> お彼岸に贈る花のマナー!知らないと恥ずかしい大人の常識! | トレンド速報ニュース

お彼岸に贈る花のマナー!知らないと恥ずかしい大人の常識!

Pocket

お彼岸を迎えるお宅に、
花を贈る事もあるでしょう。

その場合に、押さえておかなければなければならないマナーがあります。

どのタイミングで贈るべきなのか?
どれくらいの金額をかければいいのか?
どんな花を贈るべきなのか?

大人の常識として、
お彼岸に贈る花に関するマナーを押さえておきましょう。

先方に対して失礼のないようにしないと、
あなた自身が恥をかくことになってしまいますよ。

この機会に、お彼岸における花のマナーを学んでおきましょう!

Sponsored Link

お彼岸の花はいつ贈るべき?

お彼岸「春分の日」と「秋分の日」を中日として、
その前後の3日間となります。

お彼岸に花を贈るのであれば、
「春分の日」と「秋分の日」の2日前までに届けましょう。

せっかく花を贈っても、お彼岸に間に合わないと意味がないので、
最低限のマナーとして、花を届ける日というのは押さえておく必要があります。

贈り先が在宅しているとは限らないので、
届ける日を余分に1日増やすなど、
余裕を持ったスケジュールを組み立てるようにしましょう。

Sponsored Link

お彼岸に贈る花の金額の相場はいくら?

お彼岸にお供えする花の金額は、いくら位がベストなのでしょうか?
故人を思い、立派な花を贈りたいと思う気持ちもありますよね。

一般的な相場はお彼岸の花の相場は、3,000円程度

それ以上の金額のものを贈るとなると、
先方にも返って気を遣わせてしまいます。

豪華な花をと考えがちですが、あまりに高価な花を贈ると、
逆にマナー違反になるので注意してください。

ただし、きちんと包んでもらうことは大切なので、
お彼岸の花として贈ることをお店にも伝えて、
失礼のないように綺麗に整った状態で贈るようにしましょう。

お彼岸にはどんな花を贈るべきなの?NGな花の種類は?

お彼岸に贈る花について、どんな花を贈ればいいのか、
贈ってはいけないNGな花の種類について紹介していきましょう。

お彼岸に贈る花として一般的なのは、

・菊
・カーネーション
・リンドウ
・カサブランカ
・トルコキキョウ

などでです。

基本的に、お彼岸に贈る花はどんな種類でもいいですが、
贈ってはいけないNGな花があります。

それは、

・バラ
・彼岸花
・アザミ

といった、トゲや香りが強い、毒がある花といった花は、
お供え物として贈るのはNGなので、
お彼岸に贈るのを避けましょう。

故人がこれらの花が好きだった場合は、
先方と相談の上、贈るかどうかを決めてください。

お彼岸に贈る花:花束・アレンジメント・花鉢どれがいい?

お彼岸に贈る花を決めたら、
花束・アレンジメント・花鉢など、
どういった形態で贈ればいいのかを決めましょう。

それぞれメリットとデメリットがあるので、
予算と相談の上で決めてください。

◆花束

ボリューム感が生まれ、先方が自由にアレンジすることができるので、
花がお好きな人、生け花をされている人であれば喜ばれるでしょう。

ただし、手入れが必要になり、アレンジする技術も上級者向けなので、
そこまで配慮をして選ぶべきだと思います。

相場は3000円〜5000円程度

◆アレンジメント

花束と比較するとボリューム感がなく、
同じ金額を払っても、さみしいかもしれません。

ただし、手入れやアレンジする手間は省けるので、
普段から花を活けることに慣れてない人にオススメです。

相場は3000円〜5000円程度

◆花鉢

やはり花束と比較するとボリューム感に乏しく、
花の種類も限定されてしまいます。

メリットとしては、手入れする手間を最小限ですませられ、
長持ちするので、花の美しさを長く楽しむことができます。

相場は3000円〜8000円程度

いずれを選んでもマナー違反にはならないので、
予算や花のボリュームなどで選んでください。

Sponsored Link

お彼岸に贈る花のマナー!知らないと恥ずかしい大人の常識! まとめ

お彼岸に贈る花の色々なマナーについて紹介しました。

1番押さえておきたいポイントは、花を贈る時期です。

彼岸入りのタイミングで供えていなければ、
せっかく贈った花も意義が半減してしまいます。

余裕をもって、相手に手元に届くように準備しましょう。

ただし、あまりに早すぎると生花の場合、
枯れてしまう可能性があるので、
単純に早ければいいというワケではありません。

生花を贈る場合には、時間の調整に注意が必要になります。

そのあたりの詳しいことは、
花屋さんに相談することで適切なアドバイスをもらえるでしょう。

最高の花の状態で相手の手元に届けて、
お彼岸を迎えれるようにしましょう。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ