> 芋名月・栗名月・豆名月とは?知っておきたい月見の風習! | トレンド速報ニュース

芋名月・栗名月・豆名月とは?知っておきたい月見の風習!

Pocket

なかなか聞き慣れない言葉、芋名月(いもめいげつ)を知っていますか?
さらには、栗名月(くりめいげつ)・豆名月(まめめいげつ)なんて風習もあります。

実は、管理人も知らなくて、
「なにそれ?」
と思っていました。

秋の風習としては、お月見をする十五夜が有名ですよね。
実は、芋名月・栗名月・豆名月は十五夜に関連した風習なんです。

十五夜の知識をさらに深めてくれる、
芋名月・栗名月・豆名月ついて、これから解説していくので、
ぜひ最後まで読んでください。

Sponsored Link

芋名月・栗名月・豆名月は十五夜から派生した風習!

まずは、芋名月から解説していきましょう。

十五夜には月見団子をお供えするのが一般的ですが、
一部の地域では、月見団子の代わりに里芋をお供えします。

里芋をお供える地域では、
十五夜のことを芋名月と呼んで、満月を楽しんでいたそうです。

つまり、芋名月は十五夜の別名と言えますね。

続いて、栗名月・豆名月も解説していきましょう。

十五夜というと、旧暦8月15日に行われる風習で、
現在の暦では、9月の終わりごろ満月の日に行われます。

実は秋のお月見は、十五夜だけではなく、
その後に十三夜としてお月見を楽しむ習慣があります。

その十三夜にお供えするものが、
栗や豆だった事から、栗名月・豆名月と呼ばれるようになったんです。

芋名月が十五夜の別名なら、
栗名月・豆名月は十三夜の別名というわけですね。

Sponsored Link

日本独自の文化の十三夜とは?

それでは十三夜について解説していきましょう。

もともと十五夜は、中国から伝わってきた風習でした。
平安時代ごろに日本に伝わってきたと言われています。

その十五夜から、約1ヶ月後の満月を楽しむのが十三夜です。

十三夜は旧暦9月13日の満月となり、
十五夜に次いで美しい月とされていました。

なぜ2回お月見をするのかは様々な説がありますが、

・十五夜だけ、十三夜だけのお月見だと「片月見」縁起が悪い
・十三夜は、十五夜と比較して天候に恵まれる日が多かった
・当時の天皇が旧暦9月13日の満月を愛したことから広がった

といった説があります。

いずれにしても、中国から伝わった十五夜という風習が、
日本独自の形に変化していった、というのは興味深いですよね。

十五夜にはない十三夜だけの風習

十五夜(芋名月)は月の神さまに収穫を感謝する行事に対して、
十三夜(栗名月・豆名月)には別の意味があります。

それは、翌年の豊作を祈願すること。
さらには、十三夜の天候から翌年の収穫を占っていたそうです。

今年以降の十三夜は、

2017年の十三夜は11月1日(水)
2018年の十三夜は10月21日(日)
2019年の十三夜は10月11日(金)
2020年の十三夜は10月29日(木)
2021年の十三夜は10月6日(水)

このような日程となっています。

十五夜(芋名月)だけでは「片月見」となって縁起が悪いので、
ぜひ十三夜(栗名月・豆名月)のお月見も行ってくださいね!

芋名月・栗名月・豆名月とは?知っておきたい月見の風習! まとめ

芋名月・栗名月・豆名月について解説しましたがいかがでしたか?

まさか古くから伝わる十五夜の風習に、
十三夜という続きがあったなんて驚きですよね。

一般的なカレンダーに十五夜のことは書かれていても、
十三夜やのことまでは書かれていません。

これからお月見は、十五夜だけではなく十三夜まで行いましょう。

芋名月・栗名月・豆名月を調べていると、
十五夜・十三夜のことまで知ることができました。

今年のお月見にはこの記事で知った事を伝えて、
秋の夜長を楽しんでくださいね。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ