> 秋の花粉症!原因となる植物と症状は?花粉対策を忘れずに! | トレンド速報ニュース

秋の花粉症!原因となる植物と症状は?花粉対策を忘れずに!

Pocket

花粉症と聞くと、春だけのものと思っていませんか?

実はここ最近、春だけではなく秋にも花粉症はあるんです!
風邪だと思っていた症状が花粉症だった、なんてことも珍しくありません。

そこで今回は、
秋の花粉症の原因となる植物と主な症状について解説していきます。

風邪だと自己判断する前に、読んでみてくださいね。
案外、花粉症だったってことがあるかもしれませんよ。

Sponsored Link

秋に花粉症を引き起こす原因となる植物は?

花粉は春だけでなく、1年を通して飛散しているため、
常に花粉症を引き起こしてしまう可能性があります。

秋の花粉症になる原因の植物は、
”キク科のブタクサ”や”ヨモギ”、”カナムグラ”です。

これらの植物は、河原や公園、空き地や市街地など、
どこにでも生えていて、
8月〜10月くらいまで生息しています。

上記の植物は低地に生えているのが特徴で、
それが秋の花粉症を引き起こす一因にもなっています。

どこにでも生えているので、
それらの花粉にアレルギーを持っていることを知らずに、
ジョギングや散歩、買い物など、
普段外出した時に花粉を吸い込んで、花粉症になってしまうんです。

特に、春の花粉症(スギやヒノキ)を持っている人は、
秋の花粉症にもかかりやすいといわれているので、
春に対策をしているときと同じように、
秋の花粉症にも対策をする必要があります。

Sponsored Link

秋の花粉症の症状と風邪との違いは?

秋の花粉症の症状は春の花粉症と同じで、
”くしゃみ”、”鼻水”、”鼻づまり”、”目のかゆみ”があります。

人によって違いはありますが、
”喉が痛い”、”咳が出る”といった症状が出る場合も。

次に、花粉症と風邪のよくある症状の違いを見ていきましょう。

1.目のかゆみ

風邪の症状で”目のかゆみ”はほとんどありません。
目のかゆみがある場合は、まず花粉症と思って間違いないでしょう。

花粉症の症状として目のかゆみが出るのは、
”目に花粉が付着”するから。

付着してしまった花粉を外に出そうとして、
かゆみや涙が出るなどのアレルギー反応が起きてしまいます。

2.微熱

風邪では、”微熱”や”高熱”が出ますが、
花粉症の場合は発熱が出る、ということはほとんどありません。

3.頭痛

風邪の症状ではよくありますが、
花粉症の場合は、よほどの重症でない限り頭痛はないです。

花粉症で頭痛が起きる原因は、鼻がつまってしまい、
脳に供給される酸素の量が不足してしまうから、といわれています。

解決するためには、鼻の通りをよくすることが必要です。

4.悪寒、嘔吐、下痢

風邪の症状では起きやすいですが、
花粉症の症状では起きることはありません。

このように、花粉症と風邪とは症状に大きな違いがあります。
体調がすぐれない場合は、症状に注目して花粉症か風邪かを判断しましょう。

これでバッチリ!秋の花粉症対策!

秋の花粉症の症状が出る前にしっかりと対策をして、
少しでも症状を抑えるようにしましょう。

1.マスク

マスクを着用することで、吸い込む花粉の量を減らすことができ、
鼻水や鼻づまりなどの症状を抑えることができます。

2.うがい

うがいをすることで、
喉に付着してしまった花粉を洗い流すことができます。

3.洗顔

外から帰ってきたら洗顔をして、
顔に付着した花粉を洗い流すようにしましょう。

4.服をはらう

外出から帰ってきた時や、洗濯物を取り込む時には、
服をよくはらうようにします。

そうすることで、
服に着いた花粉が家の中に侵入することを防ぐことができますよ。

春の花粉症の対策とあまり変わりはないですが、
症状をひどくさせないためにも、これらの対策方法をとってください。

秋の花粉症!原因となる植物と症状は?花粉対策を忘れずに! まとめ

今では珍しくもなくなった秋の花粉症
花粉症は今では、通年のアレルギー症状だといわれています。

人によって花粉症の症状の重さは違いますが、
風邪かな?
と思ったら、早めに病院を受診するようにしてください。

風邪だと思っていら実は花粉症だった!?
と言ったことはよくあります。

風邪と花粉症だと全く治療方法が変わってくるので、
病院で適切な処置を受けてくださいね。

Pocket

[美容・健康・医学, 花粉症, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ