> 十五夜の意味と由来とは?大人として子供に教えてあげられます? | トレンド速報ニュース

十五夜の意味と由来とは?大人として子供に教えてあげられます?

Pocket

秋の夜長を楽しむ行事といえば十五夜
今年も月見団子をお供えして十五夜の満月を眺めるという人も多いでしょう。

ところで十五夜の意味と由来を知っていますか?
また、どうして月見団子やススキをお供えするのかを知っていますか?

子供や姪っ子や甥っ子に聞かれても、
十五夜の意味や由来をちゃんと教えれるという人は少ないですよね。

お月見や月見団子のことは知っていても、どんな意味があるのか、
実は知らずになんとなく毎年行っている、というのが正直な答えのはず。

そこで今回は、十五夜の意味と由来や、
月見団子とススキをお供えする意味を紹介します。

この記事を読んで、十五夜のことについて子供にドヤ顔で教えてあげましょう。

Sponsored Link

十五夜の意味と由来は?月には神様が宿っている!?

十五夜とは、月に宿る神様に農作物が収穫できたことを感謝する、
収穫祭の行事です。

八百万の神様というように、
日本には古来より多くのものに神様が宿っていると信じられてきまきした。

有名なのは、ヒットソングにもなった「トイレの神様」ではないでしょうか。
日本各地に多くの神社があるのも、その象徴だといえるでしょう。

そんな考え方が由来となって、
十五夜には、とれた農作物や食べ物に感謝する意味があるんです。

子供には、月にはウサギだけじゃなくて、
実は神様が宿っていて、
神様に食べ物が食べられる感謝の気持ちを伝えているんだよ。
ということを教えてあげましょう。

Sponsored Link

十五夜はなぜ毎年同じ日じゃないの?その由来を知ろう!

十五夜の日が毎年違うことを不思議に思ったことはないですか?

もともと十五夜は、旧暦の8月15日に行われてきた行事でした。

昔の日本では、西暦と呼ばれる今の暦とは違い、
月の満ち欠けを基準にした暦が使われていました。

そのことから旧暦の8月15日は、毎年が満月となっており、
秋の収穫時期で月が満ちてキレイにに見えるため、
十五夜の行事を行うようになったんです。

月の満ち欠けが基準ではない今の暦では、
毎年決まった日時に満月になることはありません。
そのため、毎年、十五夜が行われる日が違います。

子供には、秋で一番キレイに月が見える日だと伝えてあげたいですね。
それだけで意味は伝わりますよ。

団子・ススキを供える意味と由来!

十五夜には月見団子がつきものですよね。
しかし、地域によって違いがあり、芋や豆をお供えする地域もあります。

収穫物として穀物の象徴ともいえる、
団子がお供え物としてポピュラーとなり、
全国的にも月見団子が印象付けられたのです。

必ずしも十五夜には団子と決まっているわけではなく、
地域によって違いがあることを覚えておきましょう。

あくまで農作物の収穫に感謝する行事というのが、本来の十五夜なのです。

月見団子とともに、十五夜を象徴するのがススキ

もともと米をお供えしていましたが、
米の収穫が十五夜に間に合わないことも多くありました。

そのため、稲穂の代わりとして、
見た目が似ているススキをお供えしていました。

いつしか、代用品として供えられていたススキの方が一般的になったというわけです。

子供には、ススキは稲穂の代わりなのだと伝えてあげたら良いでしょう。
農家でない一般的な家庭で、稲穂を入手することは困難ですからね。

十五夜の意味と由来とは?大人として子供に教えてあげられます? まとめ

十五夜の意味や由来、月見団子とススキの意味と由来は分かりましたか?

毎年十五夜を楽しんでいたとしても、
その意味や由来というのを全く知らなかった、という人も多いでしょう。

ですが、この記事を読んだあなたはもう大丈夫!

胸を張って、子供に十五夜のことを語ってあげましょう。
ご家族・親子のコミュニケーションに、ぜひ当記事のネタを活かしてみて下さい。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ