメの対策方法!

カビをキレイに掃除をしたら、
次はカビが再び発生しないよう予防をしなければいけません。

カビの予防ができていないと、カビはすぐに発生してしまいます。
カビの発生を防ぐためにも、しっかりとしたカビ対策をしておきましょう。

カビ予防は、掃除の時よりも、さらに簡単でシンプルなもの。

まず、45~50℃のシャワーで、お風呂の隅々まで丁寧に洗い流します。

カビは60秒以上に渡って、45~50℃のお湯を当てる死滅させることができるので、
お風呂上がりの後に、まんべんなくお湯をかけるようにします。

お湯をかけ終わったら、そのまま水分を残しておくと、
カビの発生源になってしまうので、キレイに水分を拭き取るのを忘れないでくださいね。

その他のオススメの方法として、
市販のカビ防止煙剤を使うのも有効な手段です。

カビを掃除した後に、カビ防止煙剤を使うだけでいいので、かなり手間を省けます。

お風呂にカビが発生しない環境を作ろう!

カビが発生しやすい環境には3つの条件があります。

・温度25~30℃
・湿度70%以上
・栄養素

栄養素というのは皮脂や石鹸カスのことで、カビの繁殖にはは欠かせません。

こうして見ると、お風呂場がいかにカビが発生しやすい環境が整っているかが分かりますよね。

日ごろからカビを意識して、お風呂場を清潔な状態に保っておくことが最低条件で、
そこからカビ予防をしていくことで、カビの発生をかなり抑えることができます。

お風呂場の風通しを良くして湿度を下げたり、
水切りをして、乾いた状態にするなどの対策が必要です。

また、シャワーヘッドやシャンプーボトルの裏など、
普段なかなか掃除しないような所からカビが発生してしまうので、
そうした細かい所をキレイにしておくのも重要なことですよ。

お風呂のカビ対策!掃除から予防までカビの対策方法! まとめ

オススメのお風呂の掃除方法から、
簡単にできるカビの予防対策までまとめましたが、いかがでしたか?

この記事を読んで、ぜひ日ごろのお風呂の手入れに役立て下さい!

キレイなお風呂に入ると、いつもよりも疲れがとれた感じがして、
ものすごく気持ちいい入浴タイムを過ごすことができます。

カビを退治すれば、日々の疲れを癒やす事にも繋がるので、
面倒でもお風呂場をキレイにして、カビを発生させないようにしましょう!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ