> あくびをすると涙が出る理由は?大量に出る場合は要注意!? | トレンド速報ニュース

あくびをすると涙が出る理由は?大量に出る場合は要注意!?

Pocket

あくびをすると自然に涙が出てきますよね。

どうしてあくびをすると涙が出てくるのか、
疑問に思ったことはありませんか?

そこで今回は、どうしてあくびをすると涙が出てしまうのか、その理由を調べてみました!

また、あくびをしたあとで、涙が出ない人もいれば、
まるで泣いた後のように大量に涙があふれ出てしまう人もいます。

こういう人は要注意!
対処法も含めて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あくびをすると涙が出る理由とは?

それでは、あくびをすると涙が出る理由を解説していきましょう!

まず最初に知っておいてほしいのは、
”目には涙がいつも流れている”
ということ。

涙は目尻にある”涙腺(るいせん)”という場所で常に作られていて、
目についた細菌や目に入ってしまったゴミを洗い流してくれています。

涙が常に作られ流れているおかげで、私たちの目は健康に保たれているんですね。

では、そんな常に流れているはずの涙が、
どうしてあくびをした時に流れ出てくるのでしょうか?

あくびをした時の顔を想像してみてください。

大きく口を開けたり、目を閉じたり、細めたりと、
顔の筋肉をたくさん使っていませんか?

これが、あくびをした時に涙が流れ出てくる理由

あくびをした時に動く顔の筋肉が、
涙が溜まっている涙腺を強く押すので、涙が絞り出されるわけです。

Sponsored Link

あくびをした時に大量の涙が出る人は要注意!

あくびをしただけなのに、泣いた後のように涙が大量にあふれ出る!
という人はいませんか?

そんな人は要注意!

あくびをした時に涙が大量に出てくるのは、
”常に涙が流れ出ていない”
という証拠です。

涙は涙腺で作られていて常に流れ出ているのが普通ですが、
これが上手くできていないということになります。

なので、あくびをした時に顔の筋肉が一気に動かされて、
今まで溜まっていた涙があふれ出てきて、大量の涙になってしまうんですね。

これを放置しておくと、
炎症を起こしてしまう危険性があります。

なので、あくびをするたびに涙の量が多いな…と思っている人は、
早めに眼科を受診するようにしてください。

あくびをしても涙が出ない!目の病気のサイン?

あくびをすると涙が出てくるどころか、
全く涙が出てこない、という人もいます。

この場合も注意が必要!

あくびをしても涙が出ない人は、
”ドライアイ”の可能性が高いです。

ドライアイは、パソコンやスマホを酷使している現代人にとても多いですよね。

ドライアイになる原因は、画面から発せられる”ブルーライト”
最近では、ブルーライトを軽減してくれるメガネや保護シールが増えてきています。

そういったアイテムを使う+電気を消した真っ暗闇の中でスマホを見ないなど、
自己防衛をしっかりしないと、ドライアイを防ぐことは難しいです。

ドライアイの症状としては、
”涙が出ない”、”目の疲れ”、”目に異物感がある”、”目が充血する”
といった、様々な症状があります。

ふだんあくびをしても涙が出ない人は、1度眼科を受診しましょう。
自己判断で放っておくと、さらに症状が悪化してしまいますよ!

あくびをすると涙が出る理由は?大量に出る場合は要注意!? まとめ

あくびをすると涙が出る理由についてまとめてみましたが、
いかがでしたでしたか?

あくびをして涙が普通に出る人はいいですが、
泣いたように大量出る場合や、逆に全く涙が出ないという場合は、
必ず眼科を受診してください。

目は変えの効かない一生ものです。

こうした何気ない違和感を感じて、
すぐに対応できるかどうかで、将来の目の状態が左右されます。

いつまでも健康な目でいられるよう、
あくびをした時に涙の量に注目してみてくださいね。

Pocket

[美容・健康・医学, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ