> 十五夜に供えるススキと団子!お供えする数に決まりはある? | トレンド速報ニュース

十五夜に供えるススキと団子!お供えする数に決まりはある?

Pocket

残暑が落ち着いて迎える、日本古来から伝わる行事の十五夜
十五夜といえばやはり月見団子やススキを思い浮かべますよね。

最近は十五夜や月見をする家庭は減っているようですが、
家族のコミュニケーションの一環として、十五夜を楽しんでみてはどうですか?

そのためにも、十五夜の風習や意味について、少し勉強しておきましょう。
月見団子やススキといった、お供え物の数にも実は決まりがあります。

十五夜の意味を知れば、
食べ物に感謝する気持ちが持てるようになりますよ。

また、月見団子やススキを供える理由や数についても、
知っておけばより十五夜を楽しむことができますよ。

Sponsored Link

十五夜に月見団子をお供えするのはなぜ?

十五夜は、農作物の収穫に感謝する行事です。
お月さまに宿る神様のお供え物として、団子をお供えしていました。

どうして団子なのか?

これには諸説あり、本当のところは分かっていませんが、
収穫物である米や麦から団子を作りお供えしたのが始まりといわれています。

地域によっては団子ではなく、芋・豆・栗を供える所も。

いずれにしても、その年の収穫に感謝してお供えしていた事に違いはありません。

Sponsored Link

十五夜にススキをお供えするのはなぜ?

収穫に感謝する十五夜のお供え物として、
ススキをお供えするのはなぜなのでしょうか?

実はススキは稲穂の代わりなんです。

十五夜に収穫が間に合わないことがあり、
その時に、形が似ているススキを代わりにお供えしていました。

そして、いつしかススキをお供えることが一般的になっていったんです。

今の時代では稲穂を入手することの方が大変なので、
ススキをお供えするほうが簡単ですよね。

そのおかげで、十五夜の風習が今まで伝えられてきたのかもしれません。

十五夜のお供え物 団子・ススキの数の決まりとは?

十五夜にお供えする団子・ススキの数には決まりがあります。

その決まりには3つの説があり、

1.十五夜にちなんで15個
2.その年の満月の数だけ供える

(うるう年は13個、それ以外の年は12個)
3.十五夜を略して5個

地域によってはお供えする数が決まっているかもしれないので、
1度聞いてみるといいでしょう。

特にこだわりがないのであれば、
団子を後で食べることを考えて、5個お供えする、
といった風にしてもいいかもしれません。

食べ物に感謝する行事なのに、
食べきれずに捨ててしまうことのほうがダメですからね。

十五夜に供えるススキと団子!お供えする数に決まりはある? まとめ

十五夜を楽しむのに知っておくといい知識を紹介しました。

団子やススキをお供えする意味や数については、
全然知らなかった、という人も多いでしょう。

十五夜で絶対に抑えておきたいポイントが、
食べ物に感謝する行事だということ。

十五夜に団子とススキを供えて、
神さまだけではなく、農家の方々にも感謝したいですね。

十五夜という古来から伝わる素晴らしい習慣を、
今後も後世に伝えていけるように、本来の意味を知ったうえで、
十五夜を楽しんでくださいね。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ