> 敬老の日は何歳から祝う?押さえておきたいポイント! | トレンド速報ニュース

敬老の日は何歳から祝う?押さえておきたいポイント!

Pocket

敬老の日がいつなのか知っていますか?

日付に関係なく、9月の第3月曜日が敬老の日となります。

以前は9月15日が老人の日と定められていましたが、
ハッピーマンデー制度の施行に伴い、9月の第3月曜日が敬老の日と定められました。

敬老の日が定められても、9月15日の老人の日はそのまま残っているので、
似たような記念日が2回続くことになります。

ところで、敬老の日は何歳から祝うものなのでしょうか?

還暦のように、明確に何歳になったら祝う!
というのが決まっていないので、そんな素朴な疑問が湧いてきます。

昔に比べて今の老人は若々しく元気なので、
年寄り扱いされたくないと思っている方は多く、
老人だと思って気遣いすると、返って相手の気分を悪くしてしまうこともあります。

そんな疑問を解決できればと、
敬老の日を祝う年齢についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

何歳から老人になる?

「老人福祉法」という法律があり、
何歳から老人なのかが明確に定義されていて、
65歳以上の方を老人として定めています。

普通に生活しているとなかなか知らない情報ですよね。

さらに国連の世界保健機関(WHO)でも、
65歳以上を高齢者として定めています。

グローバルな観点からしても、
65歳以上というのは、1つの目安として考えていいみたいですね。

ですが、気を付けたいのは、
いくら定義として65歳以上と決まっているからといって、
一方的に押し付けるのはよくありません。

やはり相手がどう思っているのかが大切なポイント

無理やり祝っても、
せっかくの敬老の日が盛り上がらないものになってしまいますよ。

Sponsored Link

敬老の日は何歳から祝うべき?

老人の定義があるのなら、65歳からと素直に従いたいところですが、
祝う相手があって初めて成り立つもの。

場合によっては、65歳になっていなくても敬老の日を祝ってもいいはずです。

例えば、60歳で定年退職を迎えたのを節目にするのもいいですし、
年金を受給することをキッカケにするのもいいでしょう。

一般的には、お孫さんが生まれたタイミングで、
敬老の日を祝う家庭が多いですね。

このように、何かしら口実があったほうが、
敬老の日を祝いやすくなります。

何歳からと明確に決まっているわけではないので、
あなた自身で口実を考えてみてはどうですか?

敬老の日には何をすればいい?

敬老の日にはプレゼントとして、
家族一緒に食事をしたり、外でディナーをご馳走したりするのがスタンダードのようです。

敬老の日というのは、これまで苦労されてきたお年寄りに、
感謝の意を表す日でもあり、長寿を祝う日でもあります。

プレゼントを贈るのであれば、
そういったことを意識したプレゼントを選びましょう。

そうすることで敬老の日を価値のあるものにできるはずです。

気をつけたいのは印象です。

老人に何歳からと明確に定義があったとしても、
本人は若いつもりでいるかもしれません。

むしろ若さを意識したプレゼントの方が喜ばれることが多いですよ。

敬老の日は何歳から祝うものなの?押さえておきたいポイント! まとめ

「敬老の日を何歳から祝うのか?」
をテーマに記事をまとめてみました。

参考になりましたか?

祝う相手がいることなので、
年寄り扱いされたくないという気持ちが強いようであれば、
先伸ばしにするなど、臨機応変に対応していきましょう。

今の60代は本当に若いですからね。

本人の気持ちを尊重するのがベストなので、
何かしらの口実を見つけて、敬老の日を祝うキッカケにしたいですね。

祝う相手に喜ぶ敬老の日にしてあげましょう!

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ