> 1秒であくびを止める簡単な方法7つ!あくびが出る原因は? | トレンド速報ニュース

1秒であくびを止める簡単な方法7つ!あくびが出る原因は?

Pocket

あくびって、眠たくなってくると自然と出てくるものですよね。

ですが、特に眠くないのに、あくびが出ることってありませんか?

例えば、会議中や授業中

ここであくびが出ると困る…
という時に限って、あくびが出そうになったりします。

そんな時にぜひ試してほしい、
1秒であくびを止める方法を7つ紹介します。

また、あくびが出てしまう原因も解説するので、
予備知識として頭に入れておくといいですよ。

なぜあくびって出てしまうの?

そもそも、どうしてあくびって出てしまうんでしょうか?

あくびが出ると「寝不足かな…」と思いがちですが、
実は寝不足だけが理由ではないんです!

まずは、あくびが出てしまう原因を解説していきましょう。
原因を知れば、あくびを止める方法も分かってきますよ。

1.眠気や退屈を感じている

「眠たいな…」、「退屈だな…」
と感じている時にあくびは出ます。

眠い・退屈だと感じている時は、脳は働きを低下させてしまっているので、
脳の働きを正常な状態に戻そうとして、あくびが出てしまうんです。

2.緊張している

退屈に感じているときとは真逆の緊張状態でも、あくびは出てしまいます。

緊張していると呼吸が浅くなってしまうので、
酸素をしっかり吸おうとしてあくびが出てしまいます。

3.脳が疲れてしまっている

仕事や勉強で脳をたくさん使ったとき、脳も疲れてしまいます。
鈍ってしまった脳の働きを活性化させるために、あくびが出ます。

4.他人のあくびがうつってしまった

あくびをしている人を見て、あくびがうつってしまった
という経験はありませんか?

この現象は、あくびをした相手が家族や友人、恋人など、
親しい間柄ほど、あくびがうつりやすい、といわれています。

以上が、あくびが出てしまう主な原因です。

眠気を感じた時だけあくびが出るものだと思っていましたが、
原因はそれだけではないんですね。

Sponsored Link

1秒であくびを止める7つの方法を紹介!

あくびが出たら困る!
そんな時にぜひ試してほしい、
1秒で簡単にあくびを止める方法を7つ紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

1.上唇を舐める

舌で上唇をペロ〜っと舐めます。

あくびを止める方法としてはとても効果的ですが、
相手と向かい合っているときは変な目で見られてしまうので、
時と場合を選んでくださいね!

2.深呼吸

あくび脳が酸素を欲しがっているサインです。

あくびが出そうになる前に、思いっきり深呼吸をして、
たっぷり新鮮な空気を吸い込みましょう。
脳に酸素を送り込むことで、あくびはピタリと止まってくれます。

3.口をすぼめて息を吸い込む

この方法は、あくびが出てしまった時に行っても効果があります。
あくびが思わず出てしまったときは、ぜひ試してください!

4.飲み物を飲む

あくびを止めたい時は、炭酸飲料や、
カフェインが含まれているコーヒーを飲むことで抑えることができます。

5.体の1部分をつねる

つねる部分はどこでもOK。

人に見えないように手の甲をつねったり、机がある場合は太ももをつねってみたり、
場面に合わせてつねる場所を変えてみてください。

あくびは脳を活性化させるために起きるもの。

なので、あくびが出てしまう前に自分で刺激を与えて、
脳を活性化させてしまえばいい!
というやり方ですね。

6.力を込めて抑える

どうしても動くことができない場合は、力を込めて抑えてみましょう。
この方法は息を止めることになるので、長時間するのは禁物ですよ!

7.アゴをつまむ

歯を押すようにして、唇の両端の下あたりの皮膚をつまみます。
無意識に動こうとする顔の動きを止める効果があるので、
あくびを抑えることができます。

以上が、1秒で簡単にあくびを止める7つの方法です。
あくびを止めたいときはぜひ、試してみてくださいね!

1秒であくびを止める簡単な方法7つ!あくびが出る原因は? まとめ

あくびが出てしまう原因は様々あります。

人間の生理現象の1つなので、
無理にあくびを我慢する必要はありません。

ですが、どうしてもここであくびが出るとマズイ!
という場面に出くわすことはあります。

そんな時は、ぜひ、
1秒で簡単にあくびを止める7つの方法のどれかを試してみてください。

きっとあなたの窮地を救ってくれるますよ!

Pocket

[美容・健康・医学, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ