> 尿管結石で痛む場所はどこ?尿管結石ができる原因と予防方法! | トレンド速報ニュース

尿管結石で痛む場所はどこ?尿管結石ができる原因と予防方法!

Pocket

尿管結石の痛みといえば、三大激痛の1つといわれるほどの、
想像を絶する痛みが襲ってきます。

三大激痛とは、心筋梗塞、群発頭痛、尿管結石の痛みのこと。

我慢できない痛みで、

「七転八倒する痛み」
「もがき苦しみながら意識が飛びそうになる」

と、実際に尿管結石を経験した人は痛みをこのように例えるんです。

では、尿管結石とはどのような病気なんでしょうか?
尿管結石を発症すると痛みが出る場所をどこでしょうか?

尿管結石を知ってしっかりと予防しましょう!
また、痛みが出る場所がわかれば、早い段階で尿管結石の兆候を知ることができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

尿管結石ってどんな病気?

まず、尿管結石とはどんな病気なんでしょうか?

結石とは、腎臓などにできる、
シュウ酸カルシウムや、リン酸カルシウムなどの固まりのことをさします。

この結石が腎臓から尿管、膀胱、尿路にできることで、
”尿管結石”といわれる病気になります。

実は結石が腎臓にある間は、ほとんど痛みがありません
結石が腎臓から狭い尿道に移動するときに神経を刺激してしまい、激痛が起きてしまうんです。

この痛みが前述したような、想像を絶する痛みになるんですね。

Sponsored Link

尿管結石で痛む場所はどこ?

実際に尿管結石を患うと、どこがどのように痛むんでしょうか?

尿管結石には、”上部尿路結石”と、
膀胱や尿道に結石ができる”下部尿路結石”があります。

実は、この上部と下部では、少しだけ痛みの出方が違います。

腎臓や尿管に結石ができている状態の上部尿路結石は、結石が腎臓にあるため、
あまり痛みを感じません

また同じ腎臓の腎盂(じんう)に結石がある場合も、
そんなに痛みはひどくなく、健康診断の時に見つかってビックリする程度です。

ですが、結石が腎臓から尿管に移動した途端、
信じられな程の激痛が襲ってきます!
さらに血尿まで出てくる場合も…

痛む場所は、右上のお腹を中心として背中に広がっていきます。

尿管結石の多くは、尿管→膀胱→尿道を経て体外に排出されるため、
結石が排出されるまでの期間、激痛に耐えることになります。

ここで注意してほしいのが、自己判断は禁物だ!ということ。
痛む場所が前述した場所であったとしても、別の病気の可能性もあります。

自己判断はせずに専門医を受診し、医師の判断を仰ぐようにしてください。
その方が適切な処置が施されますし、なにより安心できますよね。

尿管結石は生活習慣の改善で予防できる!

体の中に石ができて、我慢できない激痛に襲われる尿管結石は、
できることなら経験したくないですよね。

そんな尿管結石にならないよう、
しっかりと予防する方法を知っておきましょう。

尿管結石は生活習慣を改善することで、簡単に予防できます。
これを機会に、自分の生活習慣を見直してみましょう。

1.食事の改善

尿管結石の原因となるシュウ酸などを、体内で増やしてしまわないよう、
肉類などの動物性タンパク質の量を控えるようにしましょう。
合わせて野菜類を多く摂るようにするといいですね。

また、カルシウムの摂取も大切です。

カルシウムといえば、牛乳や乳製品に多く含まれているイメージが強いですが、
大豆などの豆類や緑黄色野菜にも多く含まれています。

牛乳が苦手だったりアレルギーを持っている人は、
豆類や緑黄色野菜を積極的に摂取するといいですよ。

ですが、注意してほしい点があります。
それは緑黄色野菜でも、”ほうれん草”にはシュウ酸が多く含まれているということ。

尿管結石の予防のためにも、食べ過ぎないようにしてくださいね。

2.水分補給

尿管結石の予防には水分補給も大事です。

体が水分不足になってしまうと、
尿の濃度が高まり結石ができやすくなってしまいます。

できたばかりの小さな結石がであれば、尿と一緒に排泄されることが多いので、
意識的に水分を多く摂るようにしましょう。

紅茶やコーヒーにはシュウ酸が多く含まれているため、
あまり飲みすぎないようにしてください。

尿管結石の予防におすすめの飲み物は、麦茶とほうじ茶です。
飲みすぎて体に良くないといったことはないので、積極的に摂取しましょう。

3.適度な運動

食生活の改善と水分補給に合わせて一緒に行いたいのが、適度な運動です。

運動の中でもおすすめしたいのがジョギング、縄飛び、ウォーキング
体を上下に動かす運動が、尿管結石の予防にとても効果的だといわれています。

エスカレーターを利用せず、階段を使うだけでも十分な上下運動になります。
手軽にできるので、試してみてください。

このように、ちょっとした日ごろの生活習慣を見直すだけで、
恐ろしい尿管結石を予防することができます。

尿管結石の激痛に襲われないためにも、今日からすぐに実践しましょう!

尿管結石で痛む場所はどこ?尿管結石ができる原因と予防方法! まとめ

尿管結石といえば、
以前は中年の男性が患うもの、という印象が強かったですが、
現在は女性も患ったり、低年齢化しているといわれています。

私はまだまだ大丈夫!
結石なんか関係ない!
と思わず、まずは生活習慣を見直して、尿管結石の予防から始めてみませんか?

もし、想像を絶するような痛みが、
下腹部や背中にかけて発生した場合は、すぐに病院を受診してくださいね!

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ