> お彼岸とお盆の違いを説明できる?今さら聞けない豆知識! | トレンド速報ニュース

お彼岸とお盆の違いを説明できる?今さら聞けない豆知識!

Pocket

お彼岸とお盆
どちらもご先祖様を供養する行事であることは、
多くの人が知っているでしょう。

それでは、お彼岸とお盆の違いは?
そう聞かれるて、明確に答えられる人は少ないです。

お彼岸とお盆は別ものだと考えるべきです。

お彼岸とお盆、それぞれの行事の違いについて、記事にまとめたので、
これを機会に先祖供養の知識を深めましょう。

この記事を読めば、胸を張って人に説明できるようになりますよ。

Sponsored Link

お彼岸とお盆の違いとは?

お彼岸「春分の日」と「秋分の日」を中日として、
3日間、年に2回ある行事です。

対してお盆は、8月13~16日に行われるのが一般的。

お彼岸とお盆には、1年に行われる回数に違いがあり、
行われる時期にも違いがあります。

世間一般の認識においても、お盆は長期休暇になる企業が多いのに対して、
お彼岸に休日を設定している企業はあまり聞きません。

それぞれの行事の世間一般の浸透度も大きく違います。

Sponsored Link

お彼岸ってどんな行事なの?

「彼岸」とは、仏教でいう「あの世」を表している言葉で、
「この世」は仏教用語で「此岸(しがん)」と言います。

お彼岸は、「あの世」と「この世」が最も近づく日だとされているので、
ご先祖様の供養をする日として設けられました。

では、お盆とは違い、年に2回なのは何故でしょうか?
それは、春分の日と秋分の日の共通点を考えてみると紐解けます。

春分の日と秋分の日。
どちらも時期の違いはありますが、太陽が真東から昇り真西に沈んでいくため、
昼と夜の時間が同じになります。

仏教においては、極楽浄土は西にあるとされてるので、
その教えから、真西の方角に太陽が沈んでいく、
春分の日と秋分の日が特別な日だと考えられてきました。

ゆえにお彼岸は、「あの世」と「この世」が最も近づき、
極楽浄土へご先祖様を供養をする日とされたのです。

お盆ってどんな行事なの?

お盆のことは、仏教に詳しくなくても知っていますよね。

それほどに私たちの生活に浸透している行事ですが、
おさらいをしておきましょう。

お盆は、ご先祖様たちが帰ってくる日とされています。

だからお盆には、ご先祖様が迷わずに帰ってこられるように、
目印として迎え火を焚く風習があるんですね。

ご先祖様を見送るときにも送り火を焚きますよね。

お彼岸はご先祖様を極楽浄土へお送りするのに対して、
お盆はご先祖様をお迎えします。

これで、お彼岸とお盆が全く別の行事であることが分かりましたね。

お彼岸とお盆の違いを説明できる?今さら聞けない豆知識! まとめ

先祖供養という共通項だけが先行して、
同じような印象を持ってしまっているお彼岸とお盆

この記事でお彼岸とお盆の違いが分かったので、
これで堂々と人に説明できますね。

掘り下げれば、もっと知識を深められますが、
一般的な知識としてはこれだけで十分です。

これを機会に、お盆だけではなくお彼岸でも先祖供養をすると、
ご先祖様もきっと喜んでくれて、あなたの運気が上向くかもしれませんよ。

自分のルーツであるご先祖様は大切な存在です。

ご先祖様の存在を敬い、供養することで、
あなた自身の気持ちも晴れやかになることでしょう。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ