> 月見団子はいつ食べるのか?十五夜を楽しむためのポイント! | トレンド速報ニュース

月見団子はいつ食べるのか?十五夜を楽しむためのポイント!

Pocket

十五夜にお供えする月見団子
これは月の神様に、収穫を感謝するためにお供えされたものです。

では、お供えされた月見団子はいつ食べるといいのでしょうか?

神様へのお供え物なのに、月を眺めながら、
月見団子を食べていていいものなのか、ちょっと悩んでしまいますよね。

そんな月見団子をいつ食べるといいのか?
といった素朴な疑問を始め、十五夜を楽しむルールのポイントをまとめてみました。

せっかくお月見をするのであれば、
ルールに従って十五夜を楽しみましょう。

そうすることで、
日ごろの食事にも感謝の気持ちをもてるようになりますよ。

Sponsored Link

月見団子を食べるタイミングはいつ?

月見団子はいつ食べるのがいいのか?

そのタイミングは、月の出ている時間帯とされています。
つまり、午後6時ごろ〜翌日の朝方4時ごろまでなら、
いつでも大丈夫ということですね。

月見団子を食べていい時間がずいぶん幅広いので、
このままだとベストタイミングが分かりにくいです。

そこで、現実的に月見団子を食べるタイミングを考えてみましょう。

本来は月に宿る神様に農作物の収穫を感謝する行事。
なので、お供え物として月見団子を供えておく時間は必要でしょう。

そうすると、
夕食後の落ち着いたころに、食べるのがいいのではないでしょうか?

夕食後であれば、お月様も天に昇って顔を出しているころなので、
キレイな満月を見ながら月見団子を食べることができるはずです。

Sponsored Link

月見団子はどこで食べればいい?

月見団子をいつ食べるのかが解決したら、
次は月見団子をどこで食べればいいのか?

月見団子を食べる場所について紹介します。

行儀が悪いと思うかもしれませんが、
お月様を見られる場所で食べるのが一般的です。

・ベランダ
・庭
・縁側
・リビング

といった場所で月見団子を食べましょう。

月見団子を食べる場所は、なにも自宅でだけではありません。

公園が近くにあれば、散歩がてらに足を運んでみて、
お月様を眺めながら食べるのもいいですよね。

ご家族の場合、家の中とは違う雰囲気を感じられるので、
きっと気分転換にもなりますよ。

十五夜の大切なポイント!

十五夜の本来の意味は、農作物の収穫を神様に感謝する行事です。

なので、感謝の気持ちを持って、
月見団子を食べるのを忘れないでください。

お月様を眺めるタイミングは、
夜7~9時の時間帯がいいですね。

十五夜に基準を合わせるのなら、
早めに夕食をとるといった工夫をしてもいいでしょう。

月見団子はいつ食べるのか?十五夜を楽しむためのポイント! まとめ

月見団子をいつ食べれか?どこで食べればいいのか?
という疑問は解決しましたか?

・誰と食べるのか?
・どこで食べるのか?
・どのように食べるのか?
・どんな月見団子を食べるのか?

こういったことも、十五夜を楽しむためには重要なポイントです。
忘れてはいけないのが、お月様に食べ物への感謝の気持ちを持つこと。

こういった風習を大切にすることで、
きっと気持ちてきにも恵まれた人生を歩めることでしょう。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ