> 耳鳴りと頭痛と吐き気!伴っている場合は他の病気のサイン!? | トレンド速報ニュース

耳鳴りと頭痛と吐き気!伴っている場合は他の病気のサイン!?

Pocket

耳鳴りに悩まされている人は、
耳鳴りだけでなく、その他の症状にも悩まされている場合があります。

その代表的な症状が、頭痛と吐き気

耳鳴り・頭痛・吐き気が伴っている場合は、
他の病気のサインかもしれません。

”体の病気”か”精神的な病気”
どちらかの病気の可能性があります。

体の病気の場合と精神的な病気の場合と、
2つに分けて詳しく解説していきます。

Sponsored Link

耳鳴りと頭痛と吐き気:体の病気の場合

耳鳴りと頭痛と吐き気が伴う体の病気の場合、
”脳梗塞”、”脳腫瘍”、”脳血栓”、”脳出血”といった、
脳の病気の可能性があります。

特に吐き気を伴っている場合は、
症状が進行してしまっている危険性が高いので、
すぐに病院に行き、適切な処置を受けるようにしてください。

その他に、風邪をひいた時も、
耳鳴りと頭痛と吐き気が伴う場合があります。

風邪をひくと、
頭痛がひどくなったり吐き気をもよおすことは経験があるでしょう。

さらに鼻詰まりもひどくなると、
血流や酸素のめぐりが悪くなって、耳鳴りが起きやすくなるんです。

まずは2〜3日安静にしてみて、
症状が楽にならない場合は内科を受診するようにしましょう。

同じ耳鳴りと頭痛と吐き気でも、
脳の病気と風邪では全く違いますよね。

風邪だと思って放っておいたら脳の病気だった!
なんてことがあっては、命に関わる一大事です。

そこで、簡単に見分ける方法をご紹介しましょう。

風邪の場合は、
吐き気だけが起きて吐くことができなかったり、
吐いたとしてもなんだかお腹の中にまだ残っている感じがする、
というのが続きます。

しかし脳の病気の場合は、吐いてしまうとスッキリ感があります。

なので、食べ過ぎたのかな?
と安易に捉えてしまい、手足の痺れのような症状が出るまで放ってしまう事も。

手遅れになってしまう前に、
少しでも不調を感じた場合は、すぐに病院へ行くようにしてくださいね。

Sponsored Link

耳鳴りと頭痛と吐き気:精神的な病気の場合

耳鳴りと頭痛は同時に発症することはあまりありません。

それでも、発症しているんだ!という人は多いですよね。

耳鼻科を受診してみても、
「異常はないですよ」
と診断されてしまい、モヤモヤした気持ちになります。

なぜこのようなことが起きてしまうんでしょうか?

実は、耳鼻科では診察することのできない症状だからです。

耳鳴りと頭痛が同時に発症する原因は、

・自律神経失調症
・更年期障害
・心因性(うつ病)

の3つが考えられます。

この場合は、とにかく心身ともにリラックスさせることが非常に重要!

ストレスのない生活を送ることは、この時代では難しいかもしれませんが、
自分なりのストレス発散方法を見つけることで、症状が和らぐ場合があります。

また、吐き気がひどい場合は”うつ病”を疑いましょう。

頭痛と吐き気が同時に発症するのはうつ病において、
よくあることだといわれています。

なぜなら、頭痛と吐き気を発症させる原因が同じ物質で、
”神経伝達物質セロトニン”と呼ばれています。

脳内から分泌される、神経伝達物質セロトニンが減少してしまうことで、
この2つの症状が起きてしまうんです。

もし、ゆっくり休んでも頭痛と吐き気が治まらない場合は、
心療内科を受診してみてください。

耳鳴りと頭痛と吐き気!伴っている場合は他の病気のサイン!? まとめ

耳鳴りと頭痛と吐き気が伴う場合には、
色々な病気が考えられます。

ですが、何らかの病気による体からのSOSのサインなのは間違いないので、
「ちょっと調子が悪いだけ」
と自己判断しないで、病院で詳しい検査を受けてください。

何科を受診したらいいのかわからない、
という場合は総合病院を受診しましょう。

早く原因となる病気がわかれば、
それだけ治る可能性も早く高くなりますよ。

Pocket

[美容・健康・医学, 耳鳴り]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ