> 尿管結石になりやすい人の特徴は?気になる5つの共通点! | トレンド速報ニュース

尿管結石になりやすい人の特徴は?気になる5つの共通点!

Pocket

強い痛みを伴うことで知られている尿管結石
実は、その尿管結石になりやすい人がいます。

尿管結石になりやすい人の特徴を見てみると、
意外な5つの共通点に辿り着きました。

尿管結石は、生活習慣を改善をすることで十分に予防することができます。

尿管結石になりやすい人の共通点に当てはまっている人は、
今から生活習慣の見直しをしましょう。

激痛に襲われる尿管結石になってからでは遅いですよ。

今回の記事の内容を参考にして、自分の生活習慣を振り返りつつ、
尿管結石になるリスクを抑えるヒントにしてくださいね。

Sponsored Link

尿管結石になりやすい人の5つの共通点!

それでは、尿管結石になりやす人の5つの共通点を見ていきましょう。

◆共通点その1:メタボ体質

尿管結石になりやすい人に多い特徴として、メタボ体質があげられます。

メタボ体質が尿管結石を引き起こすメカニズムは、
内臓脂肪により腎臓の働きが低下して、
尿が酸性化することで結石が出来やすくなります。

近年では健康診断においても、
メタボチェックや内臓脂肪を数値化したものが掲載されていますよね。

メタボ体質と肥満はイコールではないですが、
痩せ型であっても、血中の脂肪値や内臓脂肪に気をつけましょう。

◆共通点その2:花粉症

意外な共通点だと思うかもしれないですが、
花粉症は、尿管結石になりやすい人の特徴に当てはまります。

その理由は鼻水

健康な成人男性でも、1日に1リットルの鼻水を作っています。

花粉症の人は、さらに多くの鼻水を作っているので、
鼻水で体の水分を失って尿が濃くなることで、
尿管結石になるリスクを高めてしまっている、というわけです。

◆共通点その3:運動好き

運動が好きな人が尿管結石になりやすい人、というのも意外ですよね。

運動しないのはもちろんいけませんが、
運動のしすぎもよくありません。

体を動かすことで、多くの水分を発汗によって失います。
そのことが尿の濃度を高めて、尿管結石を招く要因になってしまうんですね。

運動は健康にいいものですが、何事もやり過ぎは禁物なので、
尿管結石のリスクを高めないよう、運動も適度な範囲に収めるようにしましょう。

◆共通点その4:水分補給をしない

尿管結石と体の水分は密接に関係しています。

あまり水分を摂らないと、
尿管結石になるリスクを高めることになります。

じゃあ水分ならなんでもいいのか?
というと、そういうわけでもありません。

コーヒーや紅茶が好きで多く飲む人は、尿管結石になりやすいです。

コーヒーや紅茶に含まれるシュウ酸は、
腎臓でカルシウムと反応して結石を作ってしまいます。

尿管結石の予防のためにも、
コーヒーや紅茶を飲む量を抑えるようにしましょう。

◆共通点その5:尿の回数が少ない

尿の回数が少ないのも、尿管結石になりやすい人の共通点

尿は、膀胱や尿管の老廃物を流しだす役割も担っています。

尿の回数が少ないと、結石の元となる老廃物が体内に残り、
尿管結石を発症するリスクを高めてしまいます。

水分をマメにとり、尿を出すことが尿管結石を防ぐことになります。

1日に最低でも4~5回は、尿が出るのがいいので、
尿の回数が少ないようであれば、水分補給をして尿の回数を増やすようにしましょう。

Sponsored Link

尿管結石になりやすい人の特徴は?気になる5つの共通点! まとめ

激しい痛みに襲われる尿管結石
その尿管結石になりやすい人の共通点は理解できましたか?

生活習慣を改善することで、尿管結石は十分に防ぐことができます。

尿管結石を予防するには、水分をこまめに摂るのが簡単で確実。
水分を多く摂ることで、尿の回数が増え、
結石が成長する前に体外に排出することができます。

1度尿管結石になってしまうと、
5年以内に、およそ半数の人が再発してしまうほど、
再発率が高い病気です。

尿管結石になりやすい人の特徴に当てはまっている人もそうでない人も、
生活習慣を改善して、尿管結石になるリスクを抑えるようにしましょう!

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ